2007年 07月 16日 ( 1 )
野仏
昨日のエントリの続きの話になってしまった。
今日の10時13分は新潟市の隣、阿賀野市にいた。しかし、うかつにも地震には気付かなかった…
というより、かの地ははそれほど揺れなかった。中越沖地震の影響で新潟市も相当揺れたのだそうで
あるが、ほんの20km離れていただけで(震源地からは100km以上離れている)、また自分が感じな
かったということで災害に対する感じ方はまったく違うものになる。もし、新潟にいて揺れを感じ、普段ど
おりTVやラジオで地震の情報を得ていたら、日中の被災者への想いは違ったものになったはず…
情報の入手方法の話。

e0082981_22102415.jpg

e0082981_22104939.jpg
         〔 Bato-Kannon Minakami GR DIGITAL & GX100 〕

こと、災害に関して云うと阪神淡路大震災~(H16)中越地震を経験して初期対応は行政も民間も対
応力は格段にUPしているように見える。
私の所属する(頭脳労働系)業界団体もH16.7水害や中越地震以降、災害に対するボランティア要請
に対する対応には積極的に取り組んでいて、今日も午前中から私の携帯電話にひっきりなしに状況経
過報告とボランティア派遣依頼のメールが入る。(私は今回の依頼業務の資格を持っていないので待
機組)帰宅後TVを見ていたら、すでにボランティア活動が成果になっているニュースを観て少し感動!

最近大地震が頻発しているが、地球規模で考えるとそのような周期であると考えられる、と発表してい
る専門家もいる。今日の私は、被害の非拡大と早い復興を祈る事しかできませんが…

私のところへも、お見舞いのコメントが寄せられています。ご心配いただきありがとうございます。
私の住む新潟市では(H16中越地震のときより)揺れた(らしい)ということのほかは被害はありません
でした。皆さんもいつ起きるかわからない災害へのご準備を怠りなきように。
[PR]
by ara_umi | 2007-07-16 23:06 | 小さな旅 | Comments(8)