<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
今日の路地 #002
「ワン、ツー、ワン、ツー♪旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~♪」ということで、GRDスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」へのオマージュを探す旅に出る。いつもの路地なのに“探す”のは少々つじつまがあわないが…(笑)

e0082981_2033554.jpg

e0082981_2041619.jpg
                 [新潟市(詳細はヒミツ) 2006.4.29]

今日の路地#002は市街地、しかもara_umiの実家付近(だからヒミツ(笑))街の中心部にある住宅街だが、この小路だけ舗装されていない貴重な路。この付近は車の通れないような小路が多く、どの小路でも住民は庭代りに植木鉢などを並べている。しかし、街中にある小路の中ではこの小路が一番趣があるのではないか…

e0082981_21125734.jpg

e0082981_21133060.jpg

この小路の住人はみな意識が高く(誰かがやり始めたので引っ込みがつかなくなったのか)どの家も緑を大切にしていて、小路全体が都市の中の異次元区間のようになっていた。
さりげなく玄関前に置かれた野仏もスズランの花が咲く頃には野に帰れるのだろうか…

〔レベル、コントラスト、アンシャープマスク、レタッチ 4枚とも〕
[PR]
by ara_umi | 2006-04-30 21:26 | 小さな旅 | Comments(4)
mottomitai???
過日、あるブログのエントリがGRブログにTBされた。なかなかイ~感じだったが(?)ara_umiの予想通り(??)翌朝にはそのエントリは消滅していた(笑)

e0082981_236378.jpg
                      「どこでも ドア~!」

               じゃないけれど「ポチッ」をすると飛びます(笑)

その名も【とめ~ろ研究所】万人向けではないが(?)「美しい」「楽しい」「一寸(?)H」なところが好きだ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-28 23:17 | 小さな旅 | Comments(6)
mottainai
日本が世界に誇るひとつのことば「もったいない」はいまや国際語になろうとしているとか、日本ではもしかすると死語になるのかもしれないけれど…
ara_umiはいまだに「ご飯を残すのはもったいない」という先人の教えを忠実に守り(?)成長中(笑)

e0082981_22514756.jpg


今日、NHK7時のニュースの気象情報のコーナーでara_umiお気に入りの半井小絵(なからいさえ)キャスターが東北の桜の開花情報をとりあげていた。弘前の桜はゴールデンウィーク後半に満開、北海道はそのあととのこと。やっぱり長期TB企画「桜」!を今月いっぱいで締め切るのは「もったいない」

ちなみに、同番組の週末だけに登場する(松田聖子似の)山本志織キャスターもいいんです(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-28 22:59 | 小さな旅 | Comments(0)
気の合う二人?
知る人ぞ知る(?)私的オンライン・アルバム「おいかけて新潟」というものを現在製作中である。写真家、田中長徳の写真集「ウィーン・ニューヨーク・新潟」の新潟のシーンをコピーして歩いているパロディ写真集(チョートク先生にはもちろん無許可、しかも完成間近かにして足踏み中(笑))であるが、先日書店でパラパラとめくった雑誌のシーンにも目が止まった。

2月にタイ王国まで滞在時間48時間のハード・ジャーニーをしてきたが、そこで撮った写真と「デジタル フォトテクニック」#008のレポート写真のロケ地が結構ニアミスしている。表紙と巻頭グラビアの“ユンソナ”にもクラッときて速攻でGET(笑)

「おいかけて新潟」は先にプロが撮影した写真があり、それのトレースだが、「デジタル フォトテクニック」のレポートはプロの写真家とバーチャル撮影旅行に行ったムード。

タイのシーンは本文54ページからのD200vsEOS5D特集で5Dに標準ズームを装着して写真家山田慎二がレポートしている。写真は13枚中5つのシーンでニアミス(?)していた(笑)。

e0082981_20341399.jpg
                  [バンコク/ワット・ルアン]

e0082981_20364532.jpg
                  [アユタヤ/ワット・ロカヤ・スタ]

e0082981_20382463.jpg
                [アユタヤ/ヴィハーン・プラ・モンコン・ポピット]

e0082981_20434596.jpg
                  [アユタヤ/ワット・プー・カオトーン]

e0082981_2045531.jpg
                    [バンコク/ワット・プラ・ケオ]
             《GR D レベル、アンシャープなどレタッチ 5枚とも》

「おいかけて新潟」もそうなのだが、手元に写真集や雑誌が無ければ、ただのスナップ写真以下(!?)というところが…ツライトコロ(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-26 21:10 | 小さな旅(王国の私) | Comments(0)
今日の路地 #001
「旅の入り口はぁ~ 歩いてこない、だ~から歩いてゆくんだねぇ~」ということで、GRDスペシャルカタログの銘コピー「いつもの路地が、旅の入り口になる。」へのオマージュを探す旅に出る。
いつもの路地なのに“探す”のは少々つじつまがあわないが…(笑)

e0082981_2014330.jpg
                [新潟市高森(旧豊栄市) 2006.4.25]

新潟市周辺の農村は集落地として田んぼの真ん中の少し地盤の良いところにあることが多い。そのような集落の道は直線ということは少ない。緩やかに曲がった道なりに垣根が連なり、ara_umi的には充分に旅を感じる(笑)

e0082981_20133647.jpg

e0082981_201356100.jpg

ここ一月ほど仕事で通う地区、新潟の市街地のはずれにあるara_uimの会社からクルマで20分程の場所だが、町並みはまるでちがう。
この地の鎮守の神社の境内では遊んでいる小学生が多くいた!!
写真を撮っている私に「なにしてるの~」と聞いてくる(素直)すかさずカメラを向けると
「わぁ~~っ」といって逃げていった(この辺は親の教育か…(笑))
[PR]
by ara_umi | 2006-04-25 20:26 | 小さな旅 | Comments(0)
4月ノヨゾラ
“日々旅にして旅を栖としたく”しかも“いつもの路地さえも旅の入り口にしてくれる”カメラを手にしていても、興味深い出来事が向こうからやって来るわけではなく、とにかく自分の感覚を無邪気でかつ、敏感にしておかなければ旅の景色は見えない(笑)

e0082981_23151215.jpg
           GR D with GW-1  f5.6 SS30sec. ISO64 WB:A

今日は昼前から突然風が強くなりだし、満開を過ぎた桜をあっという間に散らしてしまう。おまけに黄砂と土埃が一緒に舞い上がり、なんだかすごい天気だった。夕方になって空を見ると黄砂の影響か街明かりもにじんで見える。写真に撮ると面白く写るのかと思い、近所のスーパーマーケットの屋上より市街地方面を撮る…

「流石のGRDでも黄砂までは写らないか…」って云うより完全な企画倒れ(笑)
「えぇぃ!今日は引き分けだぁ!!(笑)」
[PR]
by ara_umi | 2006-04-24 23:35 | 小さな旅 | Comments(2)
もうけものの空
4月に入り週末は寒い日が続き、花見を楽しむ気分でもなかったが、ありがたいことに今日は雨の週間予報もはずれ、わりと穏やかな陽気。名残の花見を楽しむグループもあちこちで見うけられた。こちらは休日にしか逢えないクライアントとの打合せの後、軽くかつての地元を散策。

昨日もライブのスタッフをしていた知り合いに「へぇ~ara_umiさんは写真が趣味なの!?」などと云われるし、今日も(GRDは小さなカメラなのに)ちょっとした知り合いとすれ違い、「カメラが趣味なのですね」など云われてしまう。せまい街である、撮るポーズくらいは気をつけないと…(笑)

e0082981_22164431.jpg
               〔with GW-1  この画像のみ、ちょっとレタッチ〕
e0082981_22252925.jpg
                        〔with GW-1〕
e0082981_2229161.jpg

もうけものの空だけあって(?)、西(一番上の写真)と東(残り2枚)の空では表情がまるで違う。

定期購読している小学館の「名作写真館」は11巻 木村伊兵衛、12巻 荒木経惟が配本される。街を撮るときどうしても避けられない人物の処理について考えようとして…やめた(笑)
[PR]
by ara_umi | 2006-04-23 22:44 | 小さな旅 | Comments(2)
星影のステラ
昨夜遅く、Kからケータイメールがはいる。Kはかつてara_umiが熱心に(?)通った、ある店の女の子(ara_umi好みの美女)。かつてara_umiが足繁く通った店の名は“Stella”
Kは他の店に移り今はその店にはいない、そしてara_umiはStellaから足が遠のき、またKの新しい店にもほとんど通わなくなった。

土曜の午後、街を歩いていると聞き覚えのあるメロディが…「酒とバラの日々」だ、ショッピングモールのイベントでジャズライブをやっている。顔見知りの社長が音響スタッフをやっていたので笑談しながら聴き入る。曲が変わり「星影のステラ」に…

e0082981_18432773.jpg

e0082981_18434983.jpg
                「昨夜のメールのオチはここにあったか…」

K(ばかりではないが(笑))のメールは実に絶妙なタイミングでやってくる。ara_umiがよそ見(?)をしていることがわかるのか「もう、おれのことは忘れた頃かな…(そう言うお前はもう忘れたのか?)」と思う頃に、(本当に)他愛の無い内容の文面が届く(ありがたいことです(笑))

そして結局“縁”は続くのであるが…(笑)…吉田拓郎の「春だったね」は、誰が誰を忘れて、誰を思い出せなかったのか…「思い出せない(笑)」
[PR]
by ara_umi | 2006-04-22 21:42 | 小さな旅 | Comments(2)
控えめな愛
ちょっとしたことから忘れていたことを思い出し、あらためて良さを認識する。

以前のエントリで「雨の物語」の歌詞を(苦し紛れに)引用したことから、それに関してコメントをいただき、それがまた自分の中で培養されてなぜか上村一夫に辿り着いた。

e0082981_21414150.jpg


後日のエントリにも書いたが結局“ポチッ”をしてしまい、「上村一夫 美人画集」は手元にある…まったく自分で仕掛けた注文相撲にはまって…(笑)

「控えめな愛」は、赤い椿の花言葉。

本日はこの企画の千秋楽なので「トラックバック企画第8弾!「マクロ」に参加!」
そういえば、このTB企画への参加はこの画集を手に入れるきっかけとなるエントリからだった…
[PR]
by ara_umi | 2006-04-21 21:53 | 小さな旅 | Comments(2)
ボディ・ペインティング
このブログに「寒い」話題を書くと翌日は暖かくなる…というジンクスは無いはずだが、今日も少しは暖かだった。しかし黄砂のせいか(きっとそうだ)晴れていたのに花曇を超えて憂鬱な空。
こんな日は夜桜に限る(?)というわけで

e0082981_223349100.jpg
                   GR D マニュアル 無修正

     今日も「長期トラックバック企画!「桜」」にエントリー。[2006.4.18 新潟市]

     今日は撮影に手間がかかってしまったので(汗)コメントは省略(笑)


2006.9.11追記、上の写真は無修正のため花の浮き上がり方に不満あり(笑)フォトショップでレタッチしたデータをオンラインアルバム「こんな感じですⅢ」にUP.
[PR]
by ara_umi | 2006-04-18 22:42 | 小さな旅 | Comments(10)