世界の国からこんにちは
ara_umi本家の押入の中から時空を超えて(?)30数年ぶりに光が当たったオタカラ!?
「歴代万国博覧会公式記念メダル」セット

同胞のパンフレットによれば、なんと長岡D和の企画、代金取扱銀行はT光相互銀行とクレジット。
3,000セットの限定発行で¥●46,500-の価格が!!!
外国のメダルは往時のメダルを各国の造幣局に復刻させたらしいのだけれど、
高度成長期真っただ中の景気と、超円安だった当時の為替レートを考えればこんなもの?

たぶん、銀行の...「これは将来価値が上がりまっせ!」とか云う...口車に乗って(?)
一儲けしようとでも思ったのでしょう... ara_umi家のご先祖様は...


  1970年 日本万国博覧会 日本造幣局製
e0082981_2324852.jpg

e0082981_232509.jpg


   1851年 ロンドン大博覧会 英国王室造幣局製
e0082981_23252351.jpg

e0082981_23253372.jpg


   1878年 パリ万国博覧会 フランス造幣局製
e0082981_23254827.jpg

e0082981_23255785.jpg


   1889年 パリ万国博覧会 フランス造幣局製
e0082981_23261485.jpg

e0082981_23304150.jpg


   1935年 ブリュッセル万国博覧会 ベルギー国製
e0082981_23262968.jpg

e0082981_23264337.jpg


   1958年 ブリュッセル万国博覧会 ベルギー国製
e0082981_23265550.jpg

e0082981_23271743.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-07-01 23:58 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by sa55z at 2013-07-02 05:11
欧州のに比べると日本製はしょぼいですね。
あー万博。子供の頃に行きましたよ。あれ、子供じゃなかったかも。
Commented by ara_umi at 2013-07-02 08:25
sa55z さん、おはようございます。

一応カメラ固定で撮っていますので大きさの比率が判ります。
(最初に小さなメダルから始めたので英国のものがギリギリでした(汗))

日本のメダルは当時の庶民でも買える大きさだったのでしょう、
デザインは日本らしい洗練も感じられますが...

それに対して1851年の大英帝国の豪華なこと! ...厚みもすごいのです(笑)
七つの海を支配していた様子がネプチューンの鉾やイルカでさりげなく表現されています。
1935年のブリュッセルも観ていると引き込まれるものがあります。

ま、我が家にあっても... と云う代物ですが(笑)
<< 勝利の美酒 NEAR SIDE & FAR... >>