琳派と広重
ガラスによる日本美の表現 黒木国昭ガラスアート 『琳派と広重 東海道五拾三次』を観る。
新潟に3つあるデパートの新春美術展のひとつ。前売り券を購入したときは琳派と広重の展覧会かと思ったが、
チケットとリーフレットを見てガラス工芸の展覧会だと気付く(笑)黒木国昭という作家のことはもちろん(!?)知ら
なかったが、非常に見応えのある作品展だった。
以前に飛騨高山美術館(ガラスアートの美術館)で観た藤田喬平の作品で和物ガラスアートの虜になっていた
ので、こちらの美術展もまさに壺!しかも、展示の前半を構成するガラスアートによる琳派の表現は美というも
のを正統に伝え溜息の連続であったが、後半の広重=東海道五拾三次では美しさのほかに表現方法の工夫が
楽しく「おぉ~!こんな方法があったか!」と思わずニヤリとさせられたりで二度楽しむ(笑)


e0082981_2129754.jpg


e0082981_21292882.jpg


e0082981_2129451.jpg


e0082981_2130667.jpg


e0082981_21301931.jpg


e0082981_21303169.jpg


e0082981_21304495.jpg
                         〔 CAPLIO GX100 〕

とはいっても、展示の内容を撮影できるはずも無く行動範囲でのスナップを(笑)
デパートへ行く前に用事を2件、手巻きクロノグラフをオーバーホールに出さなくてはと思い始めてから早3年、
購入後丸6年を経過してやっと去年お世話になった時計修理店(腕がよいのかOHした50年以上前の時計が
ほとんど狂わない、しかもリーズナブル!)に入院。「チョット壊れているよ」などと云われ…(汗)
次に、例によって(?)二日酔いの胃にはラーメンであるということで、久々に「天龍」へ。
美術展鑑賞の後、荒浪ウォッチング。
[PR]
by ara_umi | 2008-01-15 22:30 | 小さな旅 | Comments(6)
Commented by yoshipass at 2008-01-16 01:08
>「おぉ~!こんな方法があったか!」と思わずニヤリ
ara_umi さん何かヒントをつかみましたか(^^)

天龍のラーメン久しく食べてないですね・・・椎名誠推薦。
Commented by sa55t at 2008-01-16 03:08
3枚目大好き!一票です。
Commented by ara_umi at 2008-01-16 07:55
yoshipass さん、おはようございます。

えぇ掴みましたとも(笑)
その成果が現れるのはワタシの潜在意識の中で充分に熟成された(熟成
せずに朽ち果てる事もしばしば…)後になりますが(笑)
>天龍のラーメン
ワタシも夜の毒々ラーメン以外は古町でラーメンを食べる事は珍しいので
すが、久々に堪能しました。
Commented by ara_umi at 2008-01-16 07:58
sa55t さん、おはようございます。

このシーンは往路で気になり復路で撮影したのですが、一寸ベタでしたね、
もうひと工夫あれば…また次回!!(笑)
Commented by casta6c at 2008-01-16 12:53
充実した一日になりましたね。
スクエアはやっぱり面白いですね。
あ、今日の昼はラーメンにしょ。(笑)
Commented by ara_umi at 2008-01-16 22:43
casta6c さん、こんばんは。

この日の午前中は前夜の酒が残って少々動きが鈍かったのですが、美術展
の会期も迫っていて、しかも荒浪ウォッチングもしたかったりと気だけは急い
ていたのです。
冬のラーメンはカメラが曇るのでなかなか撮りにくい被写体です(笑)
<< 夷・大黒 真冬のサーファー [今日の荒浪... >>