鮎まつり
10月の金沢いきの最後を飾ったのは、越中砺波は庄川の鮎まつり

e0082981_22254114.jpg

e0082981_22261164.jpg

e0082981_22262364.jpg

e0082981_22263433.jpg

e0082981_22264518.jpg

e0082981_22265664.jpg

e0082981_2227636.jpg
                                 〔 GR DIGITAL II 〕

富山県砺波市庄川町の『鮎や』で毎年10月15日~11月30日まで開催中の『鮎まつり』は
 
  鮎うるか(すり身を塩辛にしたもの)
  鮎酢物
  造り
  鮎唐揚げ(南蛮漬け)
  鮎めし

に焼きたての鮎の塩焼きを食べ放題で3,465円という鮎好きにはたまらないコースメニュー

ここまで2日間飲みっぱなし食いっぱなしだったara_umiさんは鮎の塩焼きは10匹+鮎酒で勘弁してやったが、一緒にいた豪傑どもで最高50匹食ったヤツ(しかもオーバー50歳!!)には脱帽

このコースの盲点は食べ放題の鮎の塩焼きの前に出てくる他のコースメニューを、つい腹がへっているので食べてしまうこと…  

  「鮎の塩焼きが出てくるまではじっと我慢の子で居るのだぞ(笑)」


     ※にいがたフォトセッション講の新着情報はこちら
[PR]
by ara_umi | 2008-11-07 22:54 | 小さな旅 | Comments(4)
Commented by あわ at 2008-11-08 00:55 x
ara_umiさんの料理ネタは常に目の毒です・・・。
ラストのスケキヨ状態の鮎酒がトドメですね。

庄川には仕事で行きましたが、1泊2食6000円のお宿で「こんなに喰っていいの?」というくらいボリュームのある晩ご飯が出てきて驚いた記憶があります。気前のいい町でした。
Commented by ara_umi at 2008-11-08 08:14
あわ さん、おはようございます。

>スケキヨ状態の鮎酒
よくぞそこに気付いてくださいました!!!
…って、自分でも云われて気付きましたよ(爆)

ここは腹を空かせていくところでした…orz
Commented by kiyo-kz at 2008-11-10 16:44
ワタクシも今年は落ち鮎(子持ち)を鱈腹食べる機会が有りました.
子持ち鮎は初めてでしたが,美味かった!
ちなみにそこは庄川から山一つ隔てたところです.
しかし静馬状態の骨酒もすごい.
Commented by ara_umi at 2008-11-10 23:49
kiyo-kz さん、こんばんは。

鮎を鱈腹とは(変換するのですからしかたないのだけれど)可笑しな云い廻しで
すね(笑)ここの鮎も(養殖ですが)3割は子持ちでした…旨かった!
最後は腹も満腹になるのですが、塩が唇に残って塩っぱくて食べられなくなり
ましたよ…orz
<< にいがたフォトセッション講 秋... 金沢まで 金沢の路 >>