無慈悲な天婦羅
緊急献立会議を招集した。
天婦羅を作るよう指示した。
食材を仕入れるよう指示した。
しかし、予算が枯渇しているので地面に生えているものを抜いてくるよう(こっそり)指示した。
食材を仕入れる準備に入った。
食材の仕入れが完了し調理待機状態に突入した。

e0082981_2214215.jpg

e0082981_222378.jpg


食材の下拵えを指示した。
鋼鉄の包丁がかつてない程の切れ味で食材を切り裂くだろうと発表した。
鋼鉄の包丁が待機状態に入ったと発表した。
食材の下拵えが終了したと発表した。
下拵えを終えた食材が待機状態に入った。
鋼鉄の天婦羅鍋に着火するよう指示した。
鋼鉄の天婦羅鍋の油が臨界に達した。
蕗の薹の天婦羅の調理を指示した。
蕗の薹の天婦羅の調理が可能な待機状態に突入した。
強力な火力でこんがりと揚がるだろうと発表した。
ガスコンロが待機状態に入った。
お昼までに重大な決断をすると発表した。
お昼のメニューが蕗の薹の天婦羅に決定したと発表した。
蕗の薹の天婦羅を作ることが承認された。
この世の誰も体験したことのない革命的食感の蕗の薹の天婦羅になるだろう。
本物の蕗の薹の天婦羅を味わうこととなるだろう
石焼ビビンパの予定を白紙に戻す決定が下った。
ガスコンロの元栓が総解放され、残されたのは蕗の薹の天婦羅の調理だけだ。
蕗の薹の天婦羅の調理開始まで1分1秒の状態だ。
すでに客には通告している。

e0082981_2222878.jpg

e0082981_2224369.jpg

[テキストはどこかのwebより拝借]









ここまでは偵察衛星などからも明らかになっているし、
国営放送でも勇ましくアナウンサーがパブリシティしているので
世界中のみなさんもご存知でしょうが...
更に、Sウル、Tキョー、Nヨークなどを焦土と化すべく、

強力な蕗味噌を核弾頭に詰めた。
この蕗味噌は冷凍保存が利く。
天婦羅の調理が済めば、いつでも瞬時に蕗味噌のほろ苦さを思い知るであろう。

e0082981_2233319.jpg

[PR]
by ara_umi | 2013-04-12 23:23 | 小さな旅 | Comments(0)
<< 2013サクラ行脚 ホノカな朝... 混沌 >>