なりゆきですが
新潟ふるさと村フラワーデザインコンテストにて

マクロに強いGR DIGITALも、28mmのパーステクティブをもって生け花を写せば当
然に手前が強調されたパースが付いてしまい、最初にその生け花を見たイメージ通
りには写らない(ことが多い)。
このフラワーデザイン(生け花?)は、当然華道家の先生がその作品全体を見てもら
うイメージで作品を構成したはずだが、こちらの勝手な都合で広角眼で切り取らせて
いただく←一眼レフで撮影しているカメラマンを横目に「わしゃGR D一本勝負じゃ!」
と頑なになってしまう(笑)。

勿論、フラワーデザインは全体像を見ずにその作品の良し悪しを語ってはいけない。
しかし、ここにUPした写真の出来は見た通りであるので遠慮無しに
                                  ↓ ↓ ↓
                               なるべく語らないでいただきたい(笑)

e0082981_22593893.jpg

e0082981_22595986.jpg

e0082981_2301495.jpg

e0082981_2302796.jpg

e0082981_2304195.jpg
                           〔 GR DIGITAL 〕

花は、そもそも被写体が美しい(ことが多い)ので、美しく撮れない責任は撮影者に全部来るのできらい(笑)


   でも、GR BROG「トラックバック企画アングルに参加」します




【おまけ】 「作品は最高なんですけど」

フラワーデザインコンテストとともに(たぶんこちらが本命の)チューリップ切花コンテストも同時開催される。
めでたく最高賞受賞となったこの作品も、今年に限ってはチョット違う人に表彰していただきたかった!?

e0082981_2311012.jpg

[PR]
by ara_umi | 2007-03-10 23:36 | 小さな旅 | Comments(8)
Commented by あわ at 2007-03-11 03:13 x
「花は綺麗で当たり前」ってトコが辛いですよね。
そうでない花(微妙にしおれてたり、虫が喰ってたり、色が濁ってたり...etc.)もあるなかで、ひたすら"綺麗"な花で構成するのは大変なことだと思います。
その大変さを撮るのもまた・・・タイヘンですよねぇ。綺麗です。
Commented by ara_umi at 2007-03-11 10:35
あわ さん、再びおはようございます。

この会場は作品の展示はしてあるのですが、天窓からの自然光と照明の人工光
がミックスで、しかも作品を照らしているわけではないというどうでもいい環境なの
で、いい色が出せません←言い訳1号
しかも、大勢の見物客に混じって“しかめっ面”が小さなカメラをネックストラップで
つっぱらせて花を接写する姿は異様だったことでしょう(笑)
Commented by めめ at 2007-03-12 00:56 x
チューリップは絵に描いたような感じ。額縁に入っているし(笑
言い訳1号笑えました。
Commented by ara_umi at 2007-03-12 08:01
めめ さん、おはようございます。

ちなみに額縁はチューリップの花から色をスポイトしました…ってよく分りませんね。
普段から言い訳の嵐ですから、号数も必要ですねっ(笑)
Commented by めめ at 2007-03-13 00:50 x
解かりますよー。画像加工でよくやっています。ドット師になることもしばしばです。
目が痛くなります。

>色をスポイトしました
Commented by ara_umi at 2007-03-13 23:19
めめ さん、こんばんは。

ドット師ですか…初めて聞く名前でしたが、色々な職能があるものです!
平成の印象派というところですかね(笑)
Commented by めめ at 2007-03-14 21:14 x
ドット師とはまさにそのもので画像処理で合成するときとか色がかみ合わないときに
画像を拡大して1点ずつ色を調整していくのです。
点々とちまちま色を変えていくのは千人針並に苦労します。
Commented by ara_umi at 2007-03-14 21:59
めめ さん、こんばんは。

デジタルな世界の最深部が、超アナログな作業で支えられている現実
…って事ですかね(笑)
<< 今日(ホントは昨日)の荒海Ⅱ ... 花より団子とはいうけれど >>