大江戸町歩き 豊川稲荷
大江戸町歩き。徳川吉宗所縁の氷川神社を詣で、鴨南蛮と熱燗で正気を取り戻した後、豊川稲荷まで歩く。
徳川吉宗といえば松平健…ではなくて子供の頃に観たTVの「男は度胸」の浜畑賢吉も印象的。当時の超人
気番組「太陽にほえろ!」の記憶がジーパン刑事(松田優作)編からしかないのが不思議だったが、「男は度
胸」は「太陽にほえろ!」が裏番組のNHKの金曜時代劇シリーズで、「鞍馬天狗(高橋英樹)」~「男は度胸」
~「天下御免(山口崇)」~「赤ひげ(小林圭樹)」とはまり続け赤ひげの最終回までそちらを観ていたためという
ことが最近判明!…ということでもなくて(笑)吉宗といえば大岡越前(実に名コンビだ!)ということ。
豊川稲荷は大岡越前守忠相所縁の寺。小役人から出発して50年(!)75歳で現役のまま(!!)天寿をまっとう
したときは一万石取りの大名にまで出世したということで商売繁盛を願う参詣客で賑わう。正月に鎌倉を歩い
たときも鶴岡八幡宮の次に人が多かったのは銭洗い弁天だったが、人の心の判りやすさよ(笑)

ふつう稲荷といえば神社だけれど、ここは曹洞宗妙厳寺という寺(別院)。豊川といえば三河国=徳川家の故里
(そして大岡家も)であり、大岡家の屋敷内に豊川稲荷が奉られていたものを現在の場所に移したものらしい。
江戸切絵図を見ると現在の豊川稲荷の位置にはかつては幕府直轄の定火消しの御役屋敷であり、豊川稲荷
の塀に刻まれている火消しや各講中の刻印はその名残か。
また、民間消防組織(町火消し)であった「いろは四十七組」の組織の創設と整備も忠相の仕事だったとか。


e0082981_22134413.jpg


e0082981_2214550.jpg


e0082981_22141918.jpg


e0082981_22143483.jpg


e0082981_22145121.jpg


e0082981_2215533.jpg


e0082981_22152170.jpg
                          〔 GR DIGITAL 〕

豊川稲荷と並び青山通り沿いに建つ鹿島設計部のエントランス天井のステンレスがピッカピカに磨いてあった
のでセルフポートレートを一枚、東京記念(笑)


                 既出ですが新潟でオフ会やります!  お問合せはこちらまで
                 ■社中のみなさまへ、すこし連絡事項を書き加えました(2008.3.3)
[PR]
by ara_umi | 2008-03-03 22:58 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
Commented by sa55t at 2008-03-03 23:35
ずいぶん短い時間に色々まわられたのですね。その勢力的な行動力がこのBLOGの力。
Commented by ara_umi at 2008-03-04 00:36
sa55t さん、こんばんは。

もう少しよく調べてから歩けばもっと効率よく更に廻る事ができるのに…
と、後悔ばかりです。しかし、ひとり歩きこその機動力だと思います。
楽しさ半分、寂しさ半分(笑)
Commented by casta6c at 2008-03-04 16:42
こんにちは。セルフポートレイトには笑いました。
あー、拡大したい!

ところでオフ会は凄いことになりそうですね。(^-^;
Commented by kiyo-kz at 2008-03-04 16:49
これは別院なのですね?
偶然にも私は先月,本山のほうに行ってきました.
もの凄い数の狐に圧倒されました!

最後のセルフポートレートは納得するのに少し時間がかかりました.すごいですね,これ.
Commented by ara_umi at 2008-03-04 23:54
casta6c さん、こんばんは。

一応ノーファインダー撮影です、少し曲がっていたのでフォトショップで2度回転
→トリミングしましたって、どうでもいいですね(笑)

オフ会も前景気くらいは煽らないと…どーなりますやら(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-04 23:56
kiyo-kz さん、こんばんは。

お体大丈夫ですか?
しかし、偶然とはいえ気が合いましたね!美味しい稲荷寿司食いて~(笑)
<< ロケハン アザレア >>