カテゴリ:小さな旅(王国の私)( 19 )
勝利の美酒
遂にその日はやってきました。
念願のクラブ競技に初優勝!(もちろんハンデ戦ですが...)
銀行やら取引先などのコンペの優勝からも遠ざかって、はや数年。
「下手固め(へたがため:間違った練習を繰り返すためちっとも成果の上がらない練習)」
の繰り返しだったドライビングレンジで前週、突然『開眼!』

インスタートの前半は、お約束の(?)大叩きホールがあったものの、
全体的には無難に切り抜け、怒濤のアウトコースへ...

アウト前半はミスショットがナイス・ミス!?に化け、
後半に入ると微妙な距離のパットがどんどん入り出す!
「これは、来ているぜ!」感がありありと...(笑)

最終ホールはパー狙いの8.8mのパットを強打!!
3.2mの返しのパットをきわどく入れ返してボギー...
結果として、2位とは1打差、3位とも2打差の薄氷を踏むがごとくのWINでございました(笑)

歴代の優勝者のネームが彫られた大きなカップはクラブハウスのガラスケースに鎮座、
優勝者には銀座の老舗、宮本商行社製の銀杯がレプリカとして贈られる。

e0082981_23184962.jpg


で、この日の勝利の美酒は、ara_umi家初登場の"モヒート"

...最近どこかの酒販会社が流行らそうと企画しているらしく、よく見かける。
しかも、もうカクテルとして(炭酸で割るだけでよいように)製品として売っている。

首尾よく用意してあったライムやミントの葉を入れて「今日の勝利に乾杯!」(笑)
[PR]
by ara_umi | 2013-07-07 23:09 | 小さな旅(王国の私) | Comments(2)
GENIUS
2011年10月5日スティーブ・ジョブズ逝去。
今年になってiMacのユーザーになったMac歴の浅いワタシでも(iPodはずいぶん前から使っていますが)webを立ち上げた時に出てくるジョブズさんのポートレートを見れば「巨星落つ!」の感慨は風になってココロを通り過ぎる。

e0082981_2331262.jpg


何年か前にフランク・シナトラが亡くなったときはラジオから流れてきた『マイウェイ』を聴いたときに不覚にも涙したものですが、マイケル・ジャクソンのときはすぐには涙は出ずに、しばらくして『THIS IS IT』を観ながら(自分と同い年の)マイケルに感情移入してしまい遅ればせながら追悼の涙(笑)

果たして、Macを自由自在に扱えるようになってジョブズ先生の遺訓を感じ、涙する日は来るのでしょうか...
[PR]
by ara_umi | 2011-10-06 23:11 | 小さな旅(王国の私) | Comments(2)
SOMEBODY'S NIGHT
朝、某ホテルの駐車場に痛いトレーラーが数台、そうか、今日は王様がやって来る日だったのか!(ノーチェックだったけど) webでスケジュールを確認して日が沈む頃、県民会館まで… 夕方近くになっても仕事が終わらずに焦る(汗)

たとえばara_umiの好きなEC(Eric Clapton)などはただ好きということで、そのファンの人たちと話していても共通の話題という程度だが、この王様(E・YAZAWA)は違う! かの国の国民は全員使途となり、たえず伝道活動をしているのでファンの人と話しているだけで王様のオーラがその人を伝わって感じられ、かの国の民ではないこちらまで嬉しくなってしまう! 「あ~チケットが欲しかった!」

e0082981_23403574.jpg
  

from NIIGATA
e0082981_2341357.jpg


from TOKYO
e0082981_23411393.jpg

 
e0082981_23412390.jpg
            

from UNKNOWN
e0082981_23413157.jpg
            

from OSKA
e0082981_23414610.jpg
            

ride PAIN CAR?
e0082981_2341569.jpg
〔 R-D1s / SWC 15mmF4.5 AL | ULTRON 28mmF1.9 AL 〕

[PR]
by ara_umi | 2009-10-30 23:58 | 小さな旅(王国の私) | Comments(8)
忘却
銀色週間からだらだらと日々を過ごしているうちに、新潟国体が始まってしまう…  という話ではなくて、あるメモリアルな日を失念していた。 もっともこの日はある会合で夜は家に居なかったし、次の日も別の会合で深夜まで街を彷徨っていたおかげでそんな日のことは、とっくに忘却の彼方にあった。

今日は、毎年(義理で買ってねと)お声のかかる、ある取引業者の絨毯の展示会。2年前はここで「砂漠の薔薇」に出逢い、シアワセなひと時を過ごしたものだが、その後彼女は売れっ子になってしまい、この手のイベントにはあまり同行しなくなったのだとか… それはそれで彼女の成功なので寂しさ半分、応援の気持ち半分というところ。

e0082981_21521587.jpg

e0082981_21524398.jpg

e0082981_21525599.jpg

e0082981_2153589.jpg

e0082981_21531588.jpg

e0082981_21533047.jpg

e0082981_21533846.jpg
                        〔 GR DIGITAL II ・ R-D1s / U28 // E50 〕

今年はイスラムつながりということなのかトルキッシュなムードで(?)、N潟のオネーサン(カルチャースクールのインストラクターらしい)たちによるベリーダンス! これは、これで120%OKですけどね(笑)

  …ということで、忘却の彼方にあったメモリアルデー=25日で5年目に突入の「おれのほそ道」、 さらにユル~~~く継続する気持ちを断固宣言!?
[PR]
by ara_umi | 2009-09-28 22:29 | 小さな旅(王国の私) | Comments(16)
にいがたフォトセッション講 秋の陣 時間の国のara_umi
にいがたフォトセッション講 秋の陣 13:30の集合場所はなんと コ・ス・プ・レ ワンダーランド!

実は自分たちもここでフォトセッションをしたかったのである。新潟市の管理地であるこの施設の使用許可をもらうために事務局に掛け合うも「当日はコスプレ大会が入っているので不可」という返事、一緒に撮影させてもらえないかと更に頼んだが無理という返事だった。
ということであればコスプレ撮影会もフォトセッションのプログラムにしようと企んだが、さすがにコスプレーヤーのみなさんを前にすると(普段は怪しげに見える)社中のツワモノのみなさんも引きが入り(?)「港の錆びた船が撮りたい…」などと云いながらそそくさと港方面へ(笑)

15:00より予約していた(ナンチャッテ)スタジオへはここから徒歩で20分程度、ara_umiだけ車で行くので15分ほど余裕がある…

やっぱり撮ってみたい!という気持ちが沸々と湧いてきて 「すみませ~ん!撮らせてくださ~い!」(爆)

e0082981_21545321.jpg

e0082981_21552417.jpg

e0082981_21553646.jpg

e0082981_21555057.jpg

e0082981_2156180.jpg

e0082981_21561113.jpg

e0082981_21562126.jpg
              〔 GR DIGITAL II ・ K100Ds / FA43mmF1.9 ・ R-D1s / sumiccron50mmF2 〕

おぢさんは考え違いをしていました。 コスプレ=ヲタク=住む世界が違う人 という先入観で凝り固まっていましたが、非常に礼儀正しく明るいお嬢さん(遠くにはお兄さんもいましたが)たちで、想像力と企画力を駆使してワールドを創るという行為は、おぢさんたちが嬉々としてやっているフォトセッション講と同じだったということ! …そういえばおぢさんもやっていましたね(爆)

写真を撮りながら考えを改め、画を見返してこの世界を少し理解し、レタッチしながらブログにUPする頃にはニヤニヤウルウルしていた(危)
ここを後にした次の会場でヘンなカメラを見せられがらヤバイ菌が廻ったと思っていたが、ここでも芳しい菌に冒された気配!?

                       「このままでは、だめになってしまう …」

と思ってしまった貴方も、この日の主催者などのHPへは   ■□■    □■□  からGO!(爆)
[PR]
by ara_umi | 2008-11-10 22:44 | 小さな旅(王国の私) | Comments(10)
ぴょん [JUMP]
週末に新潟市の(やや地盤沈下気味の)繁華街、古町で開かれた商店街の振興イベント『古町どんどん』。この日ばかりは人が集まってくる不思議なイベント。街に出ればなにがしかの知り合いに逢えるはず…と雑踏を流す、まず妹の亭主と遭遇「昼飯でもどお?」などと誘いだし酒盛り(笑)、その後このイベントでは恒例の路上酒盛り会の連中と合流(通行人の冷ややかな視線が痛い)、最後はこの日2ステージ目の『王様ライブ』…ここでも王様フリークの友人が合流、酔った勢いで(!?)やんやの喝采(爆)
しかし、珍しく新潟フォトブロガーの皆さんとは遭遇できず…Yoshi-Aさんのレーダーにはサーチされていたらしいがニアミスで終わる。ケータイの着信履歴をあとで確認したら『王様』の1stステージを観ていた時間帯だったが…(残念!)

e0082981_20493346.jpg

e0082981_2050033.jpg

e0082981_20501159.jpg

e0082981_2050218.jpg

e0082981_20502956.jpg

e0082981_20503771.jpg

e0082981_20504815.jpg
                       〔 R-D1s / SUMMICRON 50/2 & ULTRON 28/1.9 〕

古町で酒びたりになったり、爆笑ライブを観ていた時間帯に群馬県で行なわれた女子プロゴルフ『SANKYOレディース』において新潟県出身の若手プロ若林舞衣子が初優勝!!!前週地元で開かれた『日本女子オープン』で応援ラウンドしてからファン度が急上昇していたので、結果を後から知って嬉しさ半分、TV観戦できなかった悔しさ半分。
[PR]
by ara_umi | 2008-10-13 21:30 | 小さな旅(王国の私) | Comments(14)
NEXT GOVERNMENT
2006年9月20日は、期せずして日本国とタイ王国において次の政権に関する事変があった。

日本では現首相の任期終了に伴うカレンダー通りの出来事。タイでは少しドラマチックな展開であったようであるが、ニュースを見るかぎりバンコクは平穏そうなので一安心。

e0082981_22562367.jpg
           バンコク // 王宮とワット・プラケオを警備するタイ軍(?)

e0082981_22563373.jpg
e0082981_22564357.jpg
e0082981_22565325.jpg
                バンコク // チャクリー宮殿の近衛兵交代式

        〔 2006.2.18 GR Digital スクウェアな画像は長手方向をトリミング 〕

         
          「次の政府が、それぞれの国民の幸福のために働けますように」
[PR]
by ara_umi | 2006-09-20 23:26 | 小さな旅(王国の私) | Comments(4)
気の合う二人?
知る人ぞ知る(?)私的オンライン・アルバム「おいかけて新潟」というものを現在製作中である。写真家、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の新潟のシーンをコピーして歩いているパロディ写真集(チョートク先生にはもちろん無許可、しかも完成間近かにして足踏み中(笑))であるが、先日書店でパラパラとめくった雑誌のシーンにも目が止まった。

2月にタイ王国まで滞在時間48時間のハード・ジャーニーをしてきたが、そこで撮った写真と「デジタル フォトテクニック」#008のレポート写真のロケ地が結構ニアミスしている。表紙と巻頭グラビアの“ユンソナ”にもクラッときて速攻でGET(笑)

「おいかけて新潟」は先にプロが撮影した写真があり、それのトレースだが、「デジタル フォトテクニック」のレポートはプロの写真家とバーチャル撮影旅行に行ったムード。

タイのシーンは本文54ページからのD200vsEOS5D特集で5Dに標準ズームを装着して写真家山田慎二がレポートしている。写真は13枚中5つのシーンでニアミス(?)していた(笑)。

e0082981_20341399.jpg
                  [バンコク/ワット・ルアン]

e0082981_20364532.jpg
                  [アユタヤ/ワット・ロカヤ・スタ]

e0082981_20382463.jpg
                [アユタヤ/ヴィハーン・プラ・モンコン・ポピット]

e0082981_20434596.jpg
                  [アユタヤ/ワット・プー・カオトーン]

e0082981_2045531.jpg
                    [バンコク/ワット・プラ・ケオ]
             《GR D レベル、アンシャープなどレタッチ 5枚とも》

「おいかけて新潟」もそうなのだが、手元に写真集や雑誌が無ければ、ただのスナップ写真以下(!?)というところが…ツライトコロ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-26 21:10 | 小さな旅(王国の私) | Comments(0)
お土産
3週間前のタイ旅行での出会いの中でara_umiが一番ココロ引かれたのはこの彼女。

e0082981_20533151.jpg
                GR D 〔ギンギンに(!)レタッチ&トリミング〕

ヒンドゥー教などではこのようなセクシーな女性の神さまは見たことがあるが、仏教でははじめてみた。この壁画のあるタイの王宮の中には彼女(?)のお友達(?)もいた。

e0082981_2103667.jpg
                         GR D 〔トリミング〕

えっ、尻尾がある!?しかも下半身はアニマル系??他にも下半身が鳥の彼女もいるようだが…

どうしても日本に連れて帰りたくて空港の売店でゲット(笑)

e0082981_21181561.jpg
                       D100 35mm/F2

600B(約1800円)ほどだったと思うが上品なお顔、下半身は動物系ではなかった(ほっ…)

e0082981_21223169.jpg
                       D100 35mm/F2

この女神さまをいただいたのは、バンコク(ドンムアン)空港で出国手続きを済ませたあとの売店だったので(値引交渉ができないエリアで、ばちあたりですが言い値での購入が残念!!)、当然に機内持込手荷物。トランジットのため韓国の仁川空港では一旦入国したわけだが、日本へ帰国するための再出国検査で案の定引っかかる(当然だと思った(笑))

高さ20cm程、鉛合金製。どう考えてもアブナイ…梱包を解いて仏像だと分かると仁川空港の女性職員は笑って通してくれたのでヨカッタけれど(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-12 21:42 | 小さな旅(王国の私) | Comments(2)
バンコクの夜 act.2
昨日の続き、2週間前の昨日の今頃はここに居てこの美しい女性たちに出合った。

e0082981_21322758.jpg

ロバート・キャパは緊迫した雰囲気を出すために「カメラを少しブラせ」と何かの本に書いていたが、この写真がブレているのは酔いと、慌ててただけ(アチャ~)

下着を並べていた夜店(前日のエントリ参照)を物色していたこのお嬢さんたちのことは「バンコクの娘」と思っていたが、後で写真を見返すと違うのかなぁ…

e0082981_2140318.jpg
        タイ式マッサージのオネーサン。タイの女性はみなスレンダーですね。
e0082981_21434372.jpg
           だんだんバンコクか新宿かわからなくなって……


気がついたら、女性が大勢いるクラブで一人で飲んでいた(同行者は皆!いつのまにか行方不明になった?)。しかたなく(?)タクシーでホテルまで帰り(仏陀に誓って本当です!)、ホテル脇のコンビニでいくつかの気になったモノをを購入。

e0082981_21505360.jpg
                     〔この写真のみトリミング〕

その中のひとつ、あちらのカップラーメンは美女やイケメン君がパッケージになっていて、束の間のランデブーが楽しめる(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-05 22:08 | 小さな旅(王国の私) | Comments(8)