時の過ぎ行くままに
かつて新潟で三大財閥と呼ばれた豪商の別荘を、戦後御三家と呼ばれた建設会社が買い取り最近また売却された新潟市の財産。できればMション用地などにならないように…
空き家になった今でも立派に建っていたが、かつて人が住んでいたときの輝きは無い…栄枯盛衰と誰かが呟いていた言葉がしみる。

e0082981_2344791.jpg


e0082981_23453287.jpg


e0082981_23442985.jpg


e0082981_23444543.jpg


e0082981_23451933.jpg


e0082981_2345313.jpg


e0082981_23454621.jpg
                        〔 謎のF-X 35(1,3~6) GR DIGITAL II(2,7) 〕


北京オリンピック閉会式、中国ヨイショのNHKアナウンサーの解説に辟易としていたら白髪のオッサン(「あっ!ジミー・ペイジさんですね!!」と云ったあと妙に嬉しそうだった男性アナには好感)のレスポールが唸り、一服の清涼感!

早くも楽しみなロンドンオリンピックの開会式(笑)   …ポールやECも出るのかなぁ…
[PR]
by ara_umi | 2008-08-24 23:55 | 小さな旅 | Comments(12)
Commented by yoshipass at 2008-08-25 07:38
ara_umi さんと会うとほんとうにはなしがつきません・・・物欲を増進させるのか、沈静化するのか(笑)
ステルス、拝見しましたが、35mm砲の装備は本来そうあるべきですね(笑)・・・
これが新たな悩みの種といいますか、当分の楽しみということで、すでに何年もたっています(笑)
Commented by casta6c at 2008-08-25 12:52
謎がずっと気になってます。
まったく、予想外です。(汗
Commented by ichi-some at 2008-08-25 18:45
そうですね、御三家・・・新潟も随分様変わりしたものです。

私がこの世界に入った頃は昭和の終わり頃ですが、K賀田詣でなる仕事もあったものです。
もう少し “アソビ” のある世の中になってくれるといいですね。
Commented by sa55t at 2008-08-25 20:31
しっとりと写るものですね。
Commented by marikichi10 at 2008-08-25 22:40 x
こんな素晴らしい邸宅だったんですね。前を通るだけではわかりません。
僕も行けばよかったなぁ。
謎のF-X…あ~、僕も欲しい(笑)
Commented by kiyo-kz at 2008-08-25 22:49
この素晴らしい邸宅,なんとしてでも残していただきたいものです.
ニイガタはやっぱり良いもの持ってるんですから生かさなきゃ! と思います.
Commented by ara_umi at 2008-08-26 07:53
yoshipass さん、おはようございます。

いえいえ、ワタシのは正統派の軟投型(?)Yoshiさんのはクセ球の剛速球(!)って
感じですよ(笑) 楽しみがあるってスバラシイ!!
Commented by ara_umi at 2008-08-26 07:56
casta6c さん、おはようございます。

もう引っ張っても新鮮味(?)がなくなりましたのでそろそろお披露目します…
もう、みんな知ってるんですけどね(笑)
Commented by ara_umi at 2008-08-26 08:03
ichi-some さん、おはようございます。

今年の新潟まつりの花火(スターマイン)はゼネコンの協賛はついに皆無でした…
時代は変わる…
Commented by ara_umi at 2008-08-26 08:06
sa55t さん、おはようございます。

Yoshiさんとも話していたのですが、最新のデジタルとは違うアナログっぽい描
写がコレの良さであると… 大いにジコマンですが(笑)
Commented by ara_umi at 2008-08-26 08:51
marikichi10 さん、おはようございます。

またいつの日か公開されるように微力ながら活動しましょう!
marikichiさんには最新のデジイチ+ズームよりこちらの方がお似合いだと思い
ます ←イケイケ(笑)
Commented by ara_umi at 2008-08-26 08:52
kiyo-kz さん、おはようございます。

所属する某団体でもプチ保存運動始めました。何としても残さなくてはいけません!
本当は2件隣の旧刑務所のレンガ塀も残さなくてはならなかったのです!!(涙)
<< 硝子の少年 懺悔の値打ちもないけれど >>