連ねる
新潟県中越沖地震、2日目
被害状況がハッキリしてくるとともに、被災者へのケアも徐々に厚いものになってくる。
TVニュースでポリタンクをかかえて給水車へ並ぶ被災者の姿を見て、この光景は40数年前に(S39.6.16新潟
地震で)自分も子供ながらに体験した事を思い出す。あのころのケアは給水くらいではなかったか…

e0082981_21302125.jpg


e0082981_21304281.jpg


e0082981_2139762.jpg


e0082981_2131799.jpg


e0082981_21312016.jpg


e0082981_21313314.jpg
         〔 Kitakata~Aizuwakamatsu GR DIGITAL 〕

午前中に所属する某(肉体労働系)団体事務局からTEL有り
「現地(柏崎)で○○が足りなくて困っているので新潟で150枚くらい調達して欲しい」との要請
数量が多かったが市内のホームセンターで難なく調達、団体事務局まで運搬
プチ・ボランティア(第一弾)
[PR]
by ara_umi | 2007-07-17 22:19 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(4)
Commented by kaitaka6 at 2007-07-18 00:18
こんばんは。
まずは、無事で何よりでした。
私の職場でも中越地震のときは何名かがボランティアで活動していました。ボランティアの皆様には頭が下がります。
Commented by ara_umi at 2007-07-18 07:47
kaitaka6 さん、おはようございます。

3年前の地震でこの地の地盤のストレスは発散されたと考えていましたが、
まだまだ巨大なエネルギーが溜まっているようです。
来そうで来ない東海地震にも最大限のご注意を払ってください。
ボランティアの皆さんも、もはやニュースにならないくらいあたりまえに活動
してくださっています。ありがたいことです。
Commented by Black_Gray at 2007-07-18 20:26
石畳が素敵ですね。
まだ、こちらまで余震が感じられるくらいなので、当地はまだまだ大変
なんでしょうね。
Commented by ara_umi at 2007-07-18 22:46
B&G さん、こんばんは。

現地の人が一番大変です。
私たちにもいよいよボランティア要請がかかりました、少しお手伝いをしてこよう
と思っています!
<< 大内 〈梅雨〉 野仏 >>