義の心
NHK大河ドラマ『篤姫』最終回…篤姫の49年間の生涯をトレースして感動を共有する最終回ならではの演出。豪華で時代劇らしい明快なストーリーで純粋に楽しめた一年。ara_umiさん的には“滝山”でしたね(笑)

で、来年の大河ドラマは上杉(謙信~景勝)家家臣直江兼続の生涯を描いた『天地人』。キャストにも衣装セットにも(多分)ふんだんに予算を注ぎ込んだ『篤姫』に比べるときっと地味な展開になりそうな予感。予告編を少し見たが上杉謙信役の阿部寛が弾けていた(笑)
上杉謙信は前の大河ドラマでもGAKUTOがマイウェイな解釈で路線を歪めてしまったので阿部ちゃんもやりたい放題やるのだろう…(困ったものだ) その阿部寛も以前大河ドラマで演じた赤穂義士のひとり、堀部安兵衛の出身地越後新発田では今年も義士祭が行なわれた。

偶然にもひとりの俳優が演じることになった越後の漢の共通点は“義”の心を持つことと、“大酒呑み”であるということ。 共感できるなぁ… (笑)

e0082981_0223049.jpg

e0082981_023115.jpg

e0082981_0232513.jpg

e0082981_725435.jpg

e0082981_0244327.jpg

e0082981_025398.jpg

e0082981_0251630.jpg
                        〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s // SUMMICRON 1:2/35 〕
[PR]
by ara_umi | 2008-12-14 23:50 | 小さな旅(ワタシの城下町) | Comments(6)
Commented by imai at 2008-12-15 00:05 x
araumiさん、こんばんは。
楽しむだけの写真なのでよくわかんないのですが、モノクロ写真いいですねー。
新発田の義士祭りって、いつやるんですか?
Commented by ara_umi at 2008-12-15 07:58
imai さん、おはようございます。

ワタシも楽しむだけですが…義士の行列が出発する16:00ころはあたりが暗く
なり始め、ワタシのカメラでは高感度でのカラー撮影が綺麗にできないのでB
&Wで撮っているのです。結果としていい雰囲気も出ているように思います(笑)

ちなみに義士祭は毎年12月14日に行なわれます。今年は日曜日だったので
昨年よりは人も多く出ていた気がします。
Commented by ichi-some at 2008-12-15 18:20
動きのある絵が凄いです!
と良く見るとGR、尚凄いです!!
Commented by ara_umi at 2008-12-15 23:14
ichi-some さん、こんばんは。

GR DもIIになって使えるなぁ~と思う機能のひとつにレリーズ時のブラックアウ
トがないことがあげられます。これはスローシャッターでの流し撮りや、連写の
ときに凄く役に立つのです!
Commented by あわ at 2008-12-16 23:09 x
14日にはテレビで田村正和主演の「赤穂浪士・音無しの剣」を見ていました。

四十七士がすっかり脇役になっていて、田村さんがおっしゃるとおり、”和製カサブランカ”という趣でありました。
12月14日の主役は赤穂四十七士でなければならぬと思うのですが・・・。

p.s.
暗い所でのデジB&Wは基本ですよね・・・。
Commented by ara_umi at 2008-12-17 07:58
あわ さん、おはようございます。

篤姫に続けてこちらも観ようかと思いましたが、PCの前に座ってしまいました。
なるほど「逃し屋…」という記述がありましたがそういうことだったのですか(納得)
和製カサブランカといえばなんといっても『夜霧よ今夜もありがとう』でしょう…古杉?

ところであわさん、“忠臣蔵”の意味が忠臣の内蔵助という意味だッて云うこと知っ
ていました?ワタシは昨日やっと知りましたよ(笑)
<< Let's Get M... 真夜中のUDON >>