おかげさま
金曜日はゴルフの日(ウソです)ということで、2週続けてゴルフ三昧「感謝、感謝」。しかし昨日の同伴競技者の方は凄かった!大正15年生まれの満82歳、背筋をシャンと伸ばして18ホールを歩き続け(このゴルフ場には乗用カートの設置は無い)、18ホール目のティーショットもきっちり200ヤード以上飛ばすスーパー爺さんだった!!
何より感心したことは「ありがとう教(?)」の教祖さまで、何があっても「ありがとう、ありがとう…(5回以上唱える)」と口にされる。たとえばティーショットを大きく右に曲げて林の中に打ち込んでも「アチャ~林だ!!ありがとう(×5)」パーパットを惜しくも外しても「くぅ~残念!!でも、ありがとう(×5)」という感じ。

何ごとに対しても「ありがとう」という言葉を発する事によって、よいことが自分に返ってくるという話はいろいろなところで紹介されているし、近年では五日市剛さんの『ツキを呼ぶ魔法の言葉』という講演記録が様々なメディアで取り上げられたりもしていた。
実は五日市氏の講演記録は新潟地区ではこのお爺さん(現役大社長さまなのです!)の会社が印刷をして配布していたのだけれど、まさに実践者の面目躍如!ありがとう効果炸裂で9ホールぺリアの隠しホールが見事にはまり準優勝されました!
ワタシもつられてはまり3位に入賞しましたが(笑)←結局これが書きたかった(?)

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』といえば、近ごろTVによく出るようになったアノ砂漠の薔薇さんも最近自身のブログでこの本の事を取り上げていた。その前後のエントリで、仕事での成功と自分の思いとのギャップに悩んでいるようなことが書いてあったけれど「ありがとう、感謝します」の言葉で乗り切ってほしいな…とおじさんは陰ながら応援したいと思っているのです(笑)

e0082981_21271648.jpg


e0082981_21273563.jpg


e0082981_21325553.jpg


e0082981_21275059.jpg


e0082981_2128329.jpg


e0082981_21281994.jpg


e0082981_21283111.jpg
                                  〔 CAPLIO GX100 〕

5月22日は業界で守っている“物造りの神様”聖徳太子を奉る皇太子神社の例大祭。若い同業者の中には一部で「こんなもん奉って何の得になるのか?」という声も聞こえているが、モノサシに損と得しか書いてなければ測れるものもその程度のモノ…ということ?
[PR]
by ara_umi | 2008-05-24 22:27 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by marikichi10 at 2008-05-25 22:30 x
こういう例祭があるんですね。
各業界でもあるのでしょうか?僕の業界ではあまり聞いたことがありません^^;
個人的には、こういうものが残っているのは結構好きです。

3位入賞ですか(^^)惜しかったですね~
もう少しの「ありがとう」が足らなかった!?
Commented by dramatic_camera at 2008-05-26 00:01
こういう例祭は大切です。
気分の問題かもしれませんが、特に事故が多い業種では大切にしていますね。
名前は出せませんが、ある建設現場でてきとーに済ませたところ、事故頻発の怖い話があります。

『ツキを呼ぶ魔法の言葉』 私も読みました。
欲しいカメラがあると、いずれジャンクで手に入るという経験が一番多いです。
おかげでジャンクの山ですが・・・。
次はライカだ~(笑)
Commented by ara_umi at 2008-05-26 08:02
marikichi10 さん、おはようございます。

この信仰は以前は太子講と呼ばれ、大工 左官 木こり 木挽き 石屋 桶屋
等の守護神として講が結ばれていたそうです。農家や漁師も神事を大切にし
ますが、もはや我々のような講は少数派といえるのでしょう。ただ、酒を飲むの
が楽しいだけ?とも云われていますが(汗)

>3位入賞
おかげさま以外のなにものでもありません!9ホールのうち8ホールも引っ掛か
ったのですから(笑)
Commented by ara_umi at 2008-05-26 08:08
dramatic_camera さん、おはようございます。

農家や漁師などの(人間の力ではどうすることもできない)自然に対する畏敬
の念を強く持つ団体では大切にしなくてはという気持ちが続いていますね。
デジタルの世の中でもすべて同じ事だと思うのですが…

ライカも近い内に手に入りますよ…ね(笑)
<< 感動のある生活感 頚椎ヘルニア(其の壱拾六) チ... >>