窓の外は雨
         化粧する君の その背中がとても 
         小さく見えて しかたないから
         ボクはまだ君を 愛しているんだろう
         そんなこと ふと思いながら…
e0082981_2021712.jpg

そんなことはちっとも思わなかったが(笑)、写真を見ながらタイトルを考えていたらこの唄を思い出した。(←苦しすぎる)
窓ガラスをつたう雨の雫にピントを合わせたので一応トラックバック企画第8弾!「マクロ」にもエントリー

e0082981_20212186.jpg

今年になって“写真のお勉強”をと思い、小学館から発刊されたベストライブラリー名作写真館(全30巻)を定期購読している。つい先日は第9巻三好和義②と第10巻水野克比古が配本された。水野のコメントの中に雨の日こそ写真を撮るという言葉があり被写体を探すも…
いままで写真のテクニックに関する書籍は購入したことがあるが、写真家の心構えが伝わるものを真剣に読んだ記憶はない(他には田中長徳とか赤城耕一のような物欲系(笑))毎日のように写真を撮るようになった今は写真家の言葉がスッとはいり込む。


【注:本日のコメントと写真の出来は一切関係ありません(笑)】
[PR]
by ara_umi | 2006-04-05 20:59 | 小さな旅 | Comments(10)
Commented by photo_artisan at 2006-04-06 22:45
この唄、大好きなニューミュージックです(笑)
歌詞を読むと脳裏でイルカの歌声が再生される程。
Commented by あわ at 2006-04-06 23:01 x
誰もが物語 その1ページには・・・ ああ、またもやエンドレスで鳴ってる。
張りのあるハスキー・ボイスが大好きです。この人、トシをとるのを忘れているかのようで。そこがまたいいのです。

Commented by ara_umi at 2006-04-07 09:36
photo_artisan さん、おはようございます。

「なごり雪」や「22歳の別れ」で女心や女性に対する優しさを繊細に描いたとおもえば、「ほおづえをつく女」などでは男の持つ(実は女性は煩わしいという??)深層心理をグサッと表わすことのできる伊勢正三は天才だ!とひとりで思っています(笑)
Commented by ara_umi at 2006-04-07 09:48
あわ さん、おはようございます。

実は私も鳴っています(笑)ず~っと…
イルカも、もうおばあちゃんだそうです。

ついにクランクインだそうですね!!犬神佐兵衛は仲代達矢、松子婦人は冨司純子…台本もほとんどそのままということです。ロードショーが待ち遠しい(笑)
Commented by aricom at 2006-04-07 09:53
山下達郎もサザエさん風の年を取らない化け物ですが伊勢正三さんもなかなか(笑)偶然SMAP×SMAPを見た時に番組の終わりに「70年代だか古く懐かしい歌を歌う・・・・」ようなコーナーがあって伊勢氏が一緒に「22才の別れ」を歌ってました。自転車で30分ぐらいの場所に「神田川」があります。ゴォーっと滝のような音を立てている場所もある川です。盟友のこうせつさんを思い出す機会の方が多いですが(笑)しょーもない曲がいくら売れても結局は数年すれば誰からも忘れられます。
しかし「なごり雪」や「22才・・・」はこれからも生き残っていく名曲です。
Commented by ara_umi at 2006-04-07 21:29
aricom さん、こんばんは。

aricomさんも“かぐや姫”フリークでしたか(笑)
先日、飲み屋のカラオケで(自分としては)珍しくかぐや姫なんかの唄を歌っていたら、隣のボックスで飲んでいたどこかのサラリーマンチームの一人がコーラスを付けに割り込んできて…同僚が帰ってもずっと「はぁ~あ~あ~あ~」などと唄い続けていたのがいました(笑)

そのときには酔った勢いで(?)「今年はつま恋(拓郎&かぐや姫2006)へ行くぞ~!!」って私もお調子をこいてしまいましたが(汗)しらふに戻ってからの予定は未定です(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-04-08 00:32
伊勢正三さんと云えば「あの歌は歌わないのですか?」が好きです。
(タイトル、違ってますかね?)
他には「夜汽車」かな?
Commented by ara_umi at 2006-04-08 09:40
photo_artisan さん、おはようございます。

それは「あの唄はもう唄わないのですか」ですね、「夜汽車」は知りません。もしかすると♪ルールル…僕が君を追いかけてる…♪で始まる「北国列車」でしょうか?これは私の(正やんの)フェイバリット・ソングのひとつです(笑)

ストーンズやツェッペリンの話題は“ちょいワルおやじ”風で堂々とできますが、叙情派フォークの話って軟弱そうでチョット気恥ずかしい(汗)
でも「オレはオマエが好きだぜ!!だからヤラセロ!!」みたいなことしか歌ってない前者達とは決定的に違う世界があります。それはそれで好きですが(笑)
Commented by photo_artisan at 2006-04-08 21:26
タイトルを両方とも間違えてましたねσ(^_^;
あ、頭がぁっ〜!
Commented by ara_umi at 2006-04-08 22:00
photo_artisan さん、こんばんは。

曲名より、“あの頃”を自分のことばで(大いに自分に都合よく(?))記憶していることが大切と考えます(笑)

私も「北国列車」はwebで確認し直しました(笑)
<< いつもの路地が、旅の入り口になる。 アブナイ橋 >>