『犬神祭り』 斧(よき)の巻
12月16日封切予定ののリメイク版「犬神家の一族」に向けてマイフェスタ開催中なのである。
米国では「ゴッド・ファーザー」のストーリーやセリフなどを全部覚えて何かのギャグに使う事があるという事を聞いたことがあるが、私の周りでは20年以上前から「犬神家…」のセリフなどを何かのギャグに絡めて云うのが一部で習慣化している(笑)

その「犬神家…」がほとんど同じスタッフでリメイクされるわけなのである、黙っていられない(笑)
犬神家には斧(よき)、琴、菊の三種の家宝があり、それらが重要なキーワードになって殺人のストーリーなども展開するのだが…

e0082981_21521576.jpg
            信州那須湖の凍りついた水面に浮かんだ奇妙なものは…


                      ヨ
                      キ
                 ―――――――― ←那須湖の水面です(笑)
                      ケ
                      ス

e0082981_21563438.jpg
           〔 GR digital スクウェアな画像は長手方向をトリミング 〕

ストーリーは殺人事件が起きるたびに斧、琴、菊のキーワードが(殺人の方法に)絡められていくのだが、あの有名なシーンは佐清(スケキヨ)が逆さまに、しかも水面から下半身だけを露出させることで“ヨキ”を表わした苦しい展開(?)←原作ではこのように書かれているが、劇場版では犯人が単純に斧で切りつけている(あの大女優がこのようなシーンを!!と感心した)だけだったような記憶が…



  ■ 『犬神祭り』今日のお薦めサイト  配役比較編
[PR]
by ara_umi | 2006-09-15 22:17 | 小さな旅 | Comments(6)
Commented by あわ at 2006-09-15 23:27 x
そうなんですよねぇ。「犬神家・・・」の舞台は信州なんですよね。
ウチのお袋は片倉製糸という、実在した製糸工場で働いていたそうです。
それにしても”読書”の方は遅々として進みませぬ。
Commented by ara_umi at 2006-09-16 07:55
あわ さん、おはようございます。

なに、あわさんは青沼菊乃(実はお琴の師匠宮川香琴)の一子、つまり佐兵衛翁の忘れ形見、青沼静馬君でしたか←すっかり金田一になっている(笑)
原作もゆっくり、じっくりお読みください!多少ストーリーは変更してありますが、実に違和感なく再現されていますよね。特に松子婦人=高峰三枝子はフィットしすぎです(笑)
Commented by aricom at 2006-09-16 11:35
ゴッドファーザーねたは映画「ユー・ガッタ・メール」でも散々やってましたね。男性は好きでしょうねぇ。「犬神家・・・」ポスターも逆さ湖でしたね。
僕は当時小学生(だったよな)でしたが、あれは白鳥だと思ってました(笑)土曜夜10時からやっていた金田一シリーズが好きで良く見ていましたが「真珠朗」の最終回を見逃したのは痛かった・・・・
Commented by ara_umi at 2006-09-18 08:57
aricom さん、おはようございます(亀レス御免)。

一般的には「犬神家の一族」は“湖の両足”、“スケキヨの白仮面”や“殺人シーンの連続”というイメージから恐怖(のみの)映画という風に捉えている人も多いですが、市川監督好みの大物美人女優の迫真の演技や独特の脇役陣の演技の中にこそ見所があります。
あと、横溝作品共通の“血縁”による悲劇という部分も見逃せませんね。
ゴッド・ファザーも、女性は「ただ機関銃で人殺しのシーンの連続する映画」という風にしか捉えていない人が多く残念です(笑)
Commented by とめ at 2006-09-18 12:24 x
ヾ( ̄ー ̄)
おしさしぶり。サボってた。
(´∀`)ノ
先日、大町市の青木湖に行ったら
犬神家の撮影してた。
ヽ(`⌒´)ノ
こっちに来ちゃダメ!って注意された。
いいぢゃんねぇ。見るだけなんだから。
(=゚ω゚)ノ

例のリレーは危険すぎ。
Commented by ara_umi at 2006-09-18 21:49
とめ さん、こんばんは。

おー、流石は犬神家の地元(?)信州ですなぁ~(これも浦山)

危険なリレーには不参加が一番です(笑)
そちらは時々『●り』を出したり『あ○ま』を見せていただければ結構です(笑)
<< 勝負は陽が沈んでから 今宵のYOU  エピソード3 >>