からたち
「からたち からたち からたぁ~ちの はぁ~あぁ~なぁ~ ♪」

と、今日も調子っぱずれに始めてしまったが、島倉千代子の「からたちの日記」のほかにも北原白秋の「からたちの花」という唱歌もあり名前は有名だが、こちらではめったに見られないない花き “からたち”

e0082981_2164586.jpg
e0082981_2165621.jpg
e0082981_217640.jpg

からたちの藪はなかなかシュールな形状をしている…迷宮のようだ、と大人の目で見てしまう。
しかし、からたちといえば、少年たちが探すのは…

                   「 発 ・ 見!」

         “ “ ここから先は昆虫が苦手な人は見ないでね ” ”

e0082981_2114547.jpg
e0082981_2115427.jpg
e0082981_21151357.jpg
            〔 GR D (スクウェアな画像は長手方向のみトリミング) 〕

からたちの住人といえばいわずと知れた「アゲハ」の幼虫。実際に見たのは30・ン年ぶり(?)
頭をつつくとなぞの(笑)赤い角とともに甘い匂いを出す。

この匂いを嗅いだら小学生の自分に戻った(笑)「勉強はからきしダメだけれど虫のことは何でも知っていた○○君(ホントはお前の事か?)を思い出す…(遠い目)…」
[PR]
by ara_umi | 2006-06-27 21:36 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by エレキテルコ at 2006-06-28 09:21 x
うわぁキレイ!アゲハって、幼虫の頃からスター性がありますよね。
私も小学生以来です。見たの。
そして横浜では、アゲハ蝶すらほとんど見たことない・・・。
田舎に行きたくなりました。
Commented by photo_artisan at 2006-06-28 21:43
大手町界隈では偶に見ますけどね(笑)
昨日は蜻蛉を見ましたよぉ〜♪
Commented by ara_umi at 2006-06-29 08:31
テルコお姉さん、おはようございます。

スクワーム系(?)が苦手でなくて安心しました(笑)。確かにどんなデザイナーのアイディアにも負けないセンスです!!マクロにせまるとより感動します。

ただ、撮影のためとはいえ、赤い角を出させる(やらせ)ために彼(?)の頭をつつくシーンは、SMSの“レポーター伊武”がパンダをいじめるギャグ(このギャグは苦手←やっぱりM?)を彷彿とさせて少々滅入りました(笑)
Commented by ara_umi at 2006-06-29 08:38
photo_artisan さん、おはようございます。

実は東京の中心地は新潟市の中心に比べてずっと緑が多い街です。そんなところからも蝶や蜻蛉をみる事ができるのかもしれませんね。
横浜も新潟より緑が多い気もしましたが…
<< 辛抱強い愛情 前川國男 建築展 >>