村上 人形さま巡り 其の弐
昨日の続き

北限の茶所、越後村上には城下町ということもあり茶舗も多い。
ここ九重園(ここのえん)は屏風の飾りつけも見事だったが、人形さまもすごい!

e0082981_21201112.jpg
                    〔 D100 / VR24-120(47mm) 〕

e0082981_21203679.jpg

e0082981_21205255.jpg

e0082981_21211797.jpg

間口の広いお座敷いっぱいに繰り広げられた時代絵巻的雛人形。真ん中の人形は江戸時代のものと
説明があったがなんという保存状態の良さ!!顔立ちを見なければ昭和のものにも見えそう。
しかし、さすがに江戸の職人が作る人形や道具は凝りに凝っている。二段目の三人官女は現代のそれ
のように十二単衣など着ていないし、中央の女性は袖の短い着物(お歯黒も!)を着て既婚者(お姫様
のご指南役)である事を表わしている。道具類も蒔絵本漆塗りの本格派、いいなぁ。
下の段の殿様の行列の人形も、先頭の人形たちは緊張感のある顔をしているが、後方の人形たちは緊
張感がないところなど芸が細かい。
また、昨日の喜っ川の武者人形もそうであったが、武士の人形は鼻筋が通って目元が涼しい役者顔だが、
お付の者は必ず団子鼻のコメディアン系の顔立ちなのがおかしくも悲しい…

さすがに老舗茶舗だけに茶席の用意もぬかりなく調えてあり、たたきを挟んだ向かいの座敷では春の茶会。


お茶といえば、お菓子を忘れてはいけない…ということでもう一件

九重園と同じ通りにある菓子舗 酒田屋
e0082981_214954100.jpg

e0082981_2150956.jpg
                 〔 GR DIGITAL 〕

ここは、五月人形の展示だったが「座敷に上がって観ていってください」と即され、
お座敷からもワンショット。鯉幟を手前に、いくぶん広重を意識した構図(笑)

        なので 「トラックバック企画アングルに参加」 です。
[PR]
by ara_umi | 2007-03-15 21:55 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)
Commented by めめ at 2007-03-15 22:16 x
実際に見たいですねぇ。
細かいし、つくりも違うのがよくわかります。
行ったら1時間は動かないと思われます(笑
Commented by ara_umi at 2007-03-15 22:31
めめ さん、こんばんは。

なるほど、やっぱり女の子ですね!!
全部で75件の展示ですから先を急がないと…
さすがに、こちらのような展示はそう多くはありませんが(笑)
Commented by Tome300 at 2007-03-17 14:24
ずら~っと並んだ人形様達、壮観ですね!
私も行って見たいけど、怪しげなおっさん一人じゃ恥ずかしくて行けません(^^;

変わりにSLを撮ってきましたので、T.Bさせて頂きました。
Commented by ara_umi at 2007-03-18 00:34
Tome300 さん、こんばんは。

TBありがとうございます!
フォトジェニックなのは人形よりも屏風ですが、
人形さまも写真オヤジひとりでまったく無問題です(笑)
コミュニケーションをとりながら歩くのが楽しいのです。
<< 村上 人形さま巡り 其の参 村上 人形さま巡り 其の壱 >>