にいがた酒の陣2008 地の巻
昨日のつづき 『にいがた酒の陣』 ひとりでの参戦も、蛇の道は蛇ということで(?)、馴染みの顔もちらほらと…この手のイベントは外さない事で有名な友人のY岡氏がベンチに陣取っているのを発見!彼の小隊に合流(笑)これでとりあえずの母港は確保、落ち着いてあちこちの酒蔵で試飲が出来るというもの(笑)

e0082981_2153839.jpg

19)小山酒造店「越後自慢」 20)竹田酒造店「かたふね」 21)佐藤酒造店「錦盛」 22)田中酒造「清酒能鷹」こちらのゾーンは上越地区の酒蔵が集まっている、出展者のなかには本当に小さい蔵もあるのだろう。早々に玉が尽きて開店休業状態の蔵もそこここに…これらの蔵は酒を仕込むときからすでに注文分しか作らない、本当の意味での“幻の酒”かもしれない…手当たり次第順番に飲んでゆくが、みな旨い!昨年は30数蔵中2~3蔵は地雷(どうにも口に合わない酒を飲んでしまうこと)を踏んでしまったが、今年はあえて避けているわけでもないのに順調(笑)

e0082981_21533231.jpg

「何かお好みのものがございましたら、お試しください」との声に「じゃあ、君!」などと快調に(?)オヤジ(セクハラ?)ギャグを飛ばしつつ、23)妙高酒造「越乃雪月花」 24)君の井酒造「君の名は」「君の井」 25)千代の光酒造「千代の光」 “男の酒”の幟も勇ましく、山男のような男臭いアニキがお酌をしてくれる 26)谷乃井酒造「谷乃井」

e0082981_21534494.jpg


e0082981_2154516.jpg

こちらは6名で参戦の東京在住の団体さん、左のおじさんは昨年から、もう二人は誘われて今年初めての来場、外国人の姿も年々多く見られるようになった。真ん中のおかあさんは現地で配られる会場図にメモを書き込みながら、このara_umiさんにどの酒が美味しかったかをしきりに教えてくれる(笑)ロバート・デ・ニーロもプライベートジェットで佐渡島まで乗りつけ地酒を買い占めてゆくのだとか…

27)加茂乃井酒造「純白二峯」 外国のおかあさんお気に入りの、28)逸見酒造「真稜」 29)金鶏盃酒造「越後杜氏」 どっぱら清水、30)近藤酒造「菅名岳」

e0082981_21542872.jpg


e0082981_21544057.jpg

適当に試飲をすませ、Y岡氏の待つ(?)母港へ帰艦。Y岡氏はこの手のイベントを楽しむ自他共に認める達人!この日も会場内で行なわれる利き酒大会に何度も参加しては、戦利品の二合瓶をしこたまテーブルの上に並べる(笑)おかげで座って飲む酒を買わずに済む(笑々)更に、尻に根の生えた我々の隣のテーブルには美女が次々と… ↑のステキなお嬢さんたちもやはり東京からのお客人(!)持ちきれない土産の清酒は宅配便で送り、手荷物を軽減(こちらも戦上手!!)

最終コーナー、ヨーグルトのリキュールを出品、31)金升酒造「初花」 なぜか毎年ここの社長とは話し込んでしまう…散々酒談義をしたあと、今年の捨て台詞は「日本酒の一番悪いところは旨すぎるところ!(笑)」の32)下越酒造「ほまれ麒麟」 33)住乃井酒造「住乃井・寒昴」 ラストの戦いは、34)諸橋酒造「越乃影虎」        「上杉謙信天晴れ成りぃ!かっかっか…」

e0082981_21545490.jpg


e0082981_2155742.jpg
                                 〔 CAPLIO GX100 〕

「蛍の光」(が流れるのだそうな…)まで居たかったが、このあとara_umi家は焼肉屋に集合との密令が出ていたため泣く泣く陣をあとに…Y岡氏より戦利品のおすそ分け「ゴチ!」 結局出番のなかった(あるわけ無い?)LEICAのバッグに収納。よく割れずに…(汗)
[PR]
by ara_umi | 2008-03-18 23:32 | 小さな旅 | Comments(20)
Commented by yoshipass at 2008-03-18 23:58
Leicaと八海山か~!
なぜだかわかりませんが、ピッタシあいます(^^)
Commented by ara_umi at 2008-03-19 07:53
yoshipass さん、おはようございます。

>Leica & 八海山
さすが、ウィスキーを飲みながら磨くカメラ!酒との相性がいいようです(笑)
Commented by casta6c at 2008-03-19 16:02 x
やばいです!
2枚目、もろストライク!
新潟美人おそるべし。(笑
本題とは関係なく、m(_ _)m。
Commented by kiyo-kz at 2008-03-19 18:16
最後の写真,そうきましたか!(^^
私は土曜の酒が残りに残り,日曜は飲酒欲無し(爆)
撮影と養生に専念しました(笑)
Commented by dramatic_camera at 2008-03-19 20:43
ああ、八海山がファインダーにぶつかる!
豪快ですね~^^;
しかし、うまそうだなぁ~^^
Commented by marikichi10 at 2008-03-19 23:18 x
たくさん飲みましたね~
下越酒造の「蒲原」は飲みましたか?
この酒美味しいですよ(^^♪
Commented by ランブリン求 at 2008-03-20 10:18 x
「にいがた酒の陣」、15日NHKの朝のニュースの枠内で紹介していましたよ。(準備風景などを中継で)
いいなあ、こういうイベント。 ara_umi さんのこのサイトで会場の様子がとてもよくわかりました。
酒に関する知識の検定試験もあったようですね。
Commented by Black_Gray at 2008-03-20 13:46
さすが、新潟ですね。
日本酒の聖地のようですよ、まるでっ。
最近は本当弱くなったので、飲めなくなりましたが(^_^;)
Commented by R.Hand at 2008-03-20 20:51 x
ちょっとNiigataまで足を伸ばそうかなぁと思わせる記事ですな。
神戸~新潟空港の便が休止中なのが残念です。
伊丹から飛んでいくか・・・
Commented by あわ at 2008-03-20 22:17 x
渾身のレポート、お疲れさまでした。

一昨年から、回を重ねるごとにブースのオネェさんやら、参加されたみなさんのいきいきとした表情が増えていますね。

羨ましがるのも飽きてしまいました。次回こそは・・・・。
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:38
casta6c さん、こんばんは。

う~ん、せっかくのストライクも、ピンも露出も外してスマソ
来年は是非ストライクのお酌で一盃!待ってます(笑)

あ、そこは本文です(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:41
kiyo-kz さん、こんばんは。

二日酔いでしたか、残念!!
どこかの酒蔵の社長が「酒と同じだけの仕込みすいを飲めば絶対二日酔い
はしない!」と断言していましたが、どうでしょう(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:44
dramatic_camera さん、こんばんは。

酒瓶はビール瓶と違って弱いのですよね(汗)
酔っ払いのすることです…でも写真に撮る事は忘れないのですが(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:47
marikichi10 さん、こんばんは。

今回は“たしなむ程度”でしたね(笑)
「麒麟山」も好きですがこの「麒麟」も好きです。なかなか市内では見かけ
ませんが…「蒲原」は試しませんでした来年は是非!!
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:52
ランブリン求 さん、こんばんは。

新潟が世界に誇るイベントのひとつですから!
毎年写真では雰囲気を伝えられるかも知れませんが、酒の味だけは絶対に
無理です!!それは是非現地で…
今流行の検定もやっていましたが、そんな時間があったら試飲せねば!(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-20 22:55
B&G さん、こんばんは。

この日ばかりは間違いなく“聖地”です! …あまり神聖な雰囲気はありませんが(笑)
昔は飲んでいたのですね、飲みやすいものも多くありますので是非また(笑)
Commented by ara_umi at 2008-03-20 23:00
R.Hand 師匠、こんばんは。

飛行機も、高速バスも、フェリーもあります!来年は是非!!
こんなイベントの日は神戸からチャーター便を飛ばせばいいのに…
東京からは当日は新幹線も半額、激安宿泊付きパックもあるのですよ。
Commented by ara_umi at 2008-03-20 23:03
あわ さん、こんばんは。

ふだんは声をかけることさえはばかられるお嬢さんたちも、フレンドリーにカメラの
前で笑顔を作ってくれる日本酒パワーに感謝です(笑)
羨ましがっている場合ではありませんぞ!来年は必ず!!
Commented by qjo-s-koshi at 2008-03-21 09:15
来年は是非お供させてください。
(ライカ入りの)カバン持ちもしっかり私、勤めますので・・・
Commented by ara_umi at 2008-03-22 07:50
たまら さん、おはようございます。

ありがとうございます、来年は是非!

>カバン持ちもしっかり私、勤めますので・・・
それはいけません!酒の陣は絶えず片手にはお猪口が握られているのです、
試飲といえども、“お酌は両手で受ける”が基本ですから(!)首から片手で操
作できるカメラ+ショルダーバックが必須です(笑)
<< にわか鉄 にいがた酒の陣2008 天の巻 >>