感動のある生活感
なのだそうである  …欲しいのは
日曜日の県展(写真)会場において作品鑑賞会での講師先生のお言葉。いきなり「新潟の写真家の写真は絵画みたいなのばかりでイカン!」とおっしっる(ように聞こえた)ものだから…ひととおり自分の写真論を語って、各作品の前でダメを出すものだから…600円が安すぎる鑑賞会になってしまう!
作品展は選者の個性(芸風)がでるから選者と講評者が違えば自ずとギャップも生れるのだろうが、市美術館のいつもは市民ギャラリになっている展示室に大量に置かれて持ち帰りを待っていた“今回は残念だった作品たち”のなかにそのようなモノはあったのだろうか?
なるほど講師先生の選ぶ写真は今回の入選作には少ない傾向のものだった!?←ワタシは好きですこういうの!

e0082981_214021100.jpg


e0082981_21403949.jpg


e0082981_21404995.jpg


e0082981_2141061.jpg


e0082981_2141913.jpg


e0082981_21411962.jpg


e0082981_2141456.jpg


e0082981_21415885.jpg


e0082981_21421275.jpg


e0082981_21422328.jpg


e0082981_21423410.jpg


e0082981_21424597.jpg


e0082981_21425538.jpg


e0082981_2143691.jpg
                                〔 CAPLIO GX100 〕

週末のゴルフコンペの戦利品(カード会社系の商品券)を握り締めて、4年に一度の(!?)ara_umi家お食事会。「ありがとう(×5)!!!!!」
普通に注文すると80gのパスタがプラス210円でGrande(大盛=120g)も選べるとのことで、すべてのパスタはGrandeに(爆)
いちいち写真を撮ってもいやな顔ひとつせずに、心のこもった給仕をしてくれたこの店の名はSU MISURA(ス ミズーラ)、あなたも是非Grandeで!!(笑)
                                  「Ottimo!」
[PR]
by ara_umi | 2008-05-26 22:45 | 小さな旅 | Comments(8)
Commented by sa55t at 2008-05-27 00:16
やっぱり食物写真は引かれます。
私が最初におじゃましたときも飲み屋の日干しに見せられたからであります。あれは何時だったでしょう。
Commented by あわ at 2008-05-27 00:52 x
あの~、これ全部、喰い倒した(・・・もとい、お召し上がりになった)のでしょうか。
裏山し杉であります。

さらに、1枚目の空のワイングラスが「何本でもかかってきなさい!」と言っているようで・・・。

こういうシチュエーションではGX100ですかねぇ、やっぱり。
もうちょっと明るい場所でスクエアを練習します・・・。
Commented by ara_umi at 2008-05-27 08:01
sa55t さん、おはようございます。

今回は怒涛のUPでしたね(笑)UPしながら腹いっぱいになったので最後は
コーヒーにしました(笑)
saさんから最初にコメントをいただいたのは、2007年9月のMMT(マジカル
・メタボリック・ツアー)北の旅人編でしたね。また行きたくなりました(笑)
Commented by ara_umi at 2008-05-27 08:02
あわ さん、おはようございます。

大食いで鳴らす(?)ara_umi家の一族もGrande×4皿を見たときには
少々ビビリましたがまったくの杞憂でした(爆)
このほかにもUPしていないメニューがまだあります!
カメラ一台で済ます(!)夜は、GX100の出番が増えていますね。
Commented by YOKO at 2008-05-27 22:49 x
こんばんは♪
素敵なお店ですね~内装や食器が私好みです!
さっそくお店のHP見てきましたよ。
お料理が盛られている横文字(イタリア語?)のペーパーがオシャレです。
Commented by Black_Gray at 2008-05-28 07:22
って事は新潟には絵画になるような景色に恵まれているって
事ですよね?? 羨ましい
Commented by ara_umi at 2008-05-28 07:59
YOKO さん、おはようございます。

考えてみればこの店のように(デパート内にあって常に最新のインテリアにリ
ニューアルしている)トレンドを全面に出した飲食店はあまり行ってなかったの
か…(云われて気付く)…ホントYOKOさんのようなナイスミセスにお似合いで
す!なんといってもモダンリビングですから居酒屋おやぢとは無縁の…(笑)
イタリア語のペーパーは裏が白紙でしたから安全を考えた専用紙ですね。
Commented by ara_umi at 2008-05-28 08:04
B&G さん、おはようございます。

絵画にならないような景色を無理やり絵画調に仕上げるという事でしょうか…
日本に写真術が紹介されたときに、当時の画壇のトレンドだった印象派の
技法を写真で表現したあたりから風景写真が画一的になったというのが講
師先生の見解でしたが…
<< わしかぜ おかげさま >>