ハイキン
  痺れちゃう…

e0082981_23122715.jpg

e0082981_23125195.jpg

e0082981_2313276.jpg

e0082981_23131128.jpg

e0082981_2313216.jpg

e0082981_23133180.jpg

e0082981_23134265.jpg
                             〔 K20D ・ DA21mmF3.2AL Ltd. / DA70mmF2.4Ltd. 〕

毎年技能五輪「全国大会」では優勝を争う、日本でもトップの実力を持つ越後の若き匠たち… 最近こういう技を発揮できる仕事の現場は少ない(涙)

昨年、日本で開催された技能五輪「世界大会」での建築大工の金メダルは韓国代表選手(日本代表は銀メダル)。今年カナダで行なわれる同大会へは日本代表として越後十日町の女子大工(!)がエントリー!!   「がんばれニッポン!」
[PR]
by ara_umi | 2009-04-07 23:30 | 小さな旅 | Comments(12)
Commented by sa55t at 2009-04-08 00:47
昔はうちを作るとき、柱などを全て作って現場に持ってきて組み立てていましたね。
釘打ち機なんて無かったし、口に釘を含んで丁寧に作ってもらいました。
その棟梁も今は工務店の社長。彼にもう一度我が家を作ってもらいたいものです。
もうこういう技能者は少ないのでしょうね。アメリカ式大工ばかりなような気がします。
Commented by ara_umi at 2009-04-08 08:00
sa55t さん、おはようございます。

もはや↑で競っているような技(聖徳太子が伝来した技と云われています)は、
銀塩写真やメカニカルカメラと同類語になってしまいました(涙)
仕立てのよいスーツに袖を通す感覚みたいなものは、世間のプライオリティ
では下位に位置するようです(涙々)
Commented by imai at 2009-04-08 09:13 x
ブログを開いたら、ウン?オッ!ウーン!ほんと、どの写真にも痺れちゃいました。目の付けどころが違いますね。この手の写真、ara_umiさんのように○○的知識がないと撮れませんもんね。

Commented by ichi-some at 2009-04-08 09:26
お客さんで大工さんが2人いました。
ひとりは、息子さんには継がせず公務員に。
もうひとりは、当然のように後を継いでます。
それぞれですね。

それにしても、道具にお金が掛かるらしいですね。
Commented by anise at 2009-04-08 21:19 x
向こう側が透けて見えるほど薄い削りかす(特に2枚目とか)。痺れます。
・・・なんて私が書いたら、ara_umiさんの目が点になってしまうかもしれませんが(笑)、
実は実は、数年前に、法隆寺の棟梁だった故・西岡常一さんの本を読んでから、
宮大工が憧れの仕事のひとつ、なのでした(実際にはなれませんが・・・(涙))。
ていねいな仕事を残していくためにも、その力を発揮できる場所が増えたり、
目先のことばかりではない丁寧な仕事を沢山の人に理解してもらいたいです。

Commented by ara_umi at 2009-04-08 23:42
imai さん、こんばんは。

imaiさん、ハイキンと聞いてワタシと違う意味を想像しましたね(笑)
今回この競技会は地区予選から追いかけていて、当所記録写真程度に考えて
いたのですが、このハイキンを見ていたら「ムラムラッ!?」ときたのですよ(笑)

こんな時代に若い匠たちが頑張っているのは嬉しいものです …あとは仕事か…
Commented by ara_umi at 2009-04-08 23:49
ichi-some さん、こんばんは。

彼等の道具の世界もここ数年で激変していまして、最新のデジイチとクラシッ
クカメラくらいの差があります。そして双方ともそれなりにいい値段がすることは
カメラと一緒です(笑)
最近の彼等の(一般的な)現場ではここに写っている道具を使うことはほとんど
ありませんので彼等はどちらの道具も持っていなければならず、なお大変です。

なんか、最近の自分の事を書いている気に…(笑)
Commented by あわ at 2009-04-08 23:50 x
仕事で鍛えられた背筋と磨いた腕を思う存分活かせる仕事が何より必要ですね。
今のご時世では何よりも難しいことのよう思えますが・・・。
Commented by ara_umi at 2009-04-08 23:54
anise さん、こんばんは。

鉋(かんな)削りの世界も、おマニア様の世界で「削ろう会」なる全国組織(?)が
存在し、マイクロメーターなど持ち出していかに薄く“立派な”鉋屑を作るかを競
ったりしています。
ここにもゼラチンシルバープリントをいかに極めるかという連中と同類のアブな
世界があるのです(笑)
Commented by ara_umi at 2009-04-09 00:00
あわ さん、こんばんは。

職人は体躯もそうですが、何よりも手指にそれらしさが表れてまたフォトジェニ
ックなのです!
Commented by jutora at 2009-04-09 01:11 x
働いてる姿、真剣に取り組んでる姿はかっこいいですよね。
特にものづくりはいいなぁ。
子どもの頃、近所の大工さんちの木の香りや姿を思い出しました。
Commented by ara_umi at 2009-04-09 07:58
jutora さん、おはようございます。

どんな仕事でも一所懸命になっている姿にかなうものはありません。それが、
男子憧れの(現実はともかくとして…)大工さんとなれば…

ワタシ的には、彼等の先輩(親方)たちは腕は最高でも普段の身なりがイマイチ
ではないかと… 正統派(?)大工ファッションにも、もう少しこだわりがあれば、
この子達も女子にモテるのしれないのに…と思ったりして(笑)
<< 2009 SAKURA 日記 ... 開幕サクラ劇場2009 …戦術失敗! >>