カテゴリ:小さな旅(帝都物語)( 51 )
Tキョウだョara_umiさん 【其之弐】
ara_umi会社御一行様、御上り旅行二日目。

二重橋から九段坂とくればお次はここしかありませんよね、お千代さん!
しかし、浅草はいつも混んでいますね。

e0082981_234155.jpg

e0082981_2342997.jpg

e0082981_2344354.jpg

e0082981_2345632.jpg

e0082981_235393.jpg

e0082981_23559100.jpg

e0082981_2355294.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 28mm F2.5 〕

ここに着く前に某ホテルのバイキングランチを鱈腹食べたばかりなので、
仲見世あたりで何かを頬張りながらビールを飲むなどという気にもなれず、
路頭に迷う若い衆(50年前の修学旅行組)をどこかに置き去りにして一人で少し流す。

あゝ、いけない社長だ(笑)

H田カメラの店舗がなんだかモダンに変わっている!
[PR]
by ara_umi | 2014-01-25 23:29 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
Tキョウだョara_umiさん 【其之壱】
この日はara_umi会社の慰安旅行。
今年度はいつものバスツアーではなく、完全企画もの。
ツアーコンダクターのara_umi社長自ら企画立案!
Tキョウにするか、千歳空港から函館本線で函館に行くか迷ったけれど、
一昨年あたりから、JR北海道は少し危険かも... の予測が入り、
完全無欠の御上りさん旅行(笑)

ara_umi会社の若い衆(と云っても全員社長より年上(爆))は
Tキョウなどは縁のない方々ばかりで、修学旅行で来て以来ほぼ50年ぶりの上京!

e0082981_23384886.jpg

e0082981_23392187.jpg

e0082981_23393430.jpg

e0082981_23395893.jpg

e0082981_23401156.jpg

e0082981_23402924.jpg

e0082981_23404359.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 28mm F2.5 〕


本来は、Tキョウ駅から大手門、千代田のお城を抜けて九段坂まで歩く予定が、
この日は入城できない日なのでありました...orz

それならば、と云うことで二重橋前でお約束の集合写真の記念撮影の後、地下鉄で九段下まで。
昼食は深川あたりでどぜうでも食べたかったのですが、中途半端に大人数では入れてもらえない危険を察し
銀座のビアホールへ、
「Tキョウに行って銀座でステーキ食べてさぁ...」と、N潟でしゃべれば ...なんかかっこいい?(笑)
[PR]
by ara_umi | 2014-01-24 23:27 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(2)
テツと切手
ara_umi少年がまだ中学生の頃、当時の興味はSLと切手収集。
N潟周辺のローカル駅にはまだ蒸気機関車が走っている路線が残っていたので、
週末になると悪友たちと撮りテツと化して下手な写真を撮っていました。

そして当時は世をあげての切手ブーム(だったはず)“月に雁”とか“見返り美人”とかの
プレミアム切手をデパートの切手コーナー(!)などで観ては溜息をついたものでした(笑)

このあたりは、先日覗いたG座のKツミ堂でLeitzのオールドレンズに溜息をついて来たことと
なにも変わっていませんが(爆)

中学生のときにT京へ連れて行ってもらえる機会があって、そのときはなぜか東京中央郵便局が
自分の聖地に思えて、是非訪ねたかったと云う記憶が思い出されました。

そんな意味ではこのシンプルなファサード(だけでも)残してくれた ...鳩山さんでしたっけ...
ことに感謝しなくてなならないですね。

e0082981_21565517.jpg

e0082981_21574858.jpg

e0082981_2158178.jpg

e0082981_21582452.jpg

e0082981_2158482.jpg

e0082981_2159553.jpg

e0082981_21592275.jpg
〔 謎のF-X 〈Fighter-eXperimental〉 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-05-06 23:08 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(4)
思えば一年経ったんだ
去年の黄金週間もほぼ同じ旅をしていた。
昨年の旅は何かを探していたけれど、
今年の旅は足りなかったピースを嵌めに行く旅だった... 

...とか云ってみたかった(笑)

e0082981_23573717.jpg

e0082981_23582833.jpg

e0082981_23583955.jpg

e0082981_23585120.jpg

e0082981_2359326.jpg

e0082981_23591752.jpg

e0082981_23593027.jpg
〔 謎のF-X & GR DIGITAL II 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-05-05 23:07 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
頑張れ 頑張れ!! 出来る 出来る!!
少し古いはなし...

年末の紅白歌合戦は出場者のリストが発表された段階で「今年は観ない」と云う方針が決定されていたけれど、
大晦日のTVチャンネルをサーフィンしながら(と云うふうに使うのか?)「この歌手だけはどうしても観たい」
と云う時間帯だけはNHKにチャンネルをあわせた。

何人かのお目当ての歌手の中では矢沢永吉がよかった。好きか嫌いかで聞かれれば好きなのだけれど、
矢沢王国の使途ではないので今回の歌は始めて聴く歌だった。
しかし、中年オヤジとしてはメッセージがビンビンと入ってきましたね、
もうその時間は相当酔っぱらって、ウラ(BS-TBS)で放送っていた吉田類状態でしたけれどね(笑)

「いくつになってもあきらめてはイカン」と云うような内容の歌だったと思うのだけれど、
今の矢沢に云われると「そうだ、そうだ!」と妙に共感。

演奏終了後、司会の若いモンに「なにかメッセージはありますか?」みたいなことを訊かれて、照れもあってか
なにも応えなかったけれど「歌で充分にメッセージしていたではないか!」とara_umiオジサンは思うのでした。

e0082981_22594224.jpg

e0082981_2302486.jpg

e0082981_2303194.jpg

e0082981_2304239.jpg

e0082981_2305493.jpg

e0082981_2364727.jpg

e0082981_2311991.jpg
〔 GXR | MOUNT A12 + SWH 15mm F4.5 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-01-19 23:26 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(0)
上を向いて歩こう
とにかく若いときからトーキョーへ行くと上ばかりみて歩く子でした。
イナカモンですからトーキョーの高いビルが珍しくて仕方なかったのです。
それは、オジサンになった今も基本的に変わっていませんけどね。

いまも、むかしも刺激に満ちている(いた?)ので…

e0082981_23423797.jpg

e0082981_23433992.jpg

e0082981_23434819.jpg

e0082981_23435740.jpg

e0082981_2344718.jpg

e0082981_23441654.jpg

e0082981_2344242.jpg
〔 RICOHFLEX // 400TX(2倍増感) ・ GXR | A12 28mm 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-03-26 23:28 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(2)
明日に架ける橋
When you're weary, feeling small
When tears are in your eyes,
I will dry them all

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

e0082981_22544564.jpg

When you're down and out
When you're on the street
When evening falls so hard
I will comfort you
I'll take your part
When darkness comes
And pain is all around

Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

e0082981_22545945.jpg

Sail on silver girl
Sail on by

Your time has come to shine
All your dreams are on their way
See how they shine

If you need a friend
I'm sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind

                 P. Simon


さて、そろそろワタシも寝たふりはやめて元気をだしていきましょうか

[PR]
by ara_umi | 2011-03-22 22:57 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(2)
HOMETOWN
T京での4つ目のミッションは、近ごろ突然ファミリーに加わったRICOHFLEXの里帰り。
わが家へは大坂経由でやって来たので、銀座の光は初めて観るのかもしれないけれど…

銀座通りはビルのガラスに当たった光が複雑に反射していい感じだったのでけれど、そろそろ還暦のオネーサンの眼には眩しすぎたみたい。 光を選べばまだまだ面白く世の中を観ることはできる。

e0082981_22204984.jpg

e0082981_22211559.jpg

e0082981_22212537.jpg

e0082981_2221344.jpg

e0082981_22214322.jpg

e0082981_22215149.jpg

e0082981_22215919.jpg
〔 GXR | A12 28mm ・ RICOHFLEX // EKTAR 100 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-03-09 22:27 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)
GLANCE OF LENS 2011
土曜日の朝は嬉しいニアミス!新幹線のホームで元(?)ara_umiガールのR子と遭遇。
いまではすっかり堅気の仕事についている彼女はT京での研修なのだとか。
T京にはお昼頃に到着予定、いっしょにランチでも… と誘うも、軽くフラれる(笑) あ~あ、ara_umiさんも焼きが回ったぜ。

と云うことで、予定通り横木安良夫センセイの写真展『GLANCE OF LENS 2011』開催中の目黒を目指す。
こじんまりとしたギャラリー(ちょうどN潟の7人展が行なわれるガスホール程度の大きさ)に大小の作品がセンス良く飾られている。 今回の横木センセイのコンセプトはコンセプトが無いことなのだという(ご自身でも禅問答みたいと書かれているが)、確かにポートレート、花、ドキュメント、なにげない風景などが混在して作品が並んでいる。 しかし決して焦点が定まっていないわけではなく、全体を観終わるとちゃんと横木ワールドに浸って満足できる仕組みになっている。

13:00からオープンするこのギャラリーはこの日たぶんワタシが一番最初の客だったと思うが、ひと通り観終えて帰ろうと思ったところへ横木センセイが自転車に乗って登場!急遽ギャラリーに引き返す(笑) 昨年秋にRICOHのワークショップでお世話になったことなど話しながら少し作品の説明をしていただいたり、記念撮影に応じてもらったり嬉しい時間… R子にフラれてよかった(((笑々)))

e0082981_238458.jpg

e0082981_2391812.jpg

e0082981_2392877.jpg

e0082981_2394097.jpg

e0082981_239503.jpg

e0082981_239598.jpg

e0082981_2310945.jpg
〔 GXR | A12 28mm 〕

[PR]
by ara_umi | 2011-03-08 23:40 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)
When I Grow Too Old To Dream
「こんばんわ、吉田類です。 今日はネ、西巣鴨のディープな居酒屋サンへ行ってみたいと思います…」

という調子で始まる、世の呑兵衛御用達のTV番組 BS TBS 『吉田類の酒場放浪記』でも紹介された、西巣鴨やきとん高木。 ここも聞きしに勝るディープさでしたねぇ(笑)

e0082981_2329188.jpg

e0082981_23293281.jpg

e0082981_23294322.jpg

e0082981_2330362.jpg

e0082981_23301315.jpg

e0082981_23302443.jpg

e0082981_23303418.jpg
〔 GXR | A12 28mm 〕

TOKYO 弾丸ツアーの最後ミッションは、昨年のT京での仕事のコーディネートなどで世話になっておきながらずっとご無沙汰だったかつての学友S君と20数年ぶりに再会すること。 昨年は、やはり若き日に希望に燃えて共に勉学に励んだ(!?)F君とは久々の再会を叶えていたのだけれど、3人で会えば感慨もまたひとしお!

希望に燃えていた若き日に思い描いた姿とは3人とも少し違っていたかもしれないけれど、笑いと(笑い杉で?)涙の数時間…
[PR]
by ara_umi | 2011-03-06 23:31 | 小さな旅(帝都物語) | Comments(6)