古町二題
古町芸妓の艶技を堪能したあと、20日のエントリ“秘打!白鳥の湖!”の写真を撮るため古町(新潟の昔からの繁華街)を散策。

e0082981_2034731.jpg

              ここは以前も紹介した場所。
     
              「岩鬼もやっぱり男の子だった(?)」



e0082981_2061387.jpg

最近開設された(大衆)演芸場、私のまわりの熟年連中は結構意識している。この日もちょうど舞台がはねて、おじちゃん、おばちゃんが出てくるところだった。

「昔の人は礼儀正しい。」

古町といえば、来月11~12日は(一番新潟らしいと私は思っているイベント)「にいがた冬食の陣」の当日座がある。ちょっと宣伝。
[PR]
by ara_umi | 2006-01-23 20:19 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by あわ at 2006-01-24 00:06 x
こんばんわ あわ です。
早速、デジタルカメラマガジンをチェックしてきました。
「う~ん 横向きに被せるとなかなかキュート・・・」なのかも知れませんねぇ。素直にまっすぐ着せてやった方が脱げにくいような気がしないでもないですが。
今度は「モック」を何処かでやってくれないかしら。ソコから火かついて一気に製品化なんてことに・・・。ならないでしょうね。
Commented by ara_umi at 2006-01-24 22:53
いえいえ、当然オリジナルの方が魅力的ですよ(笑)

GRDを所有するマニアックなオーナーは大体GRブログを見ていますから“スケキヨ頭巾”のほうが有名ですって(きっと…)

前に加藤武さんの事で調べていたらこんなのを見つけました。ご存知でしたらゴメンナサイ(笑)

http://www7.ocn.ne.jp/~yokomizo/haiyaku-inugami.html
Commented by あわ at 2006-01-24 23:32 x
こんばんわ。
寝がけに濃いい(コワイ)画を見せていただいて・・・夢見そう。

「佐清頭巾」と書くと俄然、おどろおどろしくなりますねぇ。
やっぱりアレは "スケキヨ頭巾" として皆さまに愛していただきたい(爆)ものです。
Commented by ara_umi at 2006-01-25 00:04
「佐清っ!頭巾を脱いで見せておやりっ!」という松子婦人(もちろん高峰三枝子)の声が聞こえそうですね(とかいいながら脱がす(?)度に云ってたりして…)

いやいや、失礼しました(汗)「止まらないんですこのネタ(笑)」
<< 今日の荒海(睦月24日目) 稽古の成果 2  >>