SINPI
旅行などでお寺や神社へ立寄るときには、たいていお札をいただくことは欠かさないが(ara_umi家の神棚は八百万の神々のお札で溢れかえっている(笑))、おみくじというものはここ数年引いた事はなかった。

正月のお寺詣でのときにその佇まいが気になってつい引いてしまった高嶋易教団の開運おみくじ(?)
誕生日ごとにお札がおいてあり、そこにはありがたい御神託が(笑) 性格判断と一般的な(?)おみくじの二部構成。

まずは性格判断から… 「貴方の性格は任侠の気質があって人の世話面倒を見るが、大抵其度毎に損害を蒙る事が多いが一面其為に幸運をつかむ事もある。… 」 どっちなのかさっぱり判断がつかない。

おみくじ編もだいたい同じような、損して徳取れ…みたいな教えが最初に書いてあり、いよいよ各論へ。

  《希望》 骨が折れますが始に樹てた目的通りに進みなさい。
        貴方の真面目な努力は十二分に好結果を生みます(!)  …幸先良し
  《結婚》
  《病気》
 
        …ときて

  《金銭》 お気の毒ですが出来兼ねるでしょう。   …ですと! ギャフン

e0082981_22374974.jpg

e0082981_22381356.jpg

e0082981_22382476.jpg

e0082981_22383410.jpg

e0082981_22384513.jpg
〔 GXR | A12 28mm & 50mm 〕

ま、正月早々笑いをありがとう …と云うところでしょうか(笑)

[PR]
by ara_umi | 2011-01-18 22:39 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by sa55z at 2011-01-19 08:24
おみくじも占いも若い人のものだなと、つくづく思う今日この頃。
Commented by ara_umi at 2011-01-20 00:03
sa55z さん、こんばんは。

好きな人っていますよね。
いい大人になってもアヤしげな(?)霊能師のもとを訪ねたり…

「あなたのココロのすきま埋めます」ってやつでしょうか(笑)
<< N潟百名山 II ハジマリはいつも雪 >>