風雅な夜は雨だった
薪能は一度観てみたかった。
朝からフェリーの2等船室で車座になりながらコップ酒(笑)
しかし、今宵は曇り空だろうと思われた天候も日の暮れる頃には無情の雨に...

それでも冷たい雨に震えながら観た幽玄の世界は感動ものでした!
これがすべて地元佐渡島の島民による手造り舞台と云うところに
この島の文化レベルの高さが現れています。

e0082981_0424283.jpg

e0082981_0432343.jpg

e0082981_0433718.jpg

e0082981_0435152.jpg

e0082981_044195.jpg
〔 Q | 01 STANDARD RRIME 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-04-20 23:22 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by qjo-s-koshi at 2013-04-24 22:11
いいなぁ・・・・
私、佐渡の能を見てみたいのです・・・
Commented by ara_umi at 2013-04-24 23:26
たまら さん、こんばんは。

これは見逃せませんぞ!
是非、年内に。
りゅーとぴあで時々やっている入門講座での予習もお勧めです(笑)
<< 2013サクラ行脚 祭りを横目... 2013サクラ行脚 ホノカな朝... >>