のっぺ
NHK朝の連続テレビ小説『てっぱん』が面白い。 前作『ゲゲゲの女房』も愉しまさせてもらったが、『ゲゲゲ…』は実在の有名人のサクセスストーリーという結果がわかっていたものだったのに対し、『てっぱん』は現代風浪花節ドラマでストーリー展開は良く考えるとムリがありありでも、役者もがんばっているしドラマも造りこまれている。

番組の裏テーマ(?)“食”に関するこだわりも相当なもので、見るたびに同じものが食べたくなる(笑) ともさかりえ扮する冬美の故郷新潟の郷土料理“のっぺ”を大阪のオバチャン初音(富司純子)が上手に作ったのにはビックリ(笑)

e0082981_2129938.jpg

e0082981_21294211.jpg

e0082981_21295166.jpg

e0082981_2130335.jpg

e0082981_2130162.jpg

e0082981_21305236.jpg

e0082981_2131128.jpg
〔 GXR | A12 GR LENS 50mm F2.5 MACRO 〕


それにしてもここ数日のニュースでいまの日本の置かれている状態を思いながら、いよいよ佳境に入った『龍馬伝』や、年末からの第二部に向けて再放送の始まった『坂の上の雲』を観るたびに、民主党や自民党の先生方(や、オレ自身)と比べてしまう悲しさよ… トホホィ(泣)
[PR]
by ara_umi | 2010-11-14 23:32 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by sa55z at 2010-11-16 02:35
荒海食堂はいつも溜息が出るほど美しいですね。
Commented by ara_umi at 2010-11-16 07:51
sa55z さん、おはようございます。

ありがとうございます。 
↑ は老舗で以前行ったときの印象はいまひとつだったように記憶していますが、
その感覚は間違いでした。奇をてらわない正統派のN潟料理店でした。

実はワタシもいつかはsaさんのようにラーメンで勝負してみたいと思っているのですよ(笑)
<< 違和感 振り回される日々 >>