にいがた 酒の陣 肴の巻
きのうの続き、旨い酒には旨い肴がなくてはならない。にいがた酒の陣の会場にも手ごろな価格で酒によく合う肴が用意されていた。

e0082981_17373733.jpg

小嶋屋総本店の「へぎそば」。つなぎにふのりを使ったのど越しさわやかな蕎麦、へぎという入れ物に一口分に分けて盛られるのが特徴。

「にいがた酒の陣」初日はぐう☆せんめいさんご一行様とプチオフ会ということでこのあと河岸を変えて飲む予定、「鮭の酒びたし」や「海老しんじょう」などおすすめしたい料理もあったが、適当なところでストップ!

新潟駅前にあるara_umiお気に入りの大衆割烹(居酒屋と紹介したら店主に大衆割烹であると改めさせられた)「河童」看板に“旨いと評判の店”などと書いてある、そういうのは好きではないが間違いはない(笑)
e0082981_17481117.jpg

         「刺身盛り」そろそろ寒鰤も終わりか、水蛸はまだまだ美味しい。

e0082981_17483090.jpg

                佐渡島特産の「えご」海草を固めたもの。

e0082981_17484621.jpg

栃尾名物「栃尾ジャンボ揚げ」大きな油揚げを焼いて食べる。葱味噌や納豆を挟んで焼いても美味しい。
e0082981_1749093.jpg
焼き魚「イシモチ」手前がぐう☆さん、奥はぐう☆さんの奥様、そしてara_umiの3人で料理が出るたびに写真を撮る。変な客だと思っただろう(笑)


明けて「にいがた酒の陣」2日目。再び会場に現れたara_umiは料亭一〆の「越の錦鍋」、とん八「新潟バーガー」そして漁業協同組合が一皿100円で並べていた「赤ひげ」の塩辛、「ゆで南蛮海老」を注文。
e0082981_18212055.jpg
南蛮海老(甘海老の新潟風の呼び名)をゆでて食べることは初めてだったが、「赤ひげ」の塩辛が絶妙だった。赤ひげは桜海老のような小さな海老で阿賀野川河口で獲れる冬の珍味である。獲れる量が決まっているので普通料理店くらいでしか口に出来ないが、ara_umi家はマニアックなルートがあり(笑)正月には塩辛を漬ける。

しかし、この時期はもう「赤ひげ」は終わっているはずなのだが…殻の柔らかさ塩加減ともに絶妙で、下に見える冬菜「女池菜(めいけな)」の甘苦い味との絡みは酒飲みのツボを完璧に抑えている。

この「赤ひげ」の皿を片手に試飲コーナーを廻っている御仁もいたりして思わず「通ですね~っ」と声をかけてしまった(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-25 18:57 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by あわ at 2006-03-26 00:45 x
あぅぅぅ・・・。
刺激が強過ぎます。日本酒に海"鮮"物の組み合わせ。

山に囲まれた松本あたりでも、流通の発達のお陰でそれなりにおいしい刺身が食べられるようになってはいます。
が、こちらの食文化には海から上がったものをどう楽しむかなんて智恵がそもそもないわけで。

小海老の塩辛と蔵本直送の酒。めまいがしそうです。
Commented by aricom at 2006-03-26 21:29
こういう新潟うまいもの写真企画・・・大賛成!
いやぁ・・・・美味しそう・・・・じゅるじゅる♪
Commented by エレキテルコ at 2006-03-26 22:36 x
上のお二方に続き、じゅるるとヨダレを垂らしております。。。
あーーー、行けばよかった!この写真撮りまくり3名の中に加わりたかった!
特に栃尾ジャンボ揚げ希望。
いいなぁ。。。
Commented by ara_umi at 2006-03-27 20:51
あわ さん、aricom さん、エレキテルコ さん こんばんは!!

もう少しちゃんとした写真を撮らなくては…と反省しきりです(汗)何といっても目の前に“旨い肴”と“旨い酒”が並んでいるのを見ると“酒飲み精神”が“カメラマン精神”を大きく呑みこんでしまいました(笑)

新潟の花見は4月15日前後になりそうです。それまでに体調を整えて炎の宴に備えまっす!!

みなさん、いつでもおいでください!新潟のご馳走と私は逃げません(笑)
<< にいがた 酒の陣 人の巻 にいがた 酒の陣 酒の巻 >>