空中散歩 II
空中散歩2日目は、快晴だった前日の新穂高ロープウェイから、曇天の乗鞍スカイラインを疾り標高2,702mの畳平へ。 景色的には雲空は寂しいものがあったが、この日(前夜)もし晴れていたらたぶんここには登ってはこれなかったはず。 実際好天だった前日は(たぶん放射冷却による夜露の)路面凍結により通行止め、添乗員も「明日もどうなるか判らない」と云っていた。

畳平といえば、先日熊が出て観光客に襲い掛かる事件があったが、この日は現れず… 熊汁にはありつけなかった(笑) 今回の旅行は標高の高いところばかり巡る旅ということで、カシオ・プロトレックの普段は使ったことのない機能=高度計の基準高度を合わせる。前日、北陸道米山SAで海面を見下ろしながら、だいたい海抜20m位だろうとセットしたが、畳平に着いたら2,650mを表示していた。 ま、この程度か… そこで更に高度計を2,705mにセットし直して、360度の眺望が得られるという標高2,764mの魔王岳を目指す。

e0082981_21405926.jpg

e0082981_21413821.jpg

e0082981_21414924.jpg

プロトレックの高度グラフは10分で80m登ったと表示しているが、実際に登った標高差は62m。気温も27℃台を表示しているが腕に巻いていたために体温を拾っている、実際は氷点下。
e0082981_2142021.jpg

e0082981_21421174.jpg

e0082981_21422410.jpg

e0082981_21423875.jpg
                         〔 K20D / DA 70mmF2.4 Ltd. ・ GR DIGITAL II 〕







乗鞍スカイラインは標高1,684mの平湯峠から標高2,702mの畳平まで全長14.4km標高差1,018mの山岳道路(平均勾配7%)。 朝、自分たちの乗ったバスは畳平を目指す途中で、ひたすら坂道を登る自転車の青年を追い越す!このときもエラク感心したが、1時間ほどして下りの行程で再び彼とすれ違う!!(このとき高度計で標高を確認したら2,650mを差していた) 


e0082981_21441620.jpg

e0082981_21443477.jpg

                           「アンタはエライっ!」
[PR]
by ara_umi | 2009-10-27 22:43 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by nontan91 at 2009-10-28 13:07
よくこんな寒いところに行きましたね(笑)
山岳写真家に変身ですね^^
それにしてもプロトレックを持ってるところがすごいです(笑)
霜柱まであるんですね~さすが高地。
来月の「講」楽しみにしてます^^
Commented by ara_umi at 2009-10-28 23:14
nontan91 さん、こんばんは。

寒いところに行ったと云うより、連れて行かれただけなんですけど… 気分だけ
は白川義員ですね(笑)
気温も、気圧も、高度もいい加減なことが発覚したプロトレックは、アマトレック
に降格です(笑々)
講の準備も遅々と始めました(笑)体調管理は万全に!
<< 高原散歩 空中散歩 I >>