埋まる春
ara_umi株式会社は土建屋ではないが、社名がそれを連想させるのか、毎日(外国に売るための)重機を売ってくれという電話がかかってくる。 毎回違う業者からかかってくる電話(だいたいハスキーなガラガラ声のオバチャン)の無神経さに腹を立てる日々…

一度くらい 「 ばっきゃろ~!! おめーに売るキカイなんてねーよってんだ!! おととい来やがれ!! 」 ガチャン! と電話を切ってみたいものだが、品格が邪魔をしてそれもできず…(笑)

という話ではなくて、ここ数年N潟市では小雪傾向が加速し、除雪車が街を走る姿はめったに見ることはなくなっていたが、加えて建設不況で土木工事も激減し、除雪に使える土建屋の重機類もバイヤーのオバチャンたちの電話で海の向こうへ売り飛ばされて行ったのかなぁ… と想像する、 この冬2度目のドカ雪の立春。

e0082981_22462311.jpg

e0082981_22465052.jpg

e0082981_2247067.jpg

e0082981_224794.jpg

e0082981_22472013.jpg

e0082981_22473761.jpg

e0082981_22474613.jpg
                                       〔 GXR 〕
[PR]
by ara_umi | 2010-02-04 23:33 | 小さな旅 | Comments(10)
Commented by marikichi10 at 2010-02-05 23:56 x
さっきYoshiさんの所で愚痴ってきましたが、
今朝の通勤時間は3時間、思いっきり遅刻でした・・・
しかし新潟市の除雪はいただけませんね。
魚沼地域では、舐めるようにきれいに除雪してました。
Commented by ara_umi at 2010-02-06 08:44
marikichi10 さん、おはようございます。

お気持ち、察しいたします。 ただ、26年ぶりの大雪ですからねぇ~
文明社会人の悪いところは、普段は自然との共生とか云いながら、自分たちの
快適な暮らしは一歩も譲れないというゴーマンかましちゃうところもあるかと…

「ワ~イ大雪だ」とか云いながら酒を呑んだりするのは… あ、オレだけか(笑)
Commented by qjo-s-koshi at 2010-02-06 13:30
余寒お見舞い申し上げます。
勤め先にもかかってきますよ・・・
私もいっぺんでいいから赤文字を叫んでみたいもんですわ・・・(^^;;
今日は現場のみなさん人力歩道除雪に出動しているはず・・・・
我が家は町内のゴミ当番なので、ゴミステーションを掘り出して・・・
こんな日でもゴミ収集に来てくれるし、新聞も届くし、ありがたいことです。
さてさて今夜の酒が切れそうな・・・
Commented at 2010-02-06 21:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ara_umi at 2010-02-07 23:16
たまら さん、こんばんは(亀レス御免)

大雪も峠を越えた模様ですが、道路や家の周りに大量に残された雪との格闘は
しばらく続きそうな予感ですね… 「 解けて流れりゃ皆同ァじ~♪ 」なのにね(笑)
Commented by ara_umi at 2010-02-07 23:17
鍵コメさん、こんばんは。

よろしくお願いします(笑)
Commented by jutora at 2010-02-08 00:35 x
土曜日から同窓会、終電間に合わず泊り、日曜そのまま都内で会議、懇親会で家にやっと戻ってきたところで、
新潟の雪で車が立ち往生のニュースを知りました。
会議では新潟市内から来た人もいたのですが、久々の大雪で大変だと言ってました。

小雪傾向がずっと続いていると、大雪に対する備えがおろそかになるんでしょうけど、
何十年ぶりの大雪に備えておくことは、無駄だと指摘されてしまいそうですから、
難しいとこですよね。
Commented by ara_umi at 2010-02-08 08:15
jutora さん、おはようございます。

どうやら今日からいい天気になりそうで、ほっとしています。
それでも、ここまでの大雪は本当に久しぶりですから、後遺症というか、雪が融け
切るまでにさまざまな事件(?)がおきそうな予感。
Commented by sakaituu at 2010-02-09 02:02
「いたるところの青山あり」の雪景色ですね!
Commented by ara_umi at 2010-02-09 08:10
sakaituu さん、再びおはようございます。

ムカシは日常だった景色も、平成の世では非日常になってしまいましたね。
街の風景も新鮮に観えますが、人間模様もまた違う側面が観れます(笑)
<< 融ける冬 泣いた青鬼 >>