傘の華もまたいいね
Aサヒカメラ7月号は恒例のNUDE。
このところカメラ雑誌の類いは買わないのだけれど(特にAサヒカメラ)、ハナブサ・リュウが口絵を飾るときは大抵買ってしまう。
しかも今月号はピント合わせの特集ときた!
ここ一番のピント合わせに苦労の毎日(そんなに毎日写真は撮っていないが...)なので、藁にも縋る思いで購入(笑)

解ったような解らないような解説文を読み、結局はピントが合わない100の理由が書かれていただけのような...
ま、練習あるのみか...

ara_umiは乱視で老眼なので普段は累進(遠近両用ですね)のメガネをかけていますが、最近R-D1sのファインダーの二重像がえらく見難い。以前から累進鏡のときは二重像がずれているように見えて、老眼(専門)鏡のときはしっかりと一致して見えることは判っていたが、ガラス越しに遠距離を見ているものだと思っていたレンジファインダーのファインダーも実は(極近の)ガラス面を見ていたということなのか。

仕方がないので、日曜日は老眼鏡まで持ち出して街へ出る。
ピントを合わせるのは快適になっても、今度は遠くがぼやけて(美人さんの確認ができずに)えらく不自由(><)

e0082981_22244818.jpg

e0082981_22341193.jpg

e0082981_22255317.jpg

e0082981_2226824.jpg

e0082981_22262611.jpg

e0082981_2226409.jpg

e0082981_22265746.jpg
〔 R-D1s | ULTRON 28mm F1.9 / ELMAR 50mm F2.8 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-06-27 23:04 | 小さな旅 | Comments(12)
Commented by nakky85 at 2011-06-27 23:30
ワタクシは最近、ピントが合ってるとか合ってないとか
そういうの、どうでも良くなってきました。

撮りたいモノがフレームのどっかに収まっていれば
それでブレていようとピントが外れていようと、どうでもよい
そんな心境に至っています(笑)
Commented by qjo-s-koshi at 2011-06-28 00:26
私も・・・「藁にも縋る思い」で、立ち読みしてしまいました。。。(^^;
梅雨空が鬱陶しすぎたのか、表紙の青空に吸寄せられて・・・
「ヒコーキ写真テクニック2」なるものをコウテしまいました・・・
買っただけで撮れた気になってるワタシ。(^^;;;
Commented by sa55z at 2011-06-28 05:31
私は眼鏡使用時に液晶が見えず、もちろん電話の液晶も見えません。
従い、AF頼みのダルな撮影。構図???もちろん見えてませんよ。
ピンが来ないのは私のせいではなく、カメラのせいなのです。
Commented by ara_umi at 2011-06-28 07:58
nakky85 さん、おはようございます。

もはや、モリヤマの領域ですね(笑)
ワタシの場合も結局は最終的には、なるようにしかなっていないのですが…
↑ の話しは、年に何度かの一眼レフでMFレンズでピントを追い込む作業に
おいての話しなのですが、そんな普段していないことを急に上手くやろうと
云うこと自体無理な話ですね(笑)
Commented by ara_umi at 2011-06-28 08:03
たまら さん、おはようございます。

Aサヒの記事は伊藤/k博士にときどき教えていただいて、分かったような
生返事をしている事項についての補完のつもりで買ったのですが、
10の原理より100回の修行ということみたいです。

>買っただけで撮れた気になってるワタシ。(^^;;;
ara_umi図書館もそんな蔵書で溢れています(笑)
Commented by ara_umi at 2011-06-28 08:07
sa55z さん、おはようございます。

saさんは遠専用メガネですね。 最近の累進メガネはいいですよ。
液晶くらいは楽勝です。 その先はワカリませんが…

たとえメガネを掛けてファインダーがよく見えても、真ん中しか観ていない
ワタシも構図とは無縁でしょうか…
Commented by Hologon158 at 2011-06-28 11:19
見えないとおっしゃりつつ、
ちゃんと、美人は見分けているではありませんか?
すでにその方面では達人なので、
気配をかぎ分けている、ということでしょうか?
Commented by yoshipass at 2011-06-28 23:06
そうです、ホロゴンさんのおっしゃる通り。
ara_umiさんクラスになると心眼でご覧になっているはずですから、
そのうち、念写でいけるのではありませんか(笑)
私は、ピントなんてとうの昔に諦めて、「被写界深度」の頼るのみです(笑)
Commented by あわ at 2011-06-29 00:16 x
ワタシもこの頃、コンデジのモニターに眼のピントが合わなくなりつつ
あります。(一昔前の小さなモニターの方が好ましく思えたりして。)

ローライやハッセルのスタイルの方がイイのかしらと思うこの頃です・・・。
Commented by ara_umi at 2011-06-29 00:24
Hologon158 さん、こんばんは。

見分けているのではないのです。
おかげさまで(?)N潟は街を歩く女性が全員美人なので、
カメラを向ければ誰でも↑の画くらいは簡単に撮れてしまうのです(笑)
↓につづく...
Commented by ara_umi at 2011-06-29 00:29
yoshipass さん、こんばんは。

心眼じゃ駄目なのです!
美しいものはこの目でシッカリと観て、シアワセな気分になりたいのです(笑)

しかし、日曜日はおしゃれをした女性が大量発生していましたね!
さらに↓につづく...
Commented by ara_umi at 2011-06-29 00:34
あわ さん、こんばんは。

このエントリの画もそうですが、この程度の画にシビアなピントは求めて
いないのですよワタシは...

シビアにピントを追い込みたいのは(全く撮る予定のない)美女のヌード
とかポートレートなのですから(笑)

あー、ハッセルで撮りたい! いいオンナ(笑)
<< 久しぶりに静かな夜 通り過ぎるだけの道 >>