言葉の力
7日は世界チャンピオンの言葉を聞く。チャンピオンの言葉に力があったという話ではない。
様々な言葉の力でチャンピオンになれたという話だった。

毎朝少しづつ読む雑誌の先月号の特集は「言葉の力」。スラムダンクの(監督の)モデルにもなった
能代工高バスケットボール部前監督の話では、褒めるところが無かったので「君は足が大きいなぁ、
きっといい選手になるぞ…」といって連れて来た選手が今や(バスケットボール)全日本の監督。
なにげないが、前向きな気持ちのこもった言葉に、きちんと反応できる耳を持った素直な卵たちは皆
将来のチャンピオン。


e0082981_20205677.jpg

e0082981_20212591.jpg

e0082981_20214260.jpg

e0082981_202234.jpg
               〔 GR Digital 〕


話を聞くことのできた世界チャンピオンの名前は、堀井学。ひょうひょうとした語り口の中で、スケート
人生の節目、節目に出逢った家族の、コーチの、言葉を聞くにつけ、そのなにげない言葉の持つ力が
心に響く。

しかし、最近緩みっぱなしの涙腺のせいで周りに気付かれないように(ほとんどばれてますけど)涙を
拭くのに一苦労(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-11-09 21:07 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by エレキテルコ at 2006-11-10 19:08 x
堀井さんの講演、私も縁あって2度ほど聴いたことがあります。
もう数年前のことになりますが、同じく涙が止まりませんでした。
講演の最後にいつもご自分の目標を年表にしておっしゃいますが
少しずつ叶えられていらっしゃるんでしょうか?

ところでara_umiさん、涙腺緩みっぱなしなんですか?
そろそろ歳なんじゃぁ・・・(爆)
私の場合は鬼の目にも涙ってとこかしら。オホホ。
Commented by ara_umi at 2006-11-11 17:44
よい話も、次の日には50%ほど忘れ、2週間後にはほとんど忘却の彼方へ
行ってしまうとか…日々思い出しながらの精進です。堀井さんの夢は二つ半
くらいかなっているようです。

涙も、ヨダレも、ガマン汁(おっと)も緩みっぱなし?…やっぱ歳か(笑)

幸いにして公演会後に堀井氏らと会食をしましたが、酒だけは世界チャンピオン
に勝ちました!!(笑)
<< 食の陣 収穫祭 人の巻 インディアン・サマー >>