バオバブの夢

      バオバブの木は云った 「一度でいいから湿潤な土地に根をはやし、思う存分水分を汲み揚げてみたい…」


e0082981_23325769.jpg

e0082981_23335829.jpg

e0082981_2334945.jpg

e0082981_23342036.jpg

e0082981_23343082.jpg

e0082981_23343899.jpg

e0082981_23344890.jpg
                           〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s / U28 // E50 〕

数年後、アフリカから遥か離れた東の果ての島国の硝子のドオムの中で願いは叶った。 しかし、誰も彼のことをバオバブとは思はなかった。


(7枚目) 名札がなければ誰もバオバブとは思わない新潟県立植物園のスマートな(?)バオバブ。 このときは気付かなかったけれど、よく見ると黄色い果実みたいなものがぶら下がっているように見える …今年も花が咲いたのか???
[PR]
by ara_umi | 2009-10-01 23:53 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by jutora at 2009-10-02 01:30 x
バオバブの木って実在するもんなんですね。
変な名前だし、てっきり物語の中の木だと思っていたら・・・
私が無知でした。
Commented by ara_umi at 2009-10-02 08:10
jutora さん、おはようございます。

アフリカの平原にお銚子が並んだように立つバオバブの並木も死ぬまでに見て
みたい物のひとつです。
とりあえず、近所の植物園での開花も… 開花時にはメロンの香りがひろがる
のだそうです。
<< 笑う時間 忘却 Ⅱ  頚椎ヘルニア(其の... >>