中越漫遊 #03 祈り
中越大地震から2年、復興途中のこの地にあって信仰の力は必ず住民の心の支えになり続けている。
今回の中越漫遊ではニ寺社を訪ねることができた。

宿泊をした蓬平温泉にある商売の神様、高龍神社。急勾配の階段を昇った上に小さな祠のある神社は
地元の氏神様という役ばかりでなく、広く新潟県内から商売繁盛、家内安全を祈願しに、またお礼参り
に多くの参拝客を集める。

e0082981_2032468.jpg

e0082981_20322389.jpg

e0082981_20323690.jpg

自営業のara_umiもお札をいただいてきた。「ありがたや、ありがたや…」


↓こちらは、小栗山観音堂。木喰上人作三十三観音像を並べる、地元の庶民の篤い信仰を集める御堂。
すこし前にNHKで“世界の仏像100選”のような番組をやっていたが、新潟県ではここの三十三観音像と、
現代の大仏師松本明慶が地震の際、山古志の里で倒れた木を地蔵にしたものが紹介されていたのだが、
こちらの木喰像も、地元の人たちに信仰されている様子が詳しく放送されていたので楽しみにしていた…

e0082981_20325121.jpg

e0082981_2033563.jpg
                     〔 GR Digital 〕


…が、観音さんたちは、皆さんでお出かけの最中だった。(空のひな壇に照明があたって…)
先日、長岡の新潟県立近代美術館で観た『新潟の仏像展』にも木喰仏は何体かはあったが、こちらの
観音さんたちは上野の東京国立博物館において12月まで開かれている特別展「仏像」に出張中との事
だった。東博の平成館で開かれている展示は一木彫の仏像ばかり140余躯を全国から集めたものらしく、
こちらも観にいかなくては…という事に(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-10-30 21:32 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by futashi at 2006-10-31 10:53 x
おっと。中越祭り開催中なんですね。
見覚えある文字やら画像が出てきてうれしいです。
長岡の横枕から向かうと最後はT字路になって
左に行くと蓬平、右に曲がると山古志なんですよね。
実は今週の3連休で、山古志に行くかもしれないんです。
去年のGW以来。
山古志小学校が再開したというニュースも見ましたし
かなり復興しているのでは?と期待しながらも不安もあり。。。
Commented by ara_umi at 2006-10-31 23:02
futashi さん、こんばんは。

今度の3連休なら、そろそろ紅葉も綺麗になる頃でしょう。山古志は復興という
意味では一番遅れている土地なのでしょうが、その息吹は確実に感じられます。
間近に迫った冬を控え、道路もどんどん開通していますよ。

あ、中越漫遊はもう少し続きます(笑)
<< 今日の路地 #009 『犬神祭り』 琴(事)の巻 >>