年忘れ試練の十番勝負(四日目)
11月26日より始まった忘年会ツアーも早くも4日目、唯一私が幹事を担当する日であった。

e0082981_17161728.jpg






タウン誌で調べた“元力士がやっている”ちゃんこ鍋店「大翔龍」

呑んべえばかりなので“飲み放題コース”でないと幹事は安心して飲めない。ここの飲み放題メニューはなかなか豪華だった。ビールや焼酎はともかく、日本酒の銘柄が「越の寒梅」「久保田」「麒麟山」という地酒の中でも人気銘柄をそろえてあるあたりが心憎い。

e0082981_17251910.jpg

人数が多かったので、味噌仕立てと塩味の二本立て。こちらは味噌鍋の具、塩と味噌では微妙に具の種類も違う。塩鍋は薬味の“柚胡椒”がまた絶品。

鍋のほかにも刺身をはじめ数品出るのだが、宴もたけなわになって「そろそろ酒も食べ物も充分」となった頃に(選べる)次なる一品を聞いてくる…

                    「(鱈の)白子にしますか?」
e0082981_17343310.jpg

                      「生牡蠣にしますか?」
e0082981_17355044.jpg

さっぱりとした食感に胃が元気を取り戻し、再びの杯を酌み交わすのであった…

元力士の店主に「たくさん飲みますね~!」と関心(?)され、いつもは料理を半分以上残す“飲み助”連中がほとんど平らげて(オール込)6000円は安かった!   「ごっちゃんでした」
[PR]
by ara_umi | 2005-12-12 17:47 | 小さな旅 | Comments(0)
<< 命名!荒浪2号 今日の荒海(師走11日目) >>