頚椎ヘルニア(其の壱拾九) かんち
1年ぶりにヘルニアネタ。 痛みなどで肩が上がらなくなり、整形外科で頚椎椎間板ヘルニアの診断をうけたのが平成17年7月20日なのでちょうど5年たった。 昨年のエントリも症状が出ていないという内容が書かれているが、更にこの1年間は症状の悪化もなく平穏な生活が送れた… と云うよりここ数ヶ月は、職場から歩いて30秒の脳神経外科でのリハビリテーションに通うことも無くなった。

ワタシのような老年性(?)椎間板ヘルニアの場合は、椎間板が若い頃のように柔軟性を取り戻したりすることは無いとは思うが、医院での治療、リハビリ、その他の民間療法(サプリメントや整体)ととりあえず縁が切れたことはまことにメデタイ! 
ただし、気を許すとすぐに姿勢が悪くなるのでそのことだけは気に留めていたい。

e0082981_23254296.jpg

e0082981_23261261.jpg

e0082981_23264074.jpg

e0082981_23265652.jpg

e0082981_23271598.jpg

e0082981_23272981.jpg

e0082981_232746100.jpg
〔 GRX | S10 ・ K20D | DA 35mm F2.8 MACRO Ltd. 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-07-20 23:46 | 頚椎ヘルニア | Comments(2)
Commented by sa55z at 2010-07-22 22:15
何という貴重な現場でしょう。
どこですか?
そしてこの柱の継ぎ足し。
壁の下張り!!
Commented by ara_umi at 2010-07-22 23:58
sa55z さん、こんばんは。

ここは越後関川村の豪商の家、渡邉邸です。 昔、松たか子主演の『蔵』という
ドラマのロケがありました。
決して工事中の業者向け見学会などではなく、このまま通常通りの入館料を
とって一般向けの見学の対象なのです(笑)

柱の継ぎ足しは「根継ぎ」という方法で修繕しているのですが、あえて違う継手
のオンパレードというところも〔100年後の大工(いるのか?)に平成の技を見せ
るという意味でも(?)〕壺なのです(笑々)
<< どかん 君の行く道は >>