そのときシコースキーは1秒間に3回腕を廻した
福岡ソフトバンクホークスの杉内俊哉投手のロジンパウダーの軌跡もカッコイイ投球の瞬間は、PENTAX K20Dの誇る 約21コマ/秒の高速連続撮影の内の4コマ = 時間にして0.2秒ほど。

一方、埼玉西部ライオンズのブライアン・シコースキー投手がウォーミングアップの前に披露する腕をグルグル廻すお約束のパフォーマンスは、K20Dの本当の(?)連写能力 約3コマ/秒と完全にシンクロ! 3回転/秒だったことが判明(笑)

…いや、もしかすると6回転/秒だったのかも???

e0082981_21442433.jpg

e0082981_21445179.jpg

e0082981_2145292.jpg

e0082981_21451178.jpg

e0082981_21452159.jpg

e0082981_21453140.jpg

e0082981_21454072.jpg
〔 K20D | DA 55-300mm F4-5.8 ED 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-07-27 22:08 | 小さな旅 | Comments(0)
<< CROP 全員星がやってきた! >>