カテゴリ:小さな旅(荒浪観望)( 31 )
T滑土管坂は遠かった
秋の旅行第2弾、こちらは5年も前から計画されていた巡礼の旅。
3日間にわたる巡礼を終え、帰りの空路=セントレアへ着く前に常滑の土管坂が観たかった。

しかし、ワタシ以外の15名は「もうこれ以上歩きたく無い!」などと軟弱なことを云ってだだをこね、
向こうでチャーターした観光バスのスタッフも、「それならいい処がありまっせ!?」などと嬉しそうに
たぶん紹介マージンが取れるのだろう“めんたいパーク”などというショッピングセンターへハンドルを切った...orz


e0082981_033969.jpg

e0082981_045193.jpg

e0082981_05513.jpg

e0082981_05192.jpg

e0082981_052745.jpg

e0082981_05431.jpg

e0082981_055853.jpg
〔 GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO 〕


土管坂へ行く(はずだった)前に立ち寄ったINAXのミュージアムで、ワタシのココロを鷲掴みにした陶器の数々(笑)

是非、水洗便器にして復活させていただきたい!
[PR]
by ara_umi | 2013-11-10 23:11 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
Aストーム
週末は昨年の爆弾低気圧並みの荒れ模様が予想されていた。
越後地方は昨年ほどの被害は無かったかもしれないが、それなりに荒れる。
週があけて天気は回復したけれど、吹き返しの風つよし。

海岸道路を走ると、夕日に照らされた風紋が美しい。
先週末に開花したらしいサクラを撮るためにレンズをセレクトして、
バックシートに積んでおいたカメラを潮風にさらす。

N潟のサクラの見ごろは週の後半でしょうか...

e0082981_2344013.jpg

e0082981_2352695.jpg

e0082981_2353993.jpg

e0082981_2355347.jpg

e0082981_236533.jpg

e0082981_2361891.jpg

e0082981_2362688.jpg
〔 GXR / A12 MOUNT | Elmarit 90mm F2.8 || A12 28mm F2.5 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-04-08 23:10 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(2)
小正月
昨年のクリスマスに我が家に届いたPENTAX Q & K MOUNT ADAPTER。
撮像素子の小さいQは35mm換算で5.5倍の焦点距離になるのでPlanar50mmは275mm。
スナップしか撮らないのでそれでも持て余すのに、大砲が欲しくなりオークションで捨て値の200mmをゲット!
さすがにカビが酷かったのでH間カメラでOH... 見違えったけれど、捨て値は正価になってしまった(泣)

e0082981_23311949.jpg

e0082981_23314497.jpg

e0082981_2332398.jpg

e0082981_23321723.jpg

e0082981_23323661.jpg

e0082981_23324830.jpg

e0082981_2333366.jpg
〔 M3 | UWH 12/5.6 ・ Q | 01 8.5/1.9 | SMC PENTAX-M 200/4 〕

[PR]
by ara_umi | 2013-01-15 23:33 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
後手
海岸道路を走っていたら、防波堤にあたって砕ける浪に光線が当たって虹がみえた。 浪自体はそれほど大きくないけれど、プリズムになることは珍しかったので車を止めてしばし待つも、ふたたび顕われることはなかった。

久しぶりにカメラを持ち出してクルマを走らせたけれど、市内の雪は融けはじめるし(生活的にはありがたいことなのですが)撮りたかったあの景色も今は何処という感じで万事ゴテゴテ…(泣)

e0082981_014105.jpg

e0082981_0144046.jpg

e0082981_0145015.jpg

e0082981_0145970.jpg

e0082981_0151085.jpg

e0082981_0151970.jpg

e0082981_0152947.jpg
〔 K20D | DA21mmF3.2AL Ltd. 〕


被害に会っている方々にはたいへん申し訳ありませんが、火山の噴火や豪雪に埋もれるムラなどが美しいことは残酷ですね。
[PR]
by ara_umi | 2011-02-01 23:58 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(0)
台風一過
  「 むざむやな 冑の下の きりぎりす 」

これは松尾芭蕉が『奥の細道』の道程の小松で、木曾義仲との戦に敗れた斎藤実盛の甲冑を見て詠んだ句と云われているが、ara_umi的にこの句はなんといっても、横溝=市川=石坂金田一の黄金トリオによる映画『獄門島』のなかで事件のキーになる俳句3首の内のひとつとして印象に残っている。

この句は戦争に供出された寺の釣鐘が(獄門)島に戻ってきて、仮置きされた場所で起こる殺人事件のプロップとして使われているのだが、映画の中でのトリックの材料として女歌舞伎『娘道成寺』で使われた張子の釣鐘も映画の中では重要なプロップとなっている。

で、何が「台風一過」でなにが「むざむやな…」の句かというと、このたびの台風18号で新潟市における被害の中で視覚的に一番インパクトがあった映像が『水と土の芸術祭2009』作品NO.18「Water Front在水一方」という竹で編んだ巨大な鳥かごがペシャンコになったものであったが、その様子が海に捨てられた張子の釣鐘を連想させ、自然に「むざむやな 冑の下の きりぎりす」と句が出てきた(しかも佐分利信演ずる了然和尚の口調で)ときは我ながら呆れた…という話(笑)

e0082981_945680.jpg

e0082981_943012.jpg

e0082981_95486.jpg

e0082981_95149.jpg

e0082981_952414.jpg

e0082981_954370.jpg

e0082981_953347.jpg
                       〔 R-D1s | U28 / E50 ・ GR DIGITAL II with GW-1 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-10-09 23:58 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(6)
天気晴朗ナレド浪高シ
海岸道路を2往復、午前と午後では波の大きさが違ったが(午前中は午後の2倍の大きさだったがカメラを持っていなかった…orz)午後は少し時間の余裕もあったので久々の荒海ウォッチング。寄せては返す浪は観ていて飽きない。

e0082981_085813.jpg

e0082981_092643.jpg

e0082981_093679.jpg

e0082981_095017.jpg

e0082981_0100100.jpg

e0082981_0101091.jpg

e0082981_0102071.jpg
                             〔 K20D / DA50-200mm F4-5.6ED 〕

本物の浪は観ていて飽きないのだけれど、同じような画ばかりみせられるのはすぐに飽きそうですね(汗)
[PR]
by ara_umi | 2009-05-15 23:59 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
祝!WBC V2!!
いやいや… 遂に勝ちましたね!  日○○○ が、朝●● に…!!   ○は勝ち星ぢゃないよ!?(笑) 


日馬富士が朝青龍に勝ったという話。 そういえば、WBCもベースボールの発祥の地で異国の民族どうしが最高優勝を争っていたわけだ。 相撲も日本の国技などと云いながら、日本人力士の低迷は目を覆うばかり…「●●回目の角番…」などという数字は不名誉な記録でしかないのだ! 相撲も野球もきっちりと稽古をしてきた者だけがその高みに辿り着けるということ。

しかし、最後はやっぱりイチロー!! 本人も最後の打席は「いろいろと思いが巡った…」と回想していたけれど、突然天才のスイッチが入ったが如く、すべてのストライクはバットに当ててファールで逃げて、ヒットにした球もご丁寧に外野席の中継カメラに向かって弾き返し、TVで観戦していた我々にボールのアップまで見せてタイムリーヒットを確信させる演出までやってのけ(?)映画のクライマックスシーンを観ているようだった…(溜息)

e0082981_2322060.jpg

e0082981_23222983.jpg

e0082981_23224341.jpg

e0082981_23225363.jpg

e0082981_2323683.jpg

e0082981_23232073.jpg

e0082981_23233239.jpg
               〔 GX100 with DW-6 ・ R-D1s / SUMMICRON 35mm F2 & ELMARIT 90mm F2.8 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-03-24 23:51 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(6)
2月の海
昨日はヤバイモノを手にとってしまった。こんなシリーズが発売されることは知らなかったのに書店に引き込まれてしまったのは運命か!?(笑) 
007「ジェームズ・ボンド公式DVDコレクション」全22作 お約束の第1回配本は特別価格でバーゲンプライス790円(2巻目以降は1990円)のショーン・コネリー「ゴールドフィンガー」 もうはまりましたね(笑々) ボンドカー(アストン・マーチンDB5)にも、ボンドガール(プッシー・ガロア=オナー・ブラックマン)にも、「ボンド、ジェームズ・ボンド」と名乗る若山弦蔵の吹き替えにも…

ara_umi的にはリアルタイムで観ていた『007』はバブリィーな(?)ロジャー・ムーア版からなのだけれど、本家(?)ショーン・コネリーから6代目ボンド、ダニエル・クレイグまで全部揃えなくてはという気にさせるように仕組まれている(?)配本構成をPCの前で見ながら、年間購読申込みのクリックをしようとする右手を押える(冷静な)左手(笑)

e0082981_0162925.jpg

e0082981_017397.jpg

e0082981_0172031.jpg

e0082981_0174048.jpg

e0082981_0175529.jpg

e0082981_018824.jpg

e0082981_0185838.jpg

e0082981_020740.jpg
                       〔 GR DIGITAL II [2009.2.10] ・ CAPLIO GX100 [2009.2.17] 〕
[PR]
by ara_umi | 2009-02-20 00:07 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(10)
流木ノココロ [今日の荒浪 080401]
昨夜の大浪で打ち上げられたのであろうか、相当の大木である。
根元が大きく曲がっているので雪国の斜面に生えていたのだろう、
背中にある半円形の欠き込みは、かつて梁として組合わされ家を支えていたのか。
根元の焦げ跡は火事か、それとも一度流木となった後何処かの浜で焚き火に…

「オレはこのままこの国の国土交通省の処理班によって廃棄処分(チップか?)されてしまうのか…
あの日佐渡島へ烏賊ソーメンを食べに行かなければ、今頃津軽海峡を抜けイチローのいるシアトル
を目指して太平洋を泳いでいたはずだったのに…」

e0082981_2225611.jpg


e0082981_22253836.jpg


e0082981_22255081.jpg


e0082981_2226062.jpg
                        〔 CAPLOI GX100 〕

エイプリルフールの今日は全国的に季節はずれの空模様、新潟の空は春の日差しだったが、風は強く浪も少々。

                     本日の荒浪 番付は前頭二桁 かな…
[PR]
by ara_umi | 2008-04-01 22:31 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(12)
真冬のサーファー [今日の荒浪080113]

     ♪ 真冬のサーファーはまるで カラスの群れのようさ… ♪

「しっかし、波来ねぇなぁ~」(Shichirigahama080105)
e0082981_21371823.jpg

カラスしかいませんが…(Niigata080113)
e0082981_21374553.jpg

この冬一番の冷え込みでようやく新潟の冬らしくなる。波もまずまず高くなり今季初の荒浪ウォッチング。
この海岸のある中央区では道に雪は無かったのだけれど、河口のトンネルをくぐって東区へ渡ると僅か
な雪が踏み固められ、折からの低温でミラーバーンに!こちらも今季初の雪道がいきなりミラーバーン
というのも…(怖)

e0082981_21375933.jpg


e0082981_21381281.jpg


e0082981_21382479.jpg


e0082981_21383743.jpg


e0082981_21384969.jpg
               〔 K100Ds 50/1.4(1)  D100 VR24-120/3.5-5.6(2~7) 〕

         今日の荒浪、番付は前頭筆頭。波に飢えている湘南のサーファーの皆さまも是非!(笑)
[PR]
by ara_umi | 2008-01-13 22:05 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(10)