Time Machine
ワタシ的には風景写真家な人ではないので、出会い頭の画が多くなる。

スキーに行った。
思いのほか天気がよかったので4時半のクローズまで滑った。
以前から気になっていた鷹ノ巣温泉をチェックしてから、桂の関温泉の立寄り湯に浸かった。
ちょうど夕日の沈む頃にロケーションのよい道を走っていた。
スキー場の山頂から使うべく大砲(?)も持っていた(スキー場では出番がなかったが)
夕日を撮っていたらたまたま何かが横切った!?

...と云うタイミングが嬉しい画をプレゼントしてくれる(ことがある)

[クリックで少し拡大]
e0082981_0134131.jpg
〔 Q | smc PENTAX-M 1:4 200mm 〕




と云う画が撮れるはずだった... あと2分早くこの場所に到着していれば...

R113を関川村から村上市に入った頃、前方で大きな夕日が沈みかかる。
黄砂の影響もあってか少しくすんで見えたけれどせっかく1100mm相当の大砲もあることだし...
と、ロケーションのよいところでクルマを止める。

さすがに手持ちは無理なのでQを三脚にセット...
していると、太陽の前を点線のようなものが横切る!?
眼を凝らして観ると白鳥だ!きっとシベリアに還るのだろう。
などと思っているうちに“点線”はどんどん太陽から離れて行く...

e0082981_04236.jpg

やっと三脚にセットできた小さな大砲をとりあえず“点線”に向けてテイク。
しかし、このときの余裕の無さが更なる不始末を誘発!?
レンズの絞りは開放のまま...

e0082981_0423735.jpg

このレンズはある程度絞らないとビッシッと結像しないのだった...orz

悔しいのでPHOTOSHOPで合成、時間を少し戻す(笑)

[PR]
by ara_umi | 2013-03-10 23:58 | 小さな旅 | Comments(0)
<< ハルツゲウオ シーハイル20130309 >>