処かわれば
東京に住む伯父が亡くなり、高齢で体の動きの悪い親に代わり慌しく上京。今回の葬儀には何人も残っていない伯父の存命の兄妹は参列できずに、次の(我々)従兄弟世代が大集合。最近はこのような事でも無いと顔を合わせられなくなってきたし、そろそろこの世代からもあの世へ旅立つ順番(?)を感じたりもする。
前日の深夜にwebで予約した上野の安いビジネスホテルにチェックインするも、ドリンクを仕入れにコンビにまで歩くと近所に危険な看板を発見!ジャスト・ルッキングゥ…「危ねぇ~危ねぇ~」
分家筋に当たるこの家では初めての仏を出すことになったはずだけれど、宗派はara_umi家と同じ浄土真宗・大谷派であった。処変われば作法も変わるのか、新潟でよく聴く「お東」のお経とはずいぶん違うものに聴こえた。 南無阿弥陀仏

e0082981_22275477.jpg


e0082981_22281576.jpg


e0082981_23395147.jpg


e0082981_2340461.jpg


e0082981_23401969.jpg


e0082981_23403246.jpg


e0082981_22293651.jpg
                                 〔 CAPLIO GX100 〕

  ◆ 新潟へ向かう新幹線から観る地平線の先の佐渡島の更に向こうは伯父の旅立つ極楽浄土か…

  ◆ それにしても、に白抜きののマーク(呪文?)で迷い人を誘うこの世の極楽にも見えるかの店は実は獄門という…(笑)
[PR]
by ara_umi | 2008-06-23 23:07 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by カルロスゴン at 2008-06-24 12:15 x
ご愁傷様です。。。
上野の千曲商会のそばでしたか。不幸中の幸いで買ったしまったという
オチかと思いました。過去一連の流れで(笑)。
スクエアフォーマットって良いですネ。やったことがないので今度、トリミングしてみよう(←わかってない)。
Commented by あわ at 2008-06-24 21:32 x
伯父上のご冥福をお祈りいたします。ご無事に渡られたのでしょうか。

白ヌキの看板は底なし沼の入口。店主は三途の川の渡し守(左文字右京)なのではないかと・・・。
Commented by ara_umi at 2008-06-24 23:43
カルロスゴン さん、こんばんは。

ご丁寧にありがとうございます。
この日はなにせ時間がありませんでしたので危機を逃れました。最近入手した
悪魔のバイブル(?)『世界のM42マウントレンズ』に洗脳されつつあり…これは
故人が救ってくれたの?(笑)
↑の写真も数枚は4:3を1:1にトリミングしています。
Commented by ara_umi at 2008-06-24 23:46
あわ さん、こんばんは。

ご丁寧にありがとうございます。
まさに「死して屍拾うもの無し…」の世界です(爆)
最近、赤●や青■の他に黒く太いゴジックのRで…(以下自粛)
<< 海辺の街 交差点 >>