From Russia With Angel
2日ほど旅に出ているあいだにオークションで即決価格で落札していたレンズが届く。
どうやら露国でデッドストックが大量に放出されたらしく、気仙沼港のサンマの如く(?)叩き売りされていた“インダスター 61L/D 55mm F2.8” インダスター61と云えばF5.6に絞るとダビデの星形に光彩ボケがでるM42マウントのものが有名ですが、今回の大漁放出(?)はLマウント版でいくつに絞っても星形のボケは現れまへん...orz

Y! オークションのインダスター祭りのなかでも最高に安かったこのレンズにはフロントキャップもリアキャップも付いていなかったけれど、リアキャップ付きのM/Lアダプターがひとつだけ余っていたのでリアはOK。いかにも内面処理が安っぽそうなフロントもどうせフードは必須なので(ネジ径はA12 GR LENSと同じ40.5φだった)40.5-52ステップアップリングを咬まして52φのニコンのフード&キャップを代用して出動準備完了。 家にあったフロント&リアの付属品の価格の合計はこのレンズの落札価格の2倍以上にはなっている予感(笑) 外出先からの帰路で試し切りをすべくバッグに忍ばせる...

e0082981_22421877.jpg

e0082981_22425946.jpg

e0082981_22431395.jpg

e0082981_22432875.jpg

e0082981_22434084.jpg

e0082981_2244283.jpg

e0082981_22441647.jpg
〔 GXR MOUNT | INDUSTER-61 L/D 55mm F2.8 〕


斜光が美しく建物の壁を照らす街の風景でも撮ってファーストライトとしたかったけれど、仕事が長引き日が傾きすぎたのでたまたま近かった海岸道路まで... きれいな夕焼けが観られそうだったので見物客多し、そんな中でもなんたるラッキー!

このレンズがロシアからいっしょに連れてきてくれたのか、目の前に天使が現れる!!

できうればいや、どうしても! 10年後、15年後、20年後にそれぞれ再会しましょう(笑)

[PR]
by ara_umi | 2011-10-20 23:45 | 小さな旅 | Comments(6)
Commented by コバ at 2011-10-21 17:31 x
 こういういい写真は、どこで どのように撮るのか? と、考え込んでしまいます。
 試しに、近くの海に行ってきましたが、空振りでした……。
残念。10年早い?
Commented by ぐるぴん at 2011-10-21 23:42 x
お久しぶりです!5、6、7枚目でもはや完璧なのに、3枚目があって奥ゆかしいですねー。アンパンマン自転車に乗っているてっことで父上の境遇が語られてるわけですものねー!5枚目の僅かにオレンジが混じったアイキャッチ、何年に一枚とれるのでしょうか?イヤー、いいもの見せて頂きました。
Commented by ara_umi at 2011-10-22 08:14
コバ さん、おはようございます。

こういう写真が2,6,7枚目であれば、晴れた夕方に海へ行けば誰でも撮れます。
色味に関してはリコーのカメラがこんな色合いが得意なようです。

3~5枚目は日本ではなかなかチャンスが少ないでしょうね…
ウラジオストクあたりまで遠征すれば別ですが(笑)
Commented by ara_umi at 2011-10-22 08:21
ぐるぴん さん、おはようございます(以前にコメントをいただいていましだでしょうか)。

せっかくの被写体も例によって(?)ピンボケの山なのですが…(泣)
実は3枚目だけはパパにお願いしてポーズをとってもらっているのですよ。
すばらしいアクターですね(笑)
Commented by k7003 at 2011-11-03 01:38
ara_umiさんの写真は、いつだって最高だと思いますが、今回の From Russia,,,のカラーは、もう神様です。(^^)/
口径40.5mmにもご縁を感じて(^_-)
Nikon CX レンズと同じなんですぅ。わーお。
Commented by ara_umi at 2011-11-03 07:20
k7003 さん、おはようございます。

ちょっと褒め杉では...(大汗)'''
それでもCXレンズのアクセサリーが使えることは福音です。
今後に展開しだいで少しは化粧をしてあげられるかもしれません。
ワタシのインダスターは価格もチープでしたが、見た目もスゴイですから(笑)
<< 大店の女(ひと) ドラゴン・ナイト >>