それは楷書で文字を書くが如く
いまさらですが、 GXR いいです(笑)

当所、GX100の後継機としてGX300のつもりでGXR+S10(24-72mmカメラユニット)を入手したのですが、webのBBS上での評判が悪く、元来の天邪鬼の性格がムクムクと湧き上がり(?)A12(50mmマクロカメラユニット)も速攻で判官贔屓買いをしてしまったのです(笑)

A12に対する誹謗中傷(?)の一番の対象であるAFの遅さ、合焦のしにくさはカメラ店の展示機を試写したときと、実際に撮りたいターゲットをまえにしたときではずいぶん印象は違い「だめだ、こりゃ!」とか「イライラするっ!」というような感情はあまりおきません …風で動く花などをマクロモードのAFでロックオンしようとすることは無謀です… さすがにナイトクラブなどの照度の足りないところでもAFは迷子になりますが、(A12を手に入れて知ってしまった)撮りあがる美しい画像がどうしても観たいという欲望が勝ってしまうので(?)なんとかしてピントを合わせようと工夫をしてしまいます(笑)

あ、違いましたね、一番の不満はボディ(GXR)とカメラユニット(A12 / S10)がなぜスライド式の交換カメラシステム(?)にならなくてはならないのか!? ということと、そのことに伴う価格の上昇でしたね。 ワタシもこの新しいカメラシステムがどのように発展してゆくかは希望(次はAPS-Cサイズの素子で28mmカメラユニットを是非!)はあっても、予測はできません。 人は自分の想像できないことには心のどこかで恐怖心を覚えるとも云いますから、そんな思いが一部でバクハツしているのかもしれません。 そして、BBSの住人のみなさんの中に(条件が伴わなくても)とにかく比較をすることや、シロクロをつけることが何よりも大好き、という方がいらっしゃることもネガティブな話題が多い原因なのかもしれません。

そう云う意味では、誰にでも薦められるカメラではないと思いますが、カメラを操っているという気分や、手にしたときのマグネシウムボディの剛性感、GXシリーズより大きくなったボディが握りやすい形状のグリップと相まって手に馴染むということからは、コンパクトカメラとしてのプレミアム感も感じられます。

そうです、GXRはコンパクトカメラです!『価格.com』などでは(ミラーレス)一眼レフカメラの枠にカテゴライズされていますが、ワタシはコンパクトカメラだと思っています。 BBSではこの価格でこの程度の画ならエントリークラスのデジイチで充分というご意見も散見されますが、そう思う方はそれを手に入れればよろしいのです。 ワタシはコンパクトカメラが使いたいので、いまはGXRを使います。 A12で撮りたい被写体を探したくなるのです (S10についてはまたいつか…)


e0082981_22272731.jpg

e0082981_22275381.jpg

e0082981_2228145.jpg

e0082981_22281358.jpg

e0082981_22282284.jpg

e0082981_22283180.jpg

e0082981_22284161.jpg

e0082981_22285066.jpg

e0082981_2229295.jpg
                                    〔 GXR | A12 〕

2008年の年末はGR DIIで味わった、M杉温泉の年越のご馳走も2009年の年末はGXR | A12で味わう。
この時期、未だ上手く使いこなせていなくであらぬところにピントが行っていることもミソ!?
[PR]
by ara_umi | 2010-01-26 23:45 | ちょっとカメラの話 | Comments(4)
Commented by k7003 at 2010-01-27 08:45
ここにお書きになっている一言一句、我が意を得たりの感です。☆彡
本気でボクもA12に逝きます。(*^^)v
Commented at 2010-01-27 10:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ara_umi at 2010-01-27 21:49
k7003 さん、こんばんは。

いつになく語ってしまいましたが、教授の同意を得て勇気百倍です(笑)
A12は素晴らしいです! 教授のA12とても楽しみです。
Commented by ara_umi at 2010-01-27 21:50
鍵コメさん、こんばんは。

素晴しいです!ありがとうございます!
<< N潟百名山 仁義 >>