共同作業
映画「千と千尋の神隠し」では油屋というスーパー銭湯みたいな娯楽施設に八百万の神々が
集うところから物語が始まるが、神無月の今、ここ越佐(えっさ)の国でも八百万の神ならぬ仏
さんたちが一同に会してさしずめ“越佐仏サミット”が行なわれている。
ちなみに越佐という呼び方は昔は越後と佐渡は別々の国だったのが、行政区分がひとつになっ
た現在はそれらをひとまとめにしてそのように呼ぶ事もある。


e0082981_21401874.jpg
「ふぅ~む、重いゎぁ~、ちょっとあんたたち!ちゃんと力いれてんのっ!!」

e0082981_21404030.jpg
「○○○姉ちゃん、それはきついわぁ、ボクたちかてもうぎりぎりですって!! なぁ□□☆ちゃん」

e0082981_21405369.jpg
「ホンマや、だいたいルーブルやないんやから、美術館やからって天井にピラミッドはないんと違うんですかぁ~」

e0082981_214162.jpg
           〔 GR Digital  with GW-1 〕

通りがかりの人 「あんたたちぐだぐだ云ってますけどちっとも荷ぃかずいてませんでぇ~」
       
三兄弟(?) 「はぁ~!?」                 出鱈目関西言葉御免(笑)



現在、長岡市にある新潟県立近代美術館において開催されている『新潟の仏像展』を鑑賞。
県内の寺社に奉られている仏像等70数体を一同に展示する様は、まさに“にいがた仏さんサミット”
新潟に残る仏像は名のあるものは多くはないが、名もなき仏師が残したそれらの仏像も一体一体
独特の輝きを放っている。飛鳥時代のものから江戸時代の木喰仏まで美と慈しみが館内に充満。

素晴らしい!!



その感動を写真撮影が許可されている常設展示で表現…してませんね(笑)

あ、今日の出演者は一応ロダンさんの作品です。
[PR]
by ara_umi | 2006-10-08 22:21 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)
Commented by aricom at 2006-10-09 01:18
確か「油屋」は箱根の旅館がモデルだった筈ですね。
東京でも仏像展をやっていますが、みんな「救い」が必要なのかなぁ・・・
初心者にも分かる仏像とかいう本も出ているし、ちょっとしたブームみたいですね。私は12日からカンボジアへ尊顔を見に行くかもしれません・・・・雨季なので行かないかも(妻が猛反対中)・・・・
Commented by ara_umi at 2006-10-09 07:59
aricom さん、おはようございます。

油屋はウィキペディアをみると様々な旅館がモデルのようです。
(得意のうろ覚えで油屋と湯屋を勘違いしていたのを事後調査(笑))
仏さんも長い歴史の中では祀り上げられたり捨てられたりと、波乱万丈の
人生(?)を生きていますが…みな人間の仕業なんですけどね。

雨季で大変でしょうが旅行いいですね(アユタヤでは水が上がったとか)、
お気をつけて行ってきてください。
Commented by とめ at 2006-10-09 09:30 x
仏像に興味は無いのでございますが、激しい海と美味しいご飯に興味あります。
長岡かぁ。上越からでも80km
( ̄ω ̄)
東京行くより遠いという事に気が付きますた。
Commented by ara_umi at 2006-10-09 22:08
とめ さん、こんばんは。

新潟は北陸3県分と云われていますね、だから上越と長岡と新潟は違う
県なのです(笑)
激しい波と、美味しいご飯と、××はこれからです!!
そのときはのろしを上げます(笑)
<< 今日の荒海Ⅱ 10月9日 So What >>