スマイル
大和新潟店ポロショップ・ジャズライブの3時からのラストステージ(8年続いた年数本のライブの本当のラストステージだった)のさわりを聴いて、4時過ぎには新潟市のはずれの町でお客と打合せ。そのあと、この鄙びた町を少し散歩。 「お茶でも飲んでいかんかね…」 細い路地で出逢った見知らぬ小父さんに声をかけられる。 まあ、それもおもしろい… と一間間口の店舗(?)らしき土間に上がる。

山菜の漬物などを出していただきながら、お茶をいただく。 どうやら菓子舗らしい…商品はたった一品!
小須戸銘菓 『おかめ』 玄米と砂糖と水飴だけで作った粉菓子。 香ばしく、オーガニックな味。

e0082981_22431667.jpg

e0082981_22423958.jpg

e0082981_22425140.jpg

e0082981_2243573.jpg

e0082981_22421478.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-06-13 23:12 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by yoshipass at 2010-06-13 23:30
ほほ~・・・凄い店かあるんですねぇ。
「鯉」は型なのですか。
お祝い事に発注を受けたときにでも使うのでしょうか。
Commented by ara_umi at 2010-06-14 07:52
yoshipass さん、おはようございます。

凄いかどうかは判かりませんが、昔ながらの製法を細々と守っています。
この町特有のお菓子なのだそうですが、今では2件しか造っていないそうです。
「鯉」の型は粉菓子にも餡の入った練り菓子(?)にも使うのだそうです。
<< バラは遅かった リベンジ GR10 >>