<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧
今日の荒海(弥生31日目)
東京では桜も満開。お花見の便りも届いているが、こちらはやっと梅がちらほら程度。一昨日の天候の急降下以来海も荒れっぱなし。

e0082981_18214963.jpg
                       〔with GW-1〕
波消しブロックに当たって砕ける浪飛沫はダイナマイトの発破(しかもスローモーション)に見える。それが連続して繰り返されるので見ていて飽きない。
e0082981_1823317.jpg
                        〔with GW-1〕
e0082981_18234992.jpg
                       〔with GW-1〕
e0082981_1824366.jpg

家からわりと近いこの海岸へは初めて浪を見に行った。
防波堤を浪が乗り越えてくるナイスな(?)スポットだっだ(笑)

今日の荒海、番付は 「関脇(しかし13勝2敗(笑))」
[PR]
by ara_umi | 2006-03-31 20:46 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
今日の荒海(弥生29日目)
天気予報もほぼ当たり、朝から寒い。ラジオで佐渡汽船○○便欠航のアナウンスを聞く。
「今日は浪が高いのか…」 (…で、もうよからぬ事を考えている)

e0082981_21203116.jpg
 
                     沖の浪で6mくらいか

e0082981_21215229.jpg
                
              日差しが春だ、海面に写る影が春だ、春の荒浪だ

e0082981_21244249.jpg
             
            でも、実際に見た浪の中では今年一番だったかも…

 
            今日の荒海、番付は 「横綱(しかし13勝2敗(笑))」


【あっけなく2勝目】
26日の日曜日に全国47都道府県の中で最後に選抜高校野球で初勝利を収めた新潟県代表、日本文理高校がナイトゲームになった今日の第4試合で破竹の!?二連勝!!(やった~)でも熱戦を繰り広げた前の3試合6校が相手でなくてよかった(?)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-29 21:47 | 小さな旅(荒浪観望) | Comments(4)
まだつぼみ
今日は日中は20℃近くまで気温も上がり暖かだった。夕方になって急に寒くなり、明日はまた雪の予報。どーなっているのかね…
e0082981_20232770.jpg
きのう家の玄関の前で咲き始めたクロッカス。昨年の夏にここにクロッカスが植えてあることなど忘れて、拾ってきた(?)石を置いてしまったので「根性クロッカス」になってしまった(泣き笑)


GRブログのTBを見ていると桜開花の写真が増えてきた。こちらはどのくらいつぼみが膨らんだのかと思い、ちょっと寄り道。
e0082981_20273091.jpg
                     まだまだつぼみは固い。
e0082981_20323727.jpg
今日のエントリはTB企画用ではないが所在を明らかにしなくてはつながりが見えなくなる。
3月28日 新潟市 鳥屋野潟(潟の向こうに見えるのは新潟スタジアム
[PR]
by ara_umi | 2006-03-28 20:41 | 小さな旅 | Comments(0)
にいがた 酒の陣 人の巻
昨夜より体がだるく、寒気がしたり、胃ももたれ気味…今朝一番に近くのドクターに見てもらうと「感冒性の胃腸炎だね、流行っているのかな今朝はアンタで3人目だよ」などと言われる。「酒の陣の前後は7日間で6日ほど飲み会が続いた」ともいえず…(汗)

酒の陣、酒~肴ときて今日は人。大勢の人でごった返している。私もブログでさんざん宣伝しておきながら、これ以上人が増えると試飲場が混みすぎて困るなぁという気にも(笑)
e0082981_18413530.jpg

会場の左半分はイス・テーブルが用意され有料の酒や肴を楽しむところ。毎日一回ずつ新潟芸妓のおどりつき。

e0082981_18415878.jpg
           最初に(この酒だけは一回しか試飲できない)「越淡麗」から飲る
              (いきなりスタッフの娘がかわいくてびっくり!!)
e0082981_18421921.jpg
            こちらは佐渡島「真野鶴」のお姐さん。つい杯が重なる!?
e0082981_18423593.jpg
   新潟芸妓、柳都の琴絵さん。おどりのあとの撮影会、このあとお酌に廻ったらしいが…


e0082981_20281689.jpg

e0082981_20282919.jpg
たまたま新潟港に休養のために寄港中のフリゲート艦ゲアリーの水兵さん(ジャイアンツのファンだと流暢な日本語で話してくれた)

ビジネスマンやNOVAの先生など新潟在住の外国人の姿も多かった。みな上手に日本酒を楽しんでいた。
e0082981_20284142.jpg
日曜日の午後(WBCセミファイナルで韓国に勝利のアナウンスがあったころ)、ここまでほとんど立って飲んでいるわけだがつま先まで酒が廻っているのがよくわかった(笑)

というあたりで 「にいがた酒の陣」 の章はまた来年!! 「あぁ 、酔った 酔った」
[PR]
by ara_umi | 2006-03-27 20:44 | 小さな旅 | Comments(4)
にいがた 酒の陣 肴の巻
きのうの続き、旨い酒には旨い肴がなくてはならない。にいがた酒の陣の会場にも手ごろな価格で酒によく合う肴が用意されていた。

e0082981_17373733.jpg

小嶋屋総本店の「へぎそば」。つなぎにふのりを使ったのど越しさわやかな蕎麦、へぎという入れ物に一口分に分けて盛られるのが特徴。

「にいがた酒の陣」初日はぐう☆せんめいさんご一行様とプチオフ会ということでこのあと河岸を変えて飲む予定、「鮭の酒びたし」や「海老しんじょう」などおすすめしたい料理もあったが、適当なところでストップ!

新潟駅前にあるara_umiお気に入りの大衆割烹(居酒屋と紹介したら店主に大衆割烹であると改めさせられた)「河童」看板に“旨いと評判の店”などと書いてある、そういうのは好きではないが間違いはない(笑)
e0082981_17481117.jpg

         「刺身盛り」そろそろ寒鰤も終わりか、水蛸はまだまだ美味しい。

e0082981_17483090.jpg

                佐渡島特産の「えご」海草を固めたもの。

e0082981_17484621.jpg

栃尾名物「栃尾ジャンボ揚げ」大きな油揚げを焼いて食べる。葱味噌や納豆を挟んで焼いても美味しい。
e0082981_1749093.jpg
焼き魚「イシモチ」手前がぐう☆さん、奥はぐう☆さんの奥様、そしてara_umiの3人で料理が出るたびに写真を撮る。変な客だと思っただろう(笑)


明けて「にいがた酒の陣」2日目。再び会場に現れたara_umiは料亭一〆の「越の錦鍋」、とん八「新潟バーガー」そして漁業協同組合が一皿100円で並べていた「赤ひげ」の塩辛、「ゆで南蛮海老」を注文。
e0082981_18212055.jpg
南蛮海老(甘海老の新潟風の呼び名)をゆでて食べることは初めてだったが、「赤ひげ」の塩辛が絶妙だった。赤ひげは桜海老のような小さな海老で阿賀野川河口で獲れる冬の珍味である。獲れる量が決まっているので普通料理店くらいでしか口に出来ないが、ara_umi家はマニアックなルートがあり(笑)正月には塩辛を漬ける。

しかし、この時期はもう「赤ひげ」は終わっているはずなのだが…殻の柔らかさ塩加減ともに絶妙で、下に見える冬菜「女池菜(めいけな)」の甘苦い味との絡みは酒飲みのツボを完璧に抑えている。

この「赤ひげ」の皿を片手に試飲コーナーを廻っている御仁もいたりして思わず「通ですね~っ」と声をかけてしまった(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-25 18:57 | 小さな旅 | Comments(4)
にいがた 酒の陣 酒の巻
先週末の「にいがた酒の陣」には県内酒造組合加盟のの蔵元92蔵が出店。その他究極の酒米『越淡麗』の試飲所、醸造試験所のコーナーなどがあり、そのすべては2日間通しで1000円の試飲券で堪能できる。私は2日間で32蔵、60数銘柄の試飲をした(酔)

e0082981_1825611.jpg

e0082981_1825314.jpg

e0082981_1825435.jpg

<上>なぜか最初に足が向いた「スキー正宗」武蔵野酒造(上越市)いかにもスキー発祥の地
    越後高田らしいネーミング

<中>人だかりが一番多かった「〆張鶴」宮尾酒造(村上市)皆さん大吟醸ばかり注文していた
    が私は純米酒のほうが好み(これはどの銘柄でもだいたいそのようだ)

<下>このピンクの濁り酒にココロ引かれる(笑)麹が自然に出す色なのだそうで2か月たつと
    色も変わってしまうという。バレンタインデーから花見にかけての期間限定酒。「鮎のさく
    ら色酒」鮎正宗酒造(上越市)


どの蔵元の酒もみな旨い。そして各蔵元とも自分の酒にこだわりと自身を持っている。水にこだわり仕込み水を準備して酒とともに試飲させる蔵元も多かった。なるほど酒もほとんどは水であるわけだから、仕込み水とその水で出来た酒は親子兄弟の関係だ。先に仕込み水を口にすると酒はやさしくのどを通った。

e0082981_21484429.jpg

e0082981_21491315.jpg

e0082981_21492758.jpg


<上>アルコール共和国=佐渡島の「北雪」北雪酒造(佐渡市)鬼ころし(その酒蔵でいちばん
    辛口の酒)に始まり純米酒まで2日間とも通ってしまう。

<中>「甕覗(かめのぞき)」マスカガミ(加茂市)味も良いがその容器の性格上つい一升単位
    で飲んでしまうアブナイ酒(笑)ポスターにもあるが「今年の花見はこれで決まり!」確か
    我が家にも甕だけは残っていたはず。ビン入りの「甕覗」を買えばOK(笑)

<下>新潟で一番全国的にメジャーな酒「吉乃川」吉乃川(長岡市)ソメイヨシノが待っている。


有名なところから30銘柄ほど試飲(?)できたが、まだ60蔵ほど残っている。来年以降も参加するとしても今回飲んだ蔵元ではずせない処は必ずある、すべてを制覇できるのは何年後になるのだろう(笑)

今回の写真はすべて片手撮り(もう片方の手には猪口を持っていたため!)ブレはご容赦(酔)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-24 22:08 | 小さな旅 | Comments(2)
絵になる荒海
いつもは完全アウトドアで荒浪ウオッチングをしているが、インドアからぬくぬくと観察できるスポットもある。以前のエントリでも紹介したことがある信濃川河口下を通るトンネルの排気施設。
e0082981_23133685.jpg
        入船みなとタワー7階展望室=全面ガラス張りで日本海が一望できる。

e0082981_23202282.jpg
        この額に入った絵のように見える景色は、展望室下階の休憩ラウンジ。



【こっそり(?)イケン】
GRブログの「あったかーい」ものというTB企画も締め切られ、今は「桜」の長期TB企画が募集されている、以前にどなたかも意見していたが4月いっぱいで締め切りというのはいかにも残念だ。確かに気象庁などの発表によれば本州のほとんどは4月中に開花予想が出ているが(この時点で北海道が圏外なのは明白)、桜の満開は開花から1週間ほどあとであるし、開花予想の木はたいていその地域で一番最初に咲く木の場合が多い(はず)。感覚的に東北地方のそれほど北でない場所でもゴールデンウイークに花見の宴を開いているところもあった気もする。

北国に住む者の気分としては、桜が咲く=(遅い)春が来るという事で特にウレシイ、だから桜が満開なのにTB出来ないというのは寂しい気がする(私のところは充分に間に合うのだけれど)。リコーさ~ん!いつもの(?)太っ腹で延長してみてはいかがでしょうかねぇ…北海道の桜も見たいし…

これも何人もの方が提案しているが、TB企画に限って参加エントリだけをTBするというマナーには賛成!!



【3月24日追記】
2枚目の写真が(チョット)評判がよかったので一枚追加。フラッシュを焚いて目で見た感じにしたかった、閃光の映り込みがちょうど水平線にきて太陽に見える(?)。

e0082981_86767.jpg


白い太陽は夕日というより朝日か、であれば

「西から昇ったお日様が♪ 東~ぃへ沈~ぅむ~♪」という“あの”歌に…(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-22 23:47 | 小さな旅 | Comments(6)
今日の「あったかい」
今日は「あったかい」を越えてココロが「熱く」なる出来事があった。いわずと知れたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝で日本が強敵キューバを下し優勝!世界一になったから!!
オール・ジャパンの皆さんおめでとうございました、そしてありがとうございました!!

セミファイナルで韓国に勝ったときは「にいがた酒の陣」の会場でアナウンスがあり約1万人ほどいたいた(はず)の酔っ払いと一緒に歓喜の万歳をしたが、今日の朗報を耳にしたのはゴルフ場の浴室でのことだった。家に帰って同じニュースを何度も見ては星飛雄馬のように涙を流しながら「俺は今モーレツに感動している!」の言葉を連呼したのだった!?

で、今日の「あったかい」は昨夜のゴルフ前夜祭(?)から始まる。

e0082981_2225910.jpg

e0082981_22201846.jpg
とある料理店(今年のゴルフ幹事推薦の店、ara_umiも以前に行ったこと有)、5000円飲み放題のコースの割りに料理の質が高く人気の店。炭火を使った焼物の七輪=あったかいが、これはTB企画へのエントリーではない。
e0082981_22261149.jpg
蟹甲羅酒、これもあったかい。しかもやめられない(笑)何度も酒を注ぎ足しては出汁が出なくなるまで飲り続ける。しかし、これもエントリーではない。

明けて21日は春分の日、今期のゴルフ開幕日。しかし寒かった、昨年7月に頚椎椎間板ヘルニアを患ってから数ヶ月ぶりのコース。最高気温8℃くらいだったろうか、風も冷たく東京では桜の開花宣言もあったようだが、こちらはまだまだ春は遠い??

e0082981_22345616.jpg
紫雲ゴルフ倶楽部 加治川コース 15thホール。フラットな林間コースなのだが、フェアウェイのすぐ脇まで松林が迫っているので球を曲げるのはNG。今期初めてのゴルフの割りに皆さん調子がよくここまで割りとフェアウェイをキープ。しかしここへ来てやっと(?)林に打ち込んでくれるプレイヤー現る、林に打ち込めば当然に球を捜しに行かなくてはならない。私はこれを待っていた。

e0082981_2241361.jpg
                        「あったかい?」


                ( … ひゅ~~    やっぱり寒かった… )
[PR]
by ara_umi | 2006-03-21 22:45 | 小さな旅 | Comments(4)
にいがた 酒の陣 「あったか~い」の巻
GRブログのTB企画は「あったかーい」だが、そもそも“あったか~い”という言い方はコカコーラの自販機でホットコーヒーの下に書いてあったのが最初ではなかったか…現在他の会社の自販機を見ても“あたたか~い”とか“HOT”とか書いてあって“あったか~い”はコカコーラが独占して使っているようにも見える。

週末に2日連続で参戦(?)してきた“にいがた 酒の陣”でも“あったか~い”酒と“つめた~い”酒が用意されていた。このイベントの趣旨は酒本来の旨みを味わうことであるから、冷酒の割合か多いのはしかたないが、酒を日常的に味わう場合、燗酒ははずすことは出来ない。

e0082981_2275499.jpg

      全国的には“久保田”で有名な「朝日山」(長岡市)ara_umiが買って飲む酒

e0082981_228197.jpg

              地元では知る人ぞ知る銘酒「緑川」(魚沼市)

e0082981_228468.jpg
     
              「狐の嫁入り」祭が有名な「麒麟山」(阿賀市)

e0082981_22195873.jpg


         良寛禅師ゆかりの地「和楽互尊」の池浦酒造。お銚子が渋い


いずれも「燗酒に価値観あり」というスタンス。しかし、「レンジでチン!ではイカン、湯せんにかけてこその燗酒である!」ということをとうとうと語られてしまった(あったか~い)

ということで、今回のTB企画「あったかーい」にはこの一枚をエントリーします。

e0082981_2227174.jpg


上の写真にもあるが魚沼市(旧小出町)緑川の燗酒。写真ではあるが鮎の炉辺焼きの映像が良く似合う。去年立ち寄った男山ヤナバのすぐ近くの醸造元。

湯せんで燗をしている金属性の容器をチロリという(らしい)が、オヤジが通う居酒屋ではアルマイトの容器が一般的、しかし本格的には錫製なのだという。しかも錫製の物は4~5万円するとかでもう少し求めやすく銅製のものを金属食器の町燕市で誂えて4~5千円におさえて販売中!

「その心意気やよし!!」

「今日もあったかいの、もう一杯!!」
[PR]
by ara_umi | 2006-03-20 22:52 | 小さな旅 | Comments(4)
にいがた 酒の陣 (初日)
行ってきました『にいがた 酒の陣』(第一日目)酒も美味かったし料理も美味かった。ぐう☆せんめいさん(超ナイスなアニキ)にも逢えてうれしかった!

e0082981_222329.jpg

e0082981_22232437.jpg

e0082981_22234157.jpg


今日は(も?)酔っぱらっているので簡潔に(?)

上)にいがた 酒の陣 会場(大入り)

中)ぐう☆せんめい さん’s レッドGRD&ブラックGRD(GW-1付)

下)打上げ会(?)で寄ったara_umi推薦の居酒屋大衆割烹の〆に食べた寿司(美味かった)


続きはまた明日(以降)
[PR]
by ara_umi | 2006-03-18 22:38 | 小さな旅 | Comments(4)