昭和のデザイン
この建物は昭和40年頃の建築ではなかっただろうか、この建物の向かいにあった小学校に通っていたara_umi少年の曖昧な記憶...

この当時は今のように建築材料が工場生産による既製品と云うものは少なく、現場で木とコンクリートと石とタイルと職人の技術などで作り上げていかなくてはならなかったので、デザインもいかにも人間臭いし、昔もんのワタシには周波数があうと云うか響くものがあるのです(笑)
この建物のデザインが凄くいいとか、好きだと云うことではないのですけどね...

この頃の地下室には付きものだった(?)ドライエリアへの落下防止用のスチールフェンス(5枚目)は後付けされたものだろう... それに多分建築当時はこの石垣の際が駐車スペースということもあり得ない、きっと芝生が敷かれていたはず(そのためのデザインではもったいない?)ということで、平成の扱いには悲しいものが...

e0082981_22234232.jpg

e0082981_22255914.jpg

e0082981_22261693.jpg

e0082981_22263062.jpg

e0082981_22264662.jpg

e0082981_2227293.jpg

e0082981_22271931.jpg
〔 ULTRON 28mm F1.9 Asph. 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-09-07 22:27 | 小さな旅 | Comments(0)
<< ヤバイです! 秋のBREEZE >>