村杉温泉

e0082981_131486.jpg

e0082981_1313770.jpg

e0082981_131491.jpg

e0082981_132390.jpg

e0082981_132207.jpg

e0082981_1323387.jpg

e0082981_1324587.jpg

e0082981_1325629.jpg

e0082981_133731.jpg

e0082981_1331964.jpg
                                  〔 GR DIGITAL II 〕

生れて初めて家以外での年越。年末年始の特別料金、特別メニューでしたが…

先付け  五頭山麓牛乳豆腐
前菜   銀鱈、鮑、新潟和牛ロースとビーフ など
お椀   のっぺい仕立て茸椀
お造り  寒鰤、目鯛、アオリイカ、鯉洗い
お凌ぎ  年越しの蕎麦粉寄せ かぼちゃの冷製スープ
台の物  村杉ラジウム源泉蒸し ホタテ、ホッキ貝、赤貝、雲丹、蟹、ボタン海老 など
揚げ物  海老進上揚げ包み ズワイガニ はたはた など
煮物   鯉飴煮
食事   鮭の親子釜飯

旅館や料亭のような大量に同じ料理を提供するところで、これだけ味わいのある美味しい料理をいただいたのは初めてといってもいいくらい!とにかくビックリするくらい旨かった!!  お湯もいいしお薦めです「★★★」







ということで、平成20年も無事に暮れ行くはずだったのに…    平和な里山の温泉場でこのような惨劇が起ころうとは… 












                      「きゃぁ~~~~っっ!!」













e0082981_1382494.jpg

e0082981_1384316.jpg


e0082981_139493.jpg


正月早々キタナイ物をお見せしてしまい、申し訳ありませんm(__)m 
旅館の年越餅つき大会の最後に松子夫人旅館の女将がつき留めをしているところを見ていたら(あのシーンが頭の中で渦巻いて)どうしてもやってみたくなり、GR DIIをビニール袋に入れて露天風呂へ直行したという訳です(笑)
[PR]
by ara_umi | 2009-01-02 23:59 | 小さな旅 | Comments(16)
Commented by sa55t at 2009-01-03 04:12
もう、アイディアマンなんだから!
Commented by yoshipass at 2009-01-03 09:22
やっぱり、ara_umi さん、凄すぎ(笑)(笑)(笑)
Commented by kiyo-kz at 2009-01-03 11:00
カントク(笑),新春早々から荒海食堂のオンパレードに犬神家ですか!
今年もめでたい一年になりそうです(爆)
Commented by marikichi10 at 2009-01-03 12:40 x
なかなか渋い温泉場で年越しだったのですね、とスクロールしていくと!!
ウケ杉ですヽ(^o^)丿
暮れに「犬神家の一族」を見ただけに、なおさらです(笑)
今年も益々期待しちゃいます!
Commented by スケキヨの母 at 2009-01-03 13:38 x

「きゃぁ~~~~っっ!!」

ス・スケキヨさんっっっ!!!
な・なんてことを・・・
もう一回演らせてください・・・・

あんまり笑うと家人が怪しむので・・・笑いを飲み込むのに苦しいです。
あぁ、、、身体に悪い。。。
Commented at 2009-01-03 20:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jutora at 2009-01-03 21:38 x
紫色の足、最高!

吹き出しそうなお茶を我慢して、むせました。
Commented by あわ at 2009-01-04 01:14 x
こここ、鯉って淡水魚じゃないですかぁっ!
信州佐久辺りの名物なのにぃっ!!

旨そうです。どれもこれも。
実は鯉って苦手なんですが(幼少の頃の記憶のせい。ホネ、堅くありませんでした?)・・・。

その後のカットにはなんとも申し上げようがございません。
思いついたが最後、やってみないと収まらないというお気持ち、よ~く分かります。

楽しみにしておりますです。

Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:36
sa55t さん、こんばんは。

今年もまだ悪だくみの泉は渇涸していないようで、少し安心した年明けでした(笑)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:38
yoshipass さん、こんばんは。

すごいのは(松子夫人じゃない)T生館の女将ですよ(笑)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:39
kiyo-kz さん、こんばんは。

秋には二本松辺りに行くと、次のシーンにも出会うことができるのでしょうか?(笑)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:41
marikichi10 さん、こんばんは。

確かに暮れの放映がありましたからタイムリーでしたね!
でも、このエントリの主役は料理なんですよ!?(笑)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:44
スケキヨの母 さん、こんばんは。

このシーンはもっとも松子夫人の熱演が期待されるシーンです!次は血糊持参で…(笑)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:45
鍵コメさん、お疲れ様でした(笑)
あとで連絡します…ただ、期待には…???
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:50
jutora さん、こんばんは。

そう!このどどめ色の脚こそ壺なのです!
白状しますけれど、露天風呂では普通の写真を撮ろうと思ってカメラを持参した
のですが、チラッと写った自分の肌がこの色だったのでこの写真のアイディア
が浮かんだのです(笑)お湯から出すと脚も重くて姿勢の保持も大変なのです
よ(笑々)
Commented by ara_umi at 2009-01-04 01:53
あわ さん、こんばんは。

ここ、村杉温泉は今でこそ海からも近い部類ですが、一応里山ですし昔から鯉
は名物なのです。この飴煮は1日半煮続けるとかで骨まで食べられます。
<< 少し多い 明けましておめでとうございます >>