なまこ壁
8月に入る。7月中にはなんとか梅雨も明けたようだが、昨夜「8月1日よりガソリン(再々度)大幅値上げ」のニュースを知り落胆…(がーん!)案の定ガソリンが入っていない…(昨日のうちに駆け込み給油があったのだろう)ガラガラのSSへ車を滑り込ませ悪態をつく
 「今日は水割りにしてくれ…(笑)」

このブログを始めたのが去年の9月だからこのエントリをUPするとバックナンバーは1年分あるように見えるはず。ブログが何なのかも分からずに始めてしまい、やりながら考えているので最初の頃と編集方針(!?)が変わってきている。得るものは沢山あった!!無くしたものは…
「これから勘定しよっと…(笑)」

e0082981_18542812.jpg
e0082981_18543984.jpg
e0082981_18553711.jpg
e0082981_1855474.jpg

                     窓を開ければ港が見える?

e0082981_18555989.jpg
             〔 GR D スクウェアな画像は長手方向をトリミング 〕

竜宮城ではない、昔の水族館でもない(笑)
開港五港に指定されながら、横浜、函館、長崎、神戸に遅れて明治元年開港した新潟港に翌年建設された運上所(今でいう税関)。なまこ壁も美しい擬洋風建築(オール・メード・イン・新潟)
他の港に比べ貿易量が増えなかったため保存状態良く今もなお健在、今年で139歳(重文)。

通路の向こうに見える煙突は、最近話題の(?)北越製紙新潟工場。
[PR]
by ara_umi | 2006-08-01 21:19 | 小さな旅(湊町ブルーズ) | Comments(2)
Commented by あわ at 2006-08-01 23:21 x
3枚目のアーチがなんとも。
布袋様のお腹と口元を一緒にしたような吸引力というか「呑み込みヂカラ」を感じます。さらにはこ咆哮さえも。
どんどん発信してくださいませ。
Commented by ara_umi at 2006-08-02 08:52
あわ さん、おはようございます。

この建物は、なまこ壁や監視棟ばかりが注目されるのですが、近くで見るとこのオバQ(古っ)の唇みたいなアーチが印象的なのです。

改めてみるとこの建物いいなぁ(笑)もう少し研究しよう…
<< 臨時快速列車9461M三尺玉3号 Still Crazy for... >>