どうぞこのまま
「おれのほそ道」的には昨日で夏は終わったはずだったが、今日になって(早くも)ちょっぴり戻ってくる(笑)
が、すでに猛暑という力は無く「朝晩、次第に冷気を覚える時分」という意味がぴったり嵌る8月23日、処暑。

e0082981_22424151.jpg


e0082981_22414776.jpg


e0082981_224257.jpg


e0082981_22421937.jpg


e0082981_22425542.jpg

e0082981_2243715.jpg
          〔 CAPLIO GX100(2~4) GR DIGITAL with GW-1(1,5,6) 〕

GX100の画像は8月21日、焼けた肌に白い歯が眩しかったSURF RESCUEの隊長(?)が「救護所は
今日で店じまい」と云っていたけれど、雨の上がった23日には起こすと庇になる戸を固く閉じていた浜茶
屋も再び余韻のような営業を再開。



■カメラ雑誌の発売日(20日)をあえてスルーしたのか、CANONとNIKONがノーガードの殴り合いのよ
 うな製品発表大会!デジタル一眼レフカメラは必要なものではあるけれど、どちらもオーバースペック
 過ぎるなぁ(キカイとしては魅力的だけれど)
[PR]
by ara_umi | 2007-08-23 23:31 | 小さな旅 | Comments(10)
Commented by yoshipass at 2007-08-24 00:23
こんばんは!
↓も、今日も、撮りたいイメージのばかりで、
やっぱり海はara_umi さんにお任せですね・・・
Commented by イカスモン at 2007-08-24 01:34 x
どれもこれもイカしています。
夏の終わりの物悲しい感じも
秋っぽい空に感じることができます。
かっちょいいーです。
Commented by ara_umi at 2007-08-24 07:46
yoshipass さん、おはようございます。

いえいえ、yoshipassさんならこんな風に撮るんだろうなという被写体がいっぱい
でしたが「不出勇気、嗚呼…」
でも、お盆前のミッドサマーのビーチより、多少黄昏たビーチに魅力を感じてしまう
のはオヤジ根性のなせる業?
Commented by ara_umi at 2007-08-24 07:52
イカスモン さん、おはようございます。

ありがとうございます。
しかし、黄昏た季節でないとビーチに出没できない自分を反省(笑)
↑暑さと醜い自分のボディを晒すのを避けるため…
この冬はビリー(ザ・ブートキャンプ)でもやって来年の夏はビーチに
リバイバルしますか(笑)
Commented by めめ at 2007-08-24 10:39 x
氷の垂れ幕?がいい味だしています。
空もいい感じで素敵~。
新潟に行って同じ景色見たいです!
Commented by あみぃ at 2007-08-24 17:22 x
こんにちわ。
海の空が秋の気配になりましたね。雲が秋です、と勝手に判断します(笑) 二枚目がいいですね。
前日は確かに夏の終わりの雰囲気、遡ったコメントですみません^^;

更にその前日のお猿さん。一匹いれば100匹いそうです、お気を付けください。
Commented by ara_umi at 2007-08-25 08:08
めめ さん、おはようございます。

氷の幟はよく見ると波間に千鳥が飛んでいて“海バージョン(?)”
になっています。
この日は夏の終わりの夕方の低い日差しでいい感じでした。
来年は芸妓になって浜茶屋でどうぞ(笑)
Commented by ara_umi at 2007-08-25 08:17
あみぃ さん、おはようございます。

今週の新潟は秋の空が続いていい気持ちです。
2枚目なかなかの人気です(笑)
ワタシ的には日本的で且つ猥雑とした風景の中にいい感じでお茶をしていた
アングロサクソンのカップルが気になっていたのですが…(幟の下に金色の頭
が見えるでしょう?)

猿も以前写真を撮ろうと思って車を降りたら、ドアを開けた瞬間に虻の大群に
車内を占領されて閉口したことがありました(笑)
Commented by あわ at 2007-08-27 00:47 x
「曇りガラスを伝わる 雨の雫のように・・・」と、丸山恵子さんの声を頭の中で鳴らしながら見る青空が目に沁みます。
いいなぁ、この雲。夏も「また来年・・・」ですね。
Commented by ara_umi at 2007-08-27 07:48
あわ さん、おはようございます。

ブログのタイトルが思い浮かばないときは歌や映画のタイトルに逃げるのですが(笑)
「どうぞこのまま」という曲には思い入れがあります。
いくら唄っても夏は去ってゆくのですが…
<< 意外な接点 過ぎ行くもの >>