硝子の少年
いまから十数年前の話。この家に住む当主は30歳代後半だったであろうか、早くに両親を亡くし当時はまだ独身であったため、家政婦が帰る夕方からは彼ひとりがこの広いお屋敷に住む事になる。
その晩は夜の会合も無くひとりでケーブルTVの映画を観ていたそうである。プログラムを確認するでもなく漠然と観たその映画は劇場公開を終えたばかりの「リング」。この映画に対する予備知識はまったく無く、観終えたあとさすがに怖くなってトイレに行けなかったとか…こんな家に住んでいればオレも無理(><)

e0082981_22444879.jpg


e0082981_224558.jpg


e0082981_22451931.jpg


e0082981_22453112.jpg


e0082981_22454341.jpg


e0082981_22455796.jpg


e0082981_22461141.jpg


e0082981_22462496.jpg


e0082981_22463650.jpg
                  〔 R-D1s SUMMICRON 1:2/35(1,6,8)  GR DIGITAL II(2~5,7,9) 〕

リコーフォトコンテストの締め切りが迫る(~8/29)、各自1枚しか応募できないという事でやりむり1枚選ぶつもり、応募要領にレタッチについての記述が無かったのでリコーに問い合わせてみたところExif情報の残ったJpeg画像であればレタッチOKとのこと。しかしJpeg画像をレタッチして再保存をかけると普通はデータが圧縮されてしまうはず、レタッチした見栄えをとるか無圧縮のデータをとるかシロートには難しい判断!?
[PR]
by ara_umi | 2008-08-26 23:30 | 小さな旅 | Comments(8)
Commented by sa55t at 2008-08-27 00:45
こりゃでかくて小便どころではありませんね。
そしてベールを脱いだFX機。
Commented by ara_umi at 2008-08-27 07:59
sa55t さん、おはようございます。

ここはいつかフォトセッション講を開催したい場所です(笑)

ベールは脱ぎましたが、もう写真がありません(汗)
ところで昨晩は盛りあがったようですね!
Commented by sa55t at 2008-08-27 09:04
青山のおしゃれなネットカフェで皆様のblogを見ながら、ワイワイやっておりました。
次回は是非青山で!
Commented by kiyo-kz at 2008-08-27 12:20
う〜む,流石SUMMICRON.現代のレンズとシャープさは変わりませんね.
GRと違って発色がシブくて良いです.
こちらはワクチンがまだ届かず,生殺し状態です(笑)
Commented by casta6c at 2008-08-28 00:02
ああ、なるほどわかりました。(笑
Commented by ara_umi at 2008-08-28 00:56
sa55t さん、こんばんは。

う~む、きっと辛口コメント乱発の会議だった事でしょう!
酒の肴は無用ですね(笑)
Commented by ara_umi at 2008-08-28 01:06
kiyo-kz さん、こんばんは。

選択肢がありすぎて(予算はありませんが)大変です。
写真の本質からどんどん離れていってしまうパンドラの箱だったかも…(ブルッ)
生殺しの期間が長いほど感動が強まります。でも50から35までの期間の短さ
を考えると早くも次の赤いシグナル(古っ)が…(笑)
Commented by ara_umi at 2008-08-28 01:08
casta6c さん、こんばんは。

聞いてみればたいしたサプライズもなかったでしょう!?ただCとNのスペック合戦
とかと無関係でいられる気楽さはありがたいです(←負け惜しみ?)
<< A SUMMER PLACE 時の過ぎ行くままに >>