誰もいないSEA
台風も去り、すこし秋の気配。 いつもなら7月の終わりには気の早いススキが穂を出すのだけれど、今年はほぼ1ヶ月遅かった。 いまだにノウゼンガズラや百日紅が主役の座を譲らずにいる。

もう、真夏の海に(泳ぎに)出なくなって何年たつのだろう… ここ1~2年は真冬の海も遠慮しているが(笑) …日の短くなるこれからが、いちばん海に居る時間が長い季節(たぶん)。

e0082981_081196.jpg

e0082981_084064.jpg

e0082981_085125.jpg

e0082981_09322.jpg

e0082981_091456.jpg

e0082981_092574.jpg

e0082981_094115.jpg
〔 GR DIGITAL II 〕

[PR]
by ara_umi | 2010-09-09 23:32 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by sa55z at 2010-09-10 06:01
一瞬どなたの写真かと思いました。
もうそちらは寒い海に向かっているのでしょうね。
これから荒れてくるのでしょうか、日本海本来の・・・・。
Commented by ara_umi at 2010-09-10 07:52
sa55z さん、おはようございます。

ムカシは海の画率は高かったのですが、最近ご無沙汰でした…
えぇ、絶えず刺激を受けている影響は出ますね(笑)

N潟もまだまだ夏の気分が充分に残っています。
今年は春が無くていきなり夏になったのですが、
きっと秋も無くていきなり冬になる予感。
<< ひろくんへのおねがい 雨のホッケンハイム >>