本間カメラサービス
「とうちゃん、俺は今モーレツに感動している!」

なにげなくGR Dの(右)側面を見ると、ボディの合わせ目のところに2箇所あるビスのうち片方が紛失している。自分では分解したことがないので使っているうちに緩んで抜け落ちたのだろう。
ビスが無いからといってボディがすぐにばらばらになることもなさそうだが、少々気分も悪いし早晩何とかしなくてはならない。カメラを購入した近所のキタムラへビスの取り寄せを依頼、しかし店員さんの話しではビス1本取り寄せるのも修理扱いになり、以前他の機種だが3000円ほどかかったとがありお薦めできないとのこと。(量販店なのでそれ以上の対応は無理と判断、まぁある意味では良心的な対応だし…)

それならと、ビスを探しにホームセンターへ行こうかと思ったが、キタムラから車で数分のところに時々(GR Dのサブカメラ)NIKON D100のメンテナンスをお願いしている本間カメラサービスという修理専門店があることを思いつく。

e0082981_22161560.jpg

NIKON専門店を謳っているが、RICOHのカメラでも面倒を見てくれるだろうと思いお願いすると、受付の女性の方が「少しお待ちください」といって奥の工房へカメラを持っていく。数分して

「1本だけビスを取り替えると表面の色が違うので2本とも取り替えました」とのこと、
「おいくらですか?」と尋ねると、
「今回は結構です。」とおっしゃる。
「それではこちらの気がすみません。」となおも聞き返すが、
「また何かありましたらお願いします。」と、代金を取ろうとしない。

e0082981_2234555.jpg
               〔 GR D ピクセル等倍にしたものをトリミング 〕

キタムラは月に何度か寄るのでやや(入り浸っているカメラ翁にはかなわない)なじみの客だが、本間カメラサービスへは2~3度しか行ったことがなくサービスをしてもらえるほどの客ではないはずだが…
この店は、以前にニコンに技術者として勤務していた人がニコン新潟SC閉鎖にともない独立開業した店で、新潟のプロカメラマンや報道関係のメンテナンスをしている本物のプロショップ。
最近NIKONの中古カメラの販売も始めたらしく、黄色いショーケースの中にボディやレンズが並んでいる。店の性格と“メンテナンス済み”と書かれたプライスカードが何かを訴えかけている(笑)

「また何かありましたら…」はこの事に…絶版になったあのカメラの新品ボディもあったし…

「しばらくあの店には近寄らないようにしなくては…(笑)」
[PR]
by ara_umi | 2006-07-18 22:58 | ちょっとカメラの話 | Comments(0)
<< 頚椎ヘルニア(其の壱拾)一年た... 微笑がえし >>